FC2ブログ

原田マハが面白い

原田マハが面白い。早稲田の二文で美術史学を専攻し、馬里邑美術館、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館などで勤務した経歴をもち、フリーのキュレーターとして活動していた彼女は何より絵画に関する造詣が深い。
絵画をテーマとする作品が彼女の真骨頂であるが、女性の生き方をテーマにしたものも好感が持てる。

まだ彼女の作品をすべて読みつくしたわけではないのだが、読んだ8作品が全ておもしろかったので、紹介したい。

1.「暗幕のゲルニカ」 新潮社
2003年3月、アメリカがイラク空爆に踏み切る際、国連安保理会議場のロビーのあるゲルニカのタペストリーに暗幕がかけられた。反戦の象徴である「ゲルニカ」のタペストリーの前で、戦争の開始を宣言するのがはばかられたのであろうが、これがこの作品の発端になる部分であり、原田マハがこの作品を書く動機となった出来事である。(私はこの事実をこの作品に出合うまで知りませんでした。話題にならないように、取り上げないようなマスコミ操作がされたのかしらと思ってしまいます。)
主人公のニューヨーク近代美術館のキュレーター瑤子は、これに抗議し、反戦を訴えるために「ゲルニカ」をスペインから借りうけ、ニューヨークで美術展を開催しようと企画する。しかし、「ゲルニカ」は世界で最も借りるのが難しく、移送も困難という絵画である。はたして、瑤子は「ゲルニカ」の展示をニューヨークで行うことができるのか?

2.「楽園のカンヴァス」 新潮社
これもアート・サスペンス。アンリ・ルソーの絵画の真贋をめぐって物語が展開する。画家の人生であまりハッピーな話は聞いたことがないが、アンリ・ルソーもまた貧困の中で絵を描き続けた。新品のカンヴァスは高価であるから、誰かが描いたカンヴァスを塗りつぶして、その上に新たな絵を描いた。しかし、塗りつぶしたカンバスの上に描かれたルソーの絵の下に描かれていたのがピカソの作品だったら?もしも、そのルソーの作品が偽物であったと判定されれば、容赦なく偽物を剥ぎ落して、その下に埋もれていたピカソの絵を浮かび上がらせるだろう。真贋の鑑定をめぐってスイスに招かれた早川織江とティム・ブラウン。鑑定をめぐるルール。織江とティムはどのような鑑定をするのだろうか?


3.「まぐだら屋のマリア」  幻冬舎文庫
この作品の主人公が死をも覚悟して尽果(つきはて)というバス停で降り立ったところから話は始まるのだが、高級料亭では働いていた主人公がそこまで追い込まれる発端となる出来事は、明らかに1991年に話題となった高級料亭の船場吉兆の使い回し(「手つかずのお料理の再提供」ともいうらしい。)事件だなと想像できる。そんな出来事もあったなと過去のニュースを思い出し、引き込まれて行くのだが、ストーリーの核は傷つきボロボロになった主人公がまぐだら屋のマリアのもとで、癒され再生していく課程である。
原田マハの作品の登場人物は必ず成長していく。希望の持てる結末は、どの作品もすがすがしく、安心して読めるのだ。さらに左手の薬指のないマリアもなにか重い過去を持っていることは最初から想像できるのだが、その事情をなかなか明らかにしていかないところが、作者のうまさなのだろう。

4.「インディペンデンス・デイ」  単行本(PHP)
24の短編で構成されている。登場人物がつながっているところが面白く、最初に登場した人物が、ぐるっと回って最終章で再び出てくるところが面白い。登場人物は決して恵まれているとは言えない人生の人たちばかり。家庭環境、職場、それぞれ悩みを抱えている。運の悪さを嘆きながらも、登場人物がやさしい人に出会うことや何らかのきっかけで「独立」していく。いいな。励まされる。

5.「さいはての彼女」  角川文庫
これも爽やかな作品。これも短編の寄せ集め。登場人物は仕事一筋の女社長や一流企業の仕事のできる女、など。プライドが高く、高収入で贅沢な食事や服装になれていた彼女たちがひょんなことから、そんなことが通用しない旅に遭遇してしまうところが笑える。仕事ができて、社会的地位も高く、鼻持ちならない女に見える登場人物が、本当は神経をすり減らして生活していて、旅先での出会いや出来事を通してリセットされていく。

6.「旅屋おかえり」 集英社文庫
旅番組のレポーターをやっていた「おかえり」こと丘えりか。まさかのミスで番組は打ち切りに。病気で旅行に行けない人から自分の代わりに旅をしてきてくれという依頼がはいり、「旅行代理業」をすることに。こんな仕事が成り立つとは思えないけれど、「おかえり」のやさしさがあってこそ。読んでみると納得のいく展開。

7.「奇跡の人」  双葉文庫
タイトルからヘレン・ケラーを想像する人は多いと思うが、その通りです。設定を日本に置き換えたストーリーで、去馬安、介良連というネーミングも、アン・サリバン、ヘレン・ケラーをもじったもので、気づいたとき思わず笑ってしまった。
この作品を読むとあらためて思う。三重苦の少女が言語を習得し,ものを考えるようになるというのはどういうことなのだろう。水にふれることでこれは水なのだと認識できても、手のひらに書かれた水という単語を手にふれている水そのもののことだと理解するのはかなり困難なことなのではないか。モノの名前がわかってきたとしても、動詞や抽象的な言葉をどうやって認識するのだろうか。
さらにこの物語は明治時代の青森県の旧家という設定で、その主人は世間体を気にするだけ。跡継ぎの長男は自分の婚姻に連の存在が足を引っ張らないようにと思うのみ。
そんな環境の中で、安は闘い、連の心をつかんでいく。
読み終わった後、最初から無理とあきらめてはいけないよ。三重苦という困難に立ち向かった奇跡の人ヘレン・ケラーは実在の人物で、現実にあった話なのだよ。と言われている気がした。

8.「異邦人(いりびと)」  単行本(PHP)、PHP文芸文庫
主人公の女性が金持ちで、東日本大震災の時の原発事故の影響を避けて、京都に長逗留してそちらで出産しようとするあたりの設定が、庶民の生活とかけ離れすぎていて、ちょっと鼻についた。が、画廊や美術館、京都の行事など、自分のよく知らない世界が丁寧に描かれていて面白く、読み進んでいくうちに主人公の女性に感情移入できていくのも、作者のうまさだと思った。


夢中になれる本があるというのは楽しいこと。納得のいく作品に出会えると、幸せな気持ちになれる。そして、どの作品も、「おもしろかったです。」とお勧めできます。

小さな町の書店主 「一万円選書」の岩田徹さん

6月末の日曜の午後、何気なくテレビをつけたら、NHKで「プロフェッショナル 仕事の流儀」をやっていた。2018年4月23日に放映された、北海道砂川市の書店主 岩田徹さんを扱った回の再放送である。
アマゾンのようなネットで本が購入できるような時代になってしまってからは、書店の経営は厳しい。しかし、岩田さんのように書店主の取り組み方で、生き残っている書店もあるという事に驚きを感じた。
岩田さんの本に対する愛情は深い。どれだけの読書量があり、本に対する知識がどれだけあるのだろう。何より素晴らしいのは、「1万円選書」という売り方。カルテと呼ばれるアンケートにより、その人の読書暦、経験、好みその他により、岩田さんがこれと思う本を1万円分選んでくれて、発送してくれる。(本代と送料だけで手数料はとらない。)
何を読んだらいいのかわからない、でも、人生の支えになるような良書にめぐりあいたい、そして何より本を読んで面白いと思いたい、という人は多いのだ。売れ筋とは限らない、題名すら聞いたことのなかったような本が選ばれていたりする。そこに岩田さんのやさしさや、読む人のことを思う気持ちがあふれている。
「1万円選書」で本を選んでほしい人はなんと3000人待ちだという。
赤字続きで経営難の書店、しかも人口の少ない北海道の小さな町の書店が、全国的に有名な書店になってしまった。

私も、岩田さんの活動に刺激を受けた。このところ、またブログ書けないでいたけれど、細々と読書を楽しみながら過ごしていた。面白い本の情報を求めている人は多いと思う。私も本好きの友人からの口コミで、読んだ本は多い。口コミは信頼できる情報だ。ならば、私も感謝をこめて面白い本の情報をブログに書いて紹介するのもいいかなと思えた。
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR