FC2ブログ

奇跡がくれた数式

奇跡がくれた数式
奇跡がくれた数式2


2016年公開のイギリス映画
原作は『無限の天才、夭折の数学者ラマヌジャン』
出演:デブ・パテル(ラマヌジャン)」
   ジェレミー・アイアンズ(ハーディ)

めちゃめちゃ頭のいい人のストーリーが結構好きである。
特に数学のできる人の話は面白い。

この作品は、数学に天才的な才能を持つ貧しいインド人青年ラマヌジャンが、彼の才能を理解してくれた数学者のハーディやリトルウッドと共に研究を続けたことを描いたもの。
同じく数学者(経済学者)を主人公にした『イミテーションゲーム』や『ビューティフル・マインド』に比べると、驚くような展開があるわけではなく、地味な構成ではあるけれど、当時の権威主義的なイギリスの学会が、植民地インドから来た貧しい学歴もないラマヌジャンに対して差別的な扱いをする中で、彼に理解を示すハーディとリトルウッドがまったく対等の立場でともに研究を進めていくのが素晴らしい。

普段縁のない数学の世界ではあるけれど、この作品を見て、奥が深くて、まだまだ解明できてないことはいっぱいあり、ラマヌジャンのように天才的なひらめきを持った人が解明に挑むような難題がいっぱいあることがわかった。

素数についてはなんとなく知っていたけれど、分割数については、その言葉自体をはじめて聞いた。
分割数とは、「自然数nの分割の総数を表す数論的関数」だそうだ。
4の分割数は5。P(4)=5 と表す。
どういう事かというと、4という数を分割すると、
4、3+1、2+2、2+1+1,1+1+1+1
の5種類があるという事。
ここまでは、頭の中で理解できる。
P(200)となると、ラマヌジャンの計算では3兆9729億9802万、だそうで、ここまで来ると、数学者の間での誤差何パーセントかを問題にするような、素人(シロウト)にはわけのわからない話になっていく。
ラマヌジャンは、不可能と言われた分割数の公式に挑んでいく。

ラマヌジャンにとっては、あらゆる正の整数が「親しいお友達」なのだ。
タクシーナンバーの「1729」は、普通の人にとってはただのつまらない4ケタの数字に過ぎないが、彼にとっては、
「立法数の和で、2通りに表せる最小の数」。
つまり、1729は 12の3乗 + 1の3乗 = 10の3乗 + 9の3乗なのだそうだ。
(きれいに式が表記できなくてすみません)
     

この作品のテーマは、貧しさ、差別と偏見のある恵まれない環境の中研究を続けるラマヌジャンと、彼の才能を信じたハーディとの心の交流なのだと思う。
ラマヌジャンが病気のため若くして亡くなってしまったのは、人類レベルで残念なことだけれども、彼の研究は、これからも数学者たちに影響を与え続け、ラマヌジャンの公式はビッグバンの研究に役立っているという。


*******
ブログを書いている途中、はるか昔の高校生の時に、よくわからなかった「順列と組み合わせ」を、図書室で先輩にわかりやすく教えてもらい、その先輩のことを素敵だと思ったことを思い出した。
数学のできる人は私にとってあこがれの存在らしい。

以下は、以前このブログで書いた、数学者を主人公にした作品です。
『イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
現在のコンピューターの基礎をつくったアラン・チューリングのお話。
http://haginori55.jp/blog-entry-54.html

『ビューティフル・マインド』
ノーベル経済学賞をとったジョン・ナッシュのお話。
http://haginori55.jp/blog-entry-36.html

どちらも、面白かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR