『チョコレート・ドーナツ』

ゲイのカップルがダウン症の少年を育てようとするお話。
2012年のアメリカ映画。
舞台は1979年のカリフォルニア。

今でこそ、LGBTという言葉がようやく根付きはじめ、性的マイノリティ-に対する差別や偏見はやめましょう、と言われるようになってきたが、70年代頃は、ゲイのカップルは、まるで汚らわしいもの、というような視線を浴びせられていた。

チョコレート・ドーナツとはダウン症の少年マルコの大好きな食べ物。
「体に悪いよ。」と言われながらも、チョコレート・ドーナツを食べる時のマルコのうれしそうな顔は最高。とびきりの笑顔だ。
ダウン症のマルコは、人とスムーズにコミュニケーションをとることができない。
人から質問されても即答はできず、無表情のまましばらく間をおいて、ぽつりと答える。
そんなマルコのこのことをわかっていれば、時間はかかるけれど、マルコの気持ちを理解することはできる。
好きなものはなにかという質問にもちゃんと答えられる。
マルコは、自分を主人公にしたハッピーエンドで終わるお話が大好き。
ルディの創作するそういうお話を聞くのが大好きで、いつもルディに「お話して」とねだる。
お話を聞くときのマルコは本当に幸せそうで、素敵な笑顔になる。

ゲイのルディは、マルコとめぐりあったことで、この少年を笑顔にしたい、幸せな気持ちでいて欲しい、と心から願ったのだろう。
差別と偏見にさらされているルディにとって、守るべきものの存在は、心の支えになったのだろうと思う。


マルコは実の母親から育児放棄された少年で、母親が男とあっている時、よく部屋から閉め出されていた。そんなダメ母親が、危険薬物所持で逮捕されてしまい、残されたマルコは施設に引き取られるのだが、そこになじめないマルコは脱走を繰り返し、街をさまよっていた。ある日、街をさまようマルコに遭遇したルディが、彼を自分の家に連れ帰る。この時、ドーナツを食べるマルコの笑顔をみて、ルディはマルコを引き取りたいと思ったのだと思う。

検事局のポールと心を通わせ合い、つきあっていたルディは、自分たちがゲイのカップルであることを伏せ、法律に強いポールの力もあって、法的手続きによりマルコの監護者となって、三人で暮らし始める。
マルコの笑顔にあふれる時間が流れる。
マルコの笑顔はまわりの者を幸せにする力がある。


しかし・・・。
ルディがどんなにマルコを愛し、マルコがルディなついていていても、ゲイをどうしても認めることのできない「あの男」と二人が呼んでいるような人物もいる。ルディとポールのことをまるで汚らわしいものというような目つきでにらむ「あの男」。
もちろん、ルディがマルコに注いでいる愛情を理解し、ルディを養育者としてふさわしいと認めてくれる養護学校の教師など、周りの温かい人たちもいるのだが、世間の冷たい目は、厳しい。

ルディとポールとマルコの三人をめぐる状況は一気に悪化し、二人はマルコの養育者と認められず、不利な裁判を展開することになる。

***********
日本では、2016年12月に、大阪市でゲイカップルが養育里親に認定され、今年2月から10代の男の子1人預かることになり、育てているという。
育児放棄の親、虐待する親の元にいるよりは、形は世間一般とは違うマイノリティであっても、愛情のある人のもとで暮らす方がどんなに幸せかと思う。
日本でも、ようやくそうした価値観が根付いてきたのだと思う。(ただし、養子となると、法的にまだまだハードルは高いそうです。)

そして、もう一つ。ルディのように心と体の性が一致しないというのは、とてもとても、苦しいことだろうと思う。その場合、人にとって心が一番大切なものであるから、心の方に一致させるしかない。しかし、そうすると、心は女でも、体は男なのだから、ひげも生えるし、見かけはどうしても、男性なのに女装している人、としか見られない。
心と体の性が一致して生まれてくれば何もする必要のない苦労を、たまたまそれが一致しないで生まれてきてしまったLGBTの方たちは、人間として最も基本的というべき男なのか女なのかという己の性のことで苦労しなくてはならない。
そして、生物学的にそれは一定の割合で存在する。ネットで調べたところ、7.6%だそうだ。
だとしたら、性的マイノリティの人たちも生きやすい社会でなくてはならないと思う。

以前、電車の中でスーツケースがぶつかったか何かのトラブルで突然切れた男が、相手がLGBTと見てとるや、スーツケースを思い切り蹴飛ばして、「気持ちわりいな、このおとこ女!」と言い捨てて、電車から降りていった。
車内の雰囲気が一瞬凍った。
その時、そばにいた女性が、スーツケースを蹴飛ばされた方に、「大丈夫ですか?」と声をかけた。声をかけられた方は、静かにうなずいて微笑んだ。それだけで車内の空気が和んだ。
とっさの場面でそんな風に声をかけられたその女性は、マイノリティの立場に立ってものを考えられる人なのだろう。

『チョコレート・ドーナツ』はそんな出来事を思い出させてくれた)作品でした。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR