FC2ブログ

博士と彼女のセオリー

博士と彼女のセオリー
Amazonプライムで配信されていたものを自宅のテレビ画面で見ました。
2014年のイギリス映画。
車椅子の天才科学者として有名なホーキング博士の伝記物語。

“ブラックホールの特異点定理”といわれても私にとっては、何のことかはさっぱりわからないのだけれど、『ホーキング博士、宇宙を語る』で有名な宇宙物理学者スティーヴン=ホーキング博士の人生を描いた作品です。彼は20代でALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、余命2年と言われながら、その後50年あまりを、自分の体を自由に動かすことができない状態の中で生き抜きました。

*********

ALSは最もなりたくない病気とまで言われる。
脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、筋肉が動かしにくくなり、筋肉がやせ細っていく病である。手足・のど・舌の筋肉がだんだん動かせなくなって、しゃべれなくなり呼吸もできなくなっていき、回復することはなく、やがて死に至る。しかし、知覚神経や自律神経は侵されないので、視覚や聴覚などの五感や、記憶・知性をつかさどる神経には障害は見られないという。
体を動かせなくなり、自分の声で自分の意志を伝達できなくなりながら、意識はしっかりしているというのは、辛すぎる。

20代の学生生活を謳歌しているまっただ中でこの病気を発症し、余命2年を宣告されるというのは、どんなに絶望的でしんどかっただろうかと思う。

困難な状況を生き抜いたスティーヴンには彼を支え続けたジェーンの存在があった。
ジェーンは強い。人生の中の岐路にさしかかったとき、強い意志をもって決断している。
ジェーンは、恋人スティーヴンのALS発症に対して、結婚という選択した。
難病患者の夫の身の回りの面倒を見るのは半端なく大変なことである。
そんな状況の中でこの夫婦は三人の子を設けた。
スティーヴンが肺炎をおこし、生命が危険な状態になり、生命維持装置に入れられた時、
ジェーンは、スティーヴンの意識が全くない状況の中で、「気管切開手術をして呼吸装置を入れ、覚醒の処置をする」ことを希望した。
このまま覚醒させないで死を待つ方が本人も苦しまずに済むという医師からの提示があったのにもかかわらず。
しかも、呼吸装置をつけたら声を失うというという事も承知の上で。
この場面でのジェーンの毅然とした態度は印象に残った。

ジェーンの強い意志をもった生き方はすがすがしい。

その後、スティーヴンの介助を担当するエイレンという存在ができた時、ジェーンはスティーヴンと離婚し、苦しい時期を支えてくれたジョナサンと再婚する。
しかし、離婚後も、スティーヴンとジェーンは友人のような良好な関係を続けたという。

物語のラストで、スティーヴンが語った。
「いかに不運な人生でも、何かやれることはあり、成功できるのです。
命ある限り、希望はあるのです。」
この言葉は、ALSという難病を抱えながら50年余りも生きたスティーヴンの言葉なので、困難を乗り切って生きた人の言葉として、深く心にしみる。
見終わった時にさわやかな気持ちになれるような作品だ。
実話であるという事の説得力は大きい。

しかし。
もしも、自分がALSという難病に直面してしまった時、スティーヴンやジェーンのような生き方ができるだろうかというと、まったく自信がない。
実は、ALSという診断を受けたことを原因に自死を選んだ知人がいる。
周囲の人(家族)に負担をかけることをよしとせず、自分の体の動くうちにと考えたのだろう。
潔さすら感じさせるあっけない死だった。
私は彼の選択を否定する気にはなれない。

それでも。
ALSという過酷な病気と闘いながら生き抜いたスティーヴン=ホーキングという人がいたという事実は、絶望的な状況の中にも希望の光を見出だすことができるきるということを示しているように思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR