『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

古い映画の掘り起こしをしている。
いわゆる名作の紹介。

公開の時にまだ幼かったり、生まれていなかった若い世代に、わざわざTSUTAYAにDVDを借りにいってでも見て欲しい、私なりの「おすすめ映画」のリストを作りたいと思っている。
その時に、確実におすすめ度の上位に入ってくるのが、この作品だ。


『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』
1997年のアメリカ映画。出演は、当時まだ無名だったマット=デイモンと名優ロビン・ウィリアムズ。
脚本は、ハーバード大時代にマット・デイモンが書いた作品を、2年の歳月をかけて、幼馴染で親友のベン・アフレックとともに練りに練って作り上げたもの。

この映画を好きな人は多い。
20年近く前の作品なので、たくさんの人がブログに書いていて、2015年の今、出遅れている私が何か書こうとしても、すでに書かれているどなたかの文章に似通ってしまうかもしれず、なんだか書きにくい。
(2014年には、小保方晴子のコピペ問題があったし、2015年の夏は、東京オリンピックの公式エンブレムをめぐって、佐野研二郎の盗作疑惑が話題になっている今日この頃なのです。)

それでも、めげずに、自分なりの言葉で、この作品を紹介したいと思う。


冒頭。マサチューセッツ工科大学で掃除夫をしている青年ウィル=ハンティングが、学生たちでも解けない数学の難問を解いてしまうところから始まる。
数学に天才的な才能を持つウィル。
しかし彼は、教授や学生たちに対して、人を小ばかにしたような態度をとる。

さらに、道で幼稚園の頃に自分をいじめた相手に遭遇すると、かつての仕返しとばかりに、容赦なく相手を殴りつける。その激しさは、誰かが止めないと、相手を殴り殺してしまうのではないかというほどだった。

数学の天才的な才能や、歴史書を丸暗記しているのではないかと思えるほどの豊富な知識とは裏腹に、抑制のきかない突発的な行動をとってしまったウィル。
人の好意を受け入れないし、逆に人を傷つけるようなひどい言動をしてしまうウィル。

見ている方は不可解に感じる。
何故?

やがて、ウィルは、カウンセラーのショーン教授と出会う。

ここからの二人の心の交流が、この作品のメインテーマだ。

当初、ウィルは、ショーン教授に対して、彼の亡くなった妻を侮辱するような言動をする。
愛情を受けて育っていないウィルは、人の好意が怖かったのだ。
愛されても、いつかそれが失われた時のダメージが怖くて、自分からは愛さない。
傷つくくらいなら、最初から愛さない。
幼い時から、ウィルが培ってきた防衛本能なのだろう。
だから、スカイラーに対して、「愛してない。」という言葉を言ってしまう。


ある日、いつものようにカウンセリングを受けるためにショーン教授のもとに向かったウィルは、そこで、数学教授のランボーとショーンが口論をしている場面に出くわす。
ウィルの数学の才能を何とか生かしたいランボーと、そんなことよりウィルの幸せを第一に考えるべきだというショーン。

その口論を聞いてしまったウィルは、自分のことをここまで考えてくれている人がいる、ということが分かってくる。
あれほど理屈や知識でショーンをからかい、攻撃したウィルが、素直になっていく。

そして、孤児であったウィルが、養父からひどい虐待を受けて育っていたということが分かる。
そして....。
“It’s not your fault!”  (君のせいではない。 君は悪くない。)

ショーン教授から言われたこの言葉で、ウィルの心が完全に溶ける。
その瞬間のマット=デイモンの演技がたまらない。




この作品は、あらゆる場面で、珠玉のセリフがちりばめられている。
当時、20代の若者であったマット=デイモンが、どうしてこのような深い脚本が書けたのかと感嘆する。

繰り返しの観賞に耐える内容で、見るごとに細部の表現の巧みさに気づかされたりする。
おそらく、私自身の今後の人生の中で、何度か繰り返し見ることになるだろう作品だ。


追記:ウィルとチャッキーの友情について。ハーバード大の女学生スカイラーとの恋愛について。実際のマット=デイモンとベン=アフレックのこと。2014年8月に自死してしまった名優ロビン=ウィリアムズのこと。

書いておきたいことはいっぱいあるのですが、まとまらなくなるので、やめました。
この作品に関することを調べれば調べるほど、いろいろなことが膨らんできます。

さらに、この作品についてのブログを読んでみると、考えさせられることが多いです。
自殺を考えるほどつらかった時に、It’s not your fault .という言葉を思い出して救われたというコメントもありました。

児童虐待がその子の発達過程に与える影響についての観点からこの作品を取り上げている一貫田逸子さんのブログ
ikkanda-itsuko.com も、とても興味深いものでした。

カウンセラーと患者の間に生まれる「信頼」についても、考えておきたい、と思いました。

以上。
締まりのない終わり方ですが、ひとまずこれで終了にします。

『それでも夜は明ける』

『それでも夜は明ける』
2013年のイギリス・アメリカ映画。アカデミー作品賞を受賞。

今回は、結末も含めた感想を述べたいので、「ネタバレあり」で書きます。

舞台は南北戦争以前のアメリカ。
この頃のアメリカは、北部は自由州と呼ばれる奴隷制を認めない州で構成され、南部は奴隷州とよばれる奴隷制を認める州で構成されていた。
北部には自由黒人という身分を保証された黒人がいて、南部では、黒人奴隷を労働力とする綿花栽培のプランテーションのもとに、過酷な環境の下に生活している黒人がいた。

主人公ソロモン=ノーサップは、北部ニューヨーク州で、自由黒人として、教育も受け、ヴァイオリニストとして家族と幸せに暮らしていた。
しかし、だまされて、南部に奴隷として売られてしまう。

物語はここから始まる。
この映画の原題は、“Twelve Years a slave”(12年間 奴隷として)で、実話である。

この映画を見終わった人から、「後味が悪かった。」という感想があった。
その気持ちはわかる。
実は、私も、映画を見始める前に、勝手に想像してしまったのだ。
それは、「それでも夜は明ける。」という邦題と、ソロモンが何かに向かって走っていく姿を大きく写したポスターのせいだ。

ポスターの写真は、ソロモンが自由を求めて農場を飛び出していく姿のように見えた。
しかし、そうではなかった。
奴隷制の下での南部の農場から逃げ出すことは不可能なことなのだ。
それがこの映画でよくわかった。

「それでも夜は明ける」という邦題についても、勘違いをしていた。
どんなにつらい状況下でも、やがて光が見えてくるよ、という意味かと思ってしまったのだ。
そうではなかった。
絶望的な日々が延々と続く。希望の糸口さえ見えない。
しかし、それでも、夜明けはやって来て、絶望的な一日がまた始まる。
そういう意味の、「それでも夜は明ける」ということのようだ。

ソロモンは限りなく努力した。農場主から認められるために、必死に働いたし、能力も発揮した。
しかし、横暴な農場監督から憎まれただけだった。
自分が自由黒人の身分であったということを認めてもらうための手紙も書いた。
しかし、途中で発覚。届かない。
町に用事を言いつかる。逃げたい。しかし、無理なのだ。
南部では、肌の黒いものが逃げようとしたって、すぐに見つかってしまう。北部は遠いのだ。

「ショーシャンク・・。」のような脱獄ものが大好きな私としては、ソロモンが自力で逃げて、自由を勝ち取る話なのかと思ってしまっていた。
よく考えてみれば、この時代、この状況下では不可能なことだった。

結局、物語の終盤でちょいと現れたブラッド=ピット演じるカナダの大工が、ソロモンの言い分を伝えたてくれたことで、農場に北部の保安官がやって来てソロモンは救われる。

最終的にもともと自由黒人だったソロモンは元の身分に戻れたけれど、抜け駆けのように一人救出されただけで、農場に残されたその他の奴隷たちの悲惨な生活は依然、続いていく。

ソロモンにとっての絶望的な日々は、12年間で終わった。
しかし、パッツィを始めとする、他の仲間は、救済されない。

見終わった後、ソロモンが家族のもとに帰れてよかった、なんてほとんど思わない。

この後も延々と続いていく、黒人奴隷たちの苦しみ、奴隷解放後も続く人種差別、・・・そのことに思いを馳せてしまうような作り方の映画だった。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR