『かもめ食堂』

刺激を求めて映画を見たい方にはお薦めしませんが、ちょっとした時間をほっこりとした気分で過ごしたい方にはお薦めできる1時間42分の作品。

舞台はフィンランドの首都ヘルシンキ。そこでサチエ(小林聡美)は「かもめ食堂」という“おにぎり”や“焼きサケ”など、日本食をメインにした食堂を始める。客はまったく来ない。それでも、コップを磨き、店内のテーブルを拭きながら、来店者を待つ。
ひょんなことから、ミドリ(片桐はいり)と知り合い、ミドリはサチエの家に転がり込み店を手伝うことになる。さらに、20年にわたる両親の介護から解放され、外国旅行をしようとフィンランドを選んでやってきたマサコ(もたいまさこ)も、この店を手伝うことになる。

個性的で味のある女優陣がいい。
かもめ食堂に初めて入店したトンミ・ヒルトネンというという日本かぶれの青年に「お客様第1号だからコーヒー代は永遠にただ」にしてしまうサチエの気前の良さも気持ちがいい。でも、このお店、本当にやっていけるのだろうかと心配になってしまうが。

おいしいコーヒーや新たにメニューに加えたシナモンロールが好評で、はじめは好奇の目で店をのぞいていたフィンランド人のオバサンたちも来店してくれるようになり、客は徐々に増え、ついに満席になる日を迎える。

人間が生きていくうえで「食べること」とは大切なことなのだとあらためて感じさせられた。
サチエは来てくれたお客様を歓待し、ただひたすら、おいしいものを食べてもらおうとする。
きっと儲けなんて度外視で、つぶれない程度にお店が営業できればよいのだろう。

結局、なぜサチエがフィンランドに住むことになったのか、その辺の事情はまったく明かされない。ミドリがフィンランドを選んだ理由は、目をつぶって地図上のどこかを指さしたらそこがフィンランドだったからということではあるが、そこにいたるまでのミドリの過去については何も触れられていない。マサコについては、両親の介護に20年しばられてやっと足かせが外れたから、という事情があり、リセットのための外国旅行なのだろうと推測できるが、フィンランドを選んだ理由が、「エアギター選手権を行うようなおおらかな国民性に魅かれて」というのも根拠薄弱なような気はする。

特にサチエの過去に全く触れていないところが、見終わった直後、何か物足りない気がしてしまった。(最後にきっと明かされるのだろうな、と、勝手に思ってみてしまっていたので。)

が、しばらく時間をおいてあと、気持ちが変わっていた。
お風呂に入りながら、ゆっくりとこの作品について考えてみたら、「それでいいのだ!」という思いがわいてきたのだ。
過去なんて、どうだっていいのだ!
人は、誰だって、悲しい思い、辛い思いを抱えて、それを乗り越えながら生きているのだ。
それを吐き出したければ吐き出せばいいけれど、いちいち会う人会う人にそんなこと説明していられない。
お店に来てくれたお客さんを「いらっしゃい!」と明るく招き入れ、おいしいものを食べてもらって、幸せな気持ちになってもらう。それがサチエにとっての喜びであり、幸せなのだ。

なぜフィンランドに住んでいるのか。なぜ日本を離れたのか。
フィンランドの人はそんなことをサチエに問うたりしないだろう。
日本にいたら、根ほり葉ほり、どこの出身で、いままで何の仕事をしていたのか、家族は?子供は?と、聞かれてしまうだろう。
そんな煩わしさがないのも、それがまた外国暮らしのいいところかもしれない。

誰かのために、おいしいもの心をこめて作ること、そしてそれができること。
それって、人が生きていくうえでとても大切なことで、大きな喜びとなるのだな、ということをあらためて感じた。

『海街diary』

前回、『ブーリン家の姉妹』について書いたら、それを読んだ長女から、
「長女が性格がいい物語ってあるかな。」というつぶやきメールが届いた。

たしかに、物語ではあんまりないかも。
『リヤ王』もひどい姉たちと心優しい末娘という設定だったし・・。
だとしても、長女は性格が悪い、ということにはならないわけで・・。

で、何となく姉妹についてあれこれ考えてしまった。
生まれもっての性格というのもあるかもしれないけれど、生まれた順番が性格に影響するということはあるだろう。長女はどうしても初めての子だから、親も慎重になるし、下の子のときは慣れもあるし、忙しくってかまっていられないから、上の子の時と比べて大胆な(いい加減な)子育てになるやすい。上の子は下の子の面倒を見させられる。
などなどの事情から、長女はしっかり者になり、末っ子は甘えん坊になりやすい、という傾向はあると思う。

若草物語、細雪(読んでないけど)、姉妹の話はいろいろある。
浅井長政・お市の方の娘である茶々、初、江の三姉妹、または「宋家の三姉妹」など、歴史の中での有名な姉妹もいる。
そんな中で、今回書きたいと思ったのは、『海街diary』。
ストーリーの重い歴史ものに少々疲れてしまって、見ていて心がほっこり来るような、やさしい気持ちになれるような作品にふれたいと思ったのだ。

姉妹の話です。
いい人たちばかりが登場する作品です。

長女の幸(さち、綾瀬はるか)、次女の佳乃(よっちゃん、長沢まさみ)、三女の知佳(ちか、夏帆)の三人姉妹が住む鎌倉の家に、異母妹のすず(広瀬すず)が一緒に暮らすようになる。
三姉妹にとっては、すずは自分たちの家庭から父親を奪い取った女性の娘ということになる。
すずの母親が死んだあと、父親は洋子さんという女性と一緒になったが、その父親も亡くなってしまい、その葬儀の時に、洋子さんとそれほど折り合いのよくないすずに、長女の幸が「一緒に暮らそう」ともちかけ、鎌倉での4姉妹の生活が始まったのだ。

すずは明るくしっかりした子で、異母姉たちとの生活になじんでいくが、時折、自分の存在そのものに苦しくなる。自分の母親がこの姉たちの家庭を壊したわけだから。
そんなすずに対して、三人の姉たちはそんなことは関係ないとばかりに、ごく普通に、自然な態度で生活を続ける。
すずが辛くなったとき、「ここにいていいんだよ。」とすずを抱きしめた幸のやさしさがいい。


海と山に囲まれ、古い木造住宅の並ぶ鎌倉の街並み。
周りのみんながやさしい人たちばかり。くちげんかはしょっちゅうだけれど、仲の良い4人の姉妹。
見終わって心がほっこりとした作品でした。

『私の中でのディカプリオ作品ベスト10』

Tさんは20代前半の映画が大好きな女性。
彼女が目をキラキラと輝かせて、「ディカプリオが好きなんです~。」と語り始めると、こちらもワクワクしてきて、ディカプリオ作品が見たくなってくる。
彼女に影響されて、この数週間、ディカプリオ作品をいくつか見た。
詐欺師、口八丁の株式仲買人、ペテン師、大金持ち、貧しい画家志望の青年、FBI長官、開拓期の野性味あふれる毛皮ハンター etc. なんでもできる役者だ。
さらに、潜入捜査を命じられた悲劇の警察官、心を病んだ妻に寄り添おうと苦しむ夫・・・。
あらためてじっくり見て、ディカプリオの役者としてのうまさがだんだんわかってきた。

そこで。私なりのディカプリオ作品のランキングを勝手に作ってみた。

1.ブラッド=ダイヤモンド
ダイヤモンドの産地シエラレオネを舞台としたストーリー。内戦下での人々の悲惨な生活、少年兵のこと、紛争地域のダイヤが武器購入の財源となっていること、こうした問題をきちんと描いている社会派作品だ。ストーリーの展開も、凶暴なURF(反政府組織)の襲撃をくぐり抜けながら隠したダイヤを取りに行くというスリリングなもの。
この作品については、以前、書いたことがあるので、こちらもお読みになっていただけると嬉しいです。
http://haginori55.jp/blog-entry-44.html

2.キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
2002年の作品。監督:スティーヴン・スピルバーグ。
ディカプリオ作品の中では数少ない「見終わった後さわやかな気分になれる」作品。
実在の人物である天才詐欺師フランク・アバグネイル・Jr.の原作をもとにつくられた。
それにしても、アバグネイルがよりによってパイロットや医者という高度な知識・技術を必要とする専門識の人に成りすますのがすごい。(もちろん、飛行機を操縦するわけでも、医療行為をするわけでもありません。) 人はパイロットの制服や医師の着る白衣に案外弱く、服装だけで信用してしまうのかもしれないと思った。が、それだけでは詐欺は不可能。それが可能だったのは、彼の知識の豊富さ、頭の良さがあってこそ。しかし、やっぱり思う。これだけの頭脳を持っているのだったら、人をだますことではなく、世の中の役に立つことに使わなくてはね。
一方、アバグネイルを追いかけるFBI捜査官にはトム・ハンクス。アバグネイルに騙されてしまう彼は、間が抜けていると言いたくなるほどだが、最後まで徹底していい人。ここでもトム・ハンクスの人間的な味がにじみ出ている。
このストーリー、大好きです。

3.ウルフ・オブ・ウォール・ストリート
口八丁の株式仲買人。優良株でないことを知りながら、さも値上がりして儲かりそうなことを言って、富裕層に株を買わせて大儲け。儲けたお金でやりたいことをし放題。痛快であり、A級娯楽作品と言えるかな。以前、ブログに書いた作品です。
http://haginori55.jp/blog-entry-38.html

4.ディパーテッド
この作品はトニー・レオン主演の香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク版。日本でのリメイク版は西島秀俊と香川照之の『ダブルフェイス』。で、どうしてもこの3つ作品を比較してしまう。(実は私はオリジナル版の『インファナル・アフェア』が一番好きなのだが。)この作品もディカプリオとマット・デイモンの競演でなかなか素敵。
マット・デイモン好きの私が、この作品ではディカプリオに肩入れしてみてしまった。(なんと単純!)

5.タイタニック
1997年の作品・監督:ジェームズ・キャメロン
恋愛ドラマの傑作であり、ディカプリオの代表作と言えば、この作品が№1になるのだろう。この作品は、公開中の20年前、ワクワクしながら劇場の大画面で見た。
恋愛とは「狂気の沙汰」なのだと思う。ローズの婚約者キャルが、嫉妬に駆られて、ジャックを銃で追い掛け回すけれど、沈もうとしている船の中で追いかけっこをしても意味がないでしょう、と思ってしまう。さらに、ローズがいったん救命用のボートに乗れたのに、ジャックを探しにまた船にもどってしまったのも、なんてもったいないことをと思ってしまう。タイタニックが沈没するとき、救命用のボートが足りず、船に取り残された人は多かったのだ。
そして、いつの世も格差社会。出航直前にようやく船のチケットを手に入れることができた貧しい青年ジャックは、もちろん3等客室の乗客。ローズは上流階級の人たちが乗る1等客室の乗客。等級で乗船中の滞在エリアは区切られており、1等客室のエリアはパーティー会場など実に豪華。避難の際も1等船室の乗客が優先されたとか。
(二人の階層が違うことが、恋愛ドラマをより盛り上げる要素なのだろうけれど、貧富の差という社会問題として見てしまおうとするところが、私の恋愛ドラマを観賞する能力の低さです。)
沈没する船の中で、最後まで演奏を続けた楽団の人たちは感動的だった。
そして、ジャックが海底に沈んでいくシーンはやっぱり悲しい。

6.リボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
2008年のイギリス・アメリカ映画。『タイタニック』から10年、ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演。しかし、『タイタニック』のようなロマンチックな恋愛ドラマを期待してみてはいけない。この作品はひたすら夫婦の問題を描いたもの。決して後味のいい作品とは言えない。見終わった後、いろいろ考えさせられてしまう。
人もうらやむような郊外の庭付きの一軒家に住んでいても、心が満たされていなければ、幸福感は得られない。隣の夫婦との一見、親しくお付き合いしているような関係も実に微妙。エイプリルはそこでの生活に閉塞感を感じていた。夫のフランクにそれほど落ち度があったとも思わないけれど、エイプリルがすでに心を病んでいたことに気づかなければいけなかったのだと思う。いい家に住んで、子供にも恵まれていたら、夫にすればそれで何が不満なんだといいたくなるだろう。でも、だからこそ、気づいて欲しかったと思う。

7.レヴェナント/蘇えりし者
やっとディカプリオがアカデミー主演男優賞をとれた作品。クマに襲われたり、崖から転落したり、寒さの中での過酷なシーンばかりなので、よく頑張った!と称賛したい気持ちにはなる。ただ、見終わった後、これって結局、復讐劇かと思うと、少々むなしく感じてしまう。

8.華麗なるギャッツビー
これもディカプリオの代表作と言える。1920年代、「永遠の繁栄」と言われたアメリカ様子がよくわかる。金持ちの豪華なパーティー、自動車がみんなの乗り物になっていくところなど、時代背景がよく描かれている。ただ、私はどうしてもデイジーという女が好きになれない。こんな女のために・・・。ギャッツビーも馬鹿だな・・。

9.シャッター・アイランド
精神障害犯罪者だけを収容する孤島。そこに捜査に乗り込んだ連邦保安官。何やらミステリアス。この島で何が行われているのか?ワクワク、ドキドキしながら異様な雰囲気の島のようすに引き込まれていき、ストーリーの展開も意外性があって面白い。
それにしても。もしこれが現実だとしたら本当に怖い。精神障害犯罪者に対するマインドコントロールやロボトニー手術がどこかで行われているのとしたら・・・。

10.J.エドガー
2011年。監督:クリント・イーストウッド
1924年~1972年までの間、捜査局長官・FBI長官を務めたJ.エドガー・フーヴァーを描いた作品。FBIという組織がどのような過程で権限の強い組織に発展してきたのがわかる。
http://haginori55.jp/blog-entry-77.html

以上、10作品をあげてみました。

このほか、『インセプション』もいいと思います。SFスリラー作品で、人の夢に侵入してアイデアを奪うのではなく、人の夢に侵入してアイデアを植えつける(インセプション)というもの。夢の第1階層、第2階層、第3階層など、設定がややこしくて、私は細部まで理解できたとは言えませんが、はまってしまって、何度も見る方もいるようです。
『アビエーター』も飛行機を操縦しているところがかっこいいし、ふわーっと見ていれば楽しいと思います。

繰り返しになりますが、レオナルド・ディカプリオ、すごい俳優だと思いました。


プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR