『ラ・ラ・ランド』

つい最近、2人の人から『ラ・ラ・ランド』がよかった、と薦められました。
一人は私の生徒で、もう一人は私の高校時代以来の友人。
年代から何からまるで異なる2つの方向からほぼ同時に薦められたので、「これは見なくては。」という気持ちになりました。

というわけで、近所のイオン・シネマに行ってきました。

よかった!!です。

若い世代がこの作品をみたら、自分への応援歌のように感じるかもしれません。
私のような世代からすると、若かった頃、夢に向かって突き進んだり、思い通りにいかずあがいたりしながら、必死に生きていた時代を懐かしく思い出したりします。

*****   *****   *****

ミア(エマ・ストーン)は女優の卵で、何度もオーディションに落ちていています。その度に傷つくし、自信を無くします。この先も、落ち続けるだけで、どこかで女優をめざすことを断念することになるかもしれないし、でも、もしかしたら、いつか抜擢されて大女優の道を歩むことになるかもしれないし。
セブ(ライアン・ゴズリング)も、場末のクラブで人気のないジャズ・ピアニストとして、生活のために自分の好みでない曲を弾かされています。このまま、自分が求める音楽とは違う方向に進んでしまうかもしれないし、でも、もしかしたら、自分のピアノが受け入れられてヒットして、自分の店が持てるようになるかもしれないし。

この二人の恋だって、この先、結ばれることになるかもしれないし、別れが待っているかもしれないし。

先のことなんて誰も分からない。
やってみなければわからないし、やらなかったらそれで終わり。

そして、この映画の結末はどうなるのかな、とワクワクしながらみてしまいました。

******    ******     ******
口コミは信頼できます。素敵な作品でした。
特にダンスシーンが素晴らしい。
冒頭の渋滞した高速道路でのダンスシーンなど、何台もの車と人を動員してすごいなと思いました。
ミアとセブが二人で踊る公園のシーンも素敵。(ダンスがうまいっていいな。)
ミュージカル作品として、とにかく見ていて楽しかったです。

そして、なにより、ラストのライアン・ゴズリングの表情が最高!!!でした。

『ラ・ラ・ランド』
2016年のアメリカ映画
キャスト セブ : ライアン・ゴズリング
      ミア : エマ・ストーン
 

『ラスト・コーション』

日中戦争中、日本の占領下にあった香港と上海を舞台とした、女工作員と暗殺対象の政府高官をめぐるストーリー。
イー(易)は抗日組織の弾圧を任務とする汪兆銘(号は汪精衛、中国ではこちらの呼び方の方がとおりがいいらしい。)政権下の特務工作員。汪兆銘政権は日本の傀儡であるから、そのもとにいるイーは漢奸、売国奴にあたる人物。抗日組織から暗殺対象としてねらわれている。だから、非常に用心深い。そんなイーのもとに女工作員チアチーがマイ夫人としてイーに近づき誘惑し、暗殺のチャンスをつくる任務を受ける。
いちおう世界史ブログなので、時代背景を説明してしまったが、そんなことを言うのが野暮だと言われてしまうくらい、この作品はチアチーを演じたタン・ウェイ(湯唯)の美しさと、イーを演じたトニー・レオンの魅力に圧倒されてしまう作品だ。
工作員とかスパイという任務は過酷だ。自分を偽り、相手を欺く。組織のため、国家のためとはいえ、人をだまし陥れなければならない。
任務を遂行するため、チアチーは女としての魅力を最大限に発してイーに近づき、肉体関係を結んでいく。警戒心の強いイーもチアチーにのめりこんでいくのだが、同時に若いチアチーがイーに心を寄せてしまったとしても不思議はない。

チアチーを演じたタン・ウェイは、オーディションでこの役を勝ち取った新人なのだが、この難しい役柄を見事に演じきった。そして、ほんとうにきれいで素敵だった。
なので、タン・ウェイのことをwikiで調べてみたら、その後、この人は中国では冷遇されたらしい。大胆なベッドシーンが災いしたとか、漢奸に心を寄せてしまった役どころがネット上で批判されたとか。さらに、2011年の中国映画で毛沢東の初恋の相手として出演したが、タン・ウェイの出演シーンはすべてカットされたとか。
いまだに中国はそういう国なんだな。なんかもったいない。

タン・ウェイは2008年に香港の市民権を得て、今は香港映画に出演しているようだが。
この作品におけるトニー・レオンは渋くていい味を出していると思う。

タイトルの『ラスト、コーション』のラストは、lastではなくて、lust=肉欲。
つまり、『ラスト、コーション』とは、中国語の原題どおり、『色、戒』。


『ラスト・コーション』
  製作国:アメリカ・中国・台湾・香港
  2007年公開。
  監督:アン・リー (『ブロークバック・マウンテン』、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』の監督)

『マネー・ショート』

「暇なんだね」と言われそうですが、DVDを借りてきてから、続けて3回見ました。金融用語になじみがなく、よく理解できなかったからなのですが、くだらない作品だったら、続けて3度も見ません。どうしても理解したかったのです。そういう作品です。

これはリーマンショックを題材にした作品です。私の場合、1回目、何の予備知識もなしにいきなり見てしまい、わからないことだらけでした。
そもそも「空売り」という用語すらよくわかっていないというレベルだったので、1回目を見終わった後、この作品についての解説や、リーマンショック、サブプライムローンなどの用語をwikiで調べ、2回目は日本語吹き替え版で見てみました。ようやくストーリーがつかめてきました。
3回目は、ブログを書くために、一時停止ボタンを押しまくりで、静止画面で字幕をメモしながら...。
悪戦苦闘した結果、まあまあ、大筋のところはわかったかなと思っています。

********************************************

2008年9月、大手証券会社リーマン・ブラザーズが破綻し、世界的な経済危機リーマンショックがおこった。主な原因はサブプライムローンという低所得者向けの高金利住宅ローン関連の証券が大暴落したこと。
サブプライムローンは返済能力の低い人でも無審査で借りられた。当時、住宅価格がどんどん上昇している時期だったので、返済できなくなったら住宅を売却してしまえばどうにかなるはずだったからである。さらにローン会社は債券を銀行に売り、銀行は債券を証券化してMBS(モーゲージ債)という金融商品を投資家に売るようになる。また、CDO(債務担保証券)という、サブプライム債券やMBSを混ぜ合わせて切り刻んだ金融商品も売り出すようになる。
ローン会社も銀行も証券会社もサブプライム関連金融商品を売ってもうければよいとしか考えていないし、格付け会社にいたっては、金融商品が売れるように、危ない金融商品であるにも関わらずAAAという最高評価をつけていたわけで、これはもう投資家を騙していたとしか言いようのない事態であった。

『マネー・ショート』は、リーマンショックがおこる2年ほど前から、上記のような状況の中で、いち早く「これはおかしい。」と気づいた人物たちの物語である。

この作品の主人公の一人マイケル・バーリは、無審査ローンのサブプライムローンを信用できないものと考え、MBSもCDOも必ず大暴落すると予測して、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)という新たな金融商品を発明する。これは、保険と同じで、毎月保険料を支払っていくが、MBSやCDOが下落した時に巨額の保険金が受け取れるというもの。マイケルがCDSを発明して銀行にこの話を持っていったとき、銀行側はMBSやCDOが破綻するなどと全く考えていないから、何もしなくても毎月、巨額の保険料が手に入ると考えて、マイケルの提案を受け入れる。この時点では、月々、巨額の保険料の支払いを負担しなければならないマイケルの方が頭がおかしいのではないかとみられていたが...。

途中、「ウォール街は業界用語で人を煙に巻く。」というセリフが出てくる。
MBSやらCDOという金融商品を示されても、一般人にはよくわからない。その中に、債務不履行が発生するであろうサブプライムローンの債券がいっぱい含まれてしたとしても。
これらの金融商品は、リスクを回避するためにつくられたというよりは、リスクを覆い隠して分かりずらくしたものだったのだと思う。


この作品では、マイケルのほかに、マーク・バウム、ジャレド・ベネット、若い2人の投資家に協力するベン・リカードなどの登場人物がいる。出てくる人物が多すぎて、どういう行動に出たのかを理解するのが難しかったが、結局、彼らは、市場崩壊の予兆をつかみ、素早く対応したこと(つまりCDSを買ったこと)で儲けることができる。
(マイケルにいたっては+489%、利益総額26億9000万ドル。)

リーマンショックにより多くの人が職業や家や財産を失ったことを考えると、そんな中で儲けた奴がいると考えると複雑な気持ちにはなるのだけれど、世の中を冷静に見つめる目を持った者が勝ちということか。

マイケルは次なる投資先として「水」に注目しているようだが.....。

『マネー・ショート』
原作はマイケル・ルイスの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』
2015年のアメリカ映画 
キャスト   マイケル・バーリ : クリスチャン・ベール
        マーク・バウム  : スティーヴ・カレル
        ジャレド・ベネット : ライアン・ゴズリング
        ベン・リカード   : ブラッド・ピット 


『グッバイ、レーニン』

タイトルは以前から知っていたが、こういう映画だとは知らなかった。
TSUTAYAでDVDを借りてきた後、一気に見てしまった。面白かったです。

主人公のアレックスは東ドイツの首都ベルリンに住む若者。
彼の母親クリスティアーネは、夫が西ドイツに亡命して以来、その反動で、東ドイツで熱烈な社会主義信奉者になっていた。そんなクリスティアーネは、1989年10月、アレックスが反体制デモに参加しているのに出くわし、ショックで心臓発作をおこし。昏睡状態になってしまう。8か月後に彼女が目覚めた時、すでにベルリンの壁は解放され、東ドイツが西ドイツに編入される形での東西ドイツ統一は目前だった。
ショックを与えたら再び心臓発作をおこし命の保証はないと医師から言われたアレックスは、ドイツの激変をひた隠す。
母親に「社会主義は崩壊してしまった」、などということは伝えられない。でも、空には、コカ・コーラのロゴの入った真っ赤な飛行船が飛ぶ。撤去のため、レーニンの銅像がヘリコプターに吊り下げられて移動するのが見える。そのたびに、あわてて走り回るアレックスの姿がなんともおかしくて笑える。さらにアレックスはつじつまを合わせるため、友人と偽のニュース番組を製作し、社会主義が勝利して、西ドイツからの難民が東ドイツに流入していることにする。母親にショックを与えないための、涙ぐましい奮闘だ。

コメディタッチで、明るく楽しく見ることのできる作品。
アレックスが母親を思う気持ちにも好感が持てる。

それにしても、ベルリンの壁開放から東西ドイツ統一の頃のドイツ人は、社会の激変に対応するのが大変だったろうと思う。東ドイツの体制に不満を持っていた人はまだいい。東ドイツ側に住んでいて、東ドイツの国家体制が最高の国家形態だと信じていた優等生的市民にとっては、今まで信じていたものが崩れ去ったわけで、価値観を転換していかなければならない。それって、かなりきついことだったろうと思う。

『グッバイ、レーニン』
2002年製作のドイツ映画。

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』

冒頭、エルザーが爆弾を仕掛けるところから始まる。結果はすでに分かっている。
この作品は歴史的な事実にもとづく作品であり、ヒトラーの暗殺計画は少なくとも42回企てられたが、すべて失敗に終わっているのだ。

『ワルキューレ』のように、暗殺計画を進めていく展開にハラハラドキドキする作品ではない。
では、この作品の見どころはなんだろう?
これは、世の中が、ヒトラー支持に熱狂的に動いていき、だれもが「ハイル ヒトラー」と叫ぶようななかで、それに流されず、疑問を持ち、抵抗した人たちの物語なのだと思う。

大衆の心理は恐ろしい。
途中、ナチの兵士が、「村の運動会」という映像を村人たちに見せるシーンがある。
当時の人たちからすれば、写真が動くというだけで大喝采だ。
総統のお陰で技術は進歩した。われらのドイツは隅々まで豊かになっていくぞ。3年後には誰もが自分の“国民のラジオ”を持てる。すべての道が舗装され、照明もつく。これが進歩だ!ヒトラー総統だよ!」
この演説に聴衆はノリノリになり、「ジーク!」「ハイル!」と唱和して、手を掲げる。

そんな雰囲気の中、エルザーは疑問を感じ、このまま流されては危険な方向に進むと考える。
そして、暗殺という手段に出て失敗。エルザーは逮捕される。
逮捕後の、ひどい拷問。
エルザーの仕掛けた爆弾が精巧なので、こんなことが単独でできるはずはない、と考えるナチの上層部が、背後にいる黒幕をあばこうとするのだ。

エルザーの取り調べの過程で注目したいのが捜査を指揮した刑事警察局長のネーベと秘密警察(ゲシュタポ)局長のミューラー。ミューラーが徹底した拷問によりエルザーから自白を引き出そうとするのに対し、ネーベはそれをおさえてエルザーの話を聞こうとする。
そして、ネーベは、この暗殺未遂事件がエルザーの単独犯であることを確信する。しかし、それでは納得できない上層部は、「総統を怒らせないように早く自供を引き出せ」と、さらにきつい取り調べを要求してくる。ミューラーはそれに応じて、背後の組織をあばくために、(多分、そんなものはないと解っていながら)さらにひどい拷問による取り調べを継続する。

ネーベの方がまともな人なのだと思う。
しかし、そのまともさが通らず、ミューラーのようにヒトラーの言いなりになれる人物が幅を利かした世の中だった。
結局、ネーベは、1944年の7月20日事件、つまりワルキューレ作戦のシュタウフェンベルク少佐に加担したとして処刑される。

そして、エルザーもドイツの敗戦直前のところで銃殺刑。


この作品を見て思うことは、いったん独裁体制が構築されてしまうと、それを批判することがいかに困難なことになってしまうのかということだ。
人々がヒトラー支持に熱狂的に傾いていく中で、「ハイル ヒトラー」ではなく、エルザーのように、あえて「こんにちわ」という挨拶をすることすら、かなりの報復を覚悟しないとできない。

社会全体が大きな流れに向かって行ってしまった場合、そのエネルギーというのは恐ろしいものだと思った。
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR