FC2ブログ

『世の中をよくして 自分も幸福になれる 「寄付」のすすめ』

2011年4月に設立された「READYFOR?」というクラウド・ファンディングがある。

クラウド・ファンディングとは、インターネットを利用して、不特定多数の人々から資金を集めるやり方をいう。
「READYFOR?」は、主催者が示したプロジェクトに対し、賛同した人が引換券を購入するという方法をとっている。引換券の内容は、サンクスレターの送付などなので、これはインターネットを利用した「寄付」といえる。

購入の方法はクレジットカードを利用していて、もし、募集期間内に目標金額に達しなかった場合は、そのプロジェクトは成立せず、引き落としは実行されない。

引換券を購入すると、支援したプロジェクトが成立するかどうかが気になって、募集期間終了間近になると、チロチロとネットを開いては、達成金額を確認したりする。
ここのところがちょっと面白くて、購入した側としては、参加している感が味わえる。

また、どのプロジェクトを支援するかは、購入する側の選択なので、どれを支援するかを選ぶ面白さも楽しめて、強制ではなく、自発的に支援しているという感覚も味わえる。

私は、「閉鎖の危機にあるモンゴルの孤児院を存続させたい!」というプロジェクトの引換券を購入した。
これを選んだ理由は、主催者の照屋朋子さんが、マンホールチルドレンのことを知ってモンゴルとかかわることになったというきっかけや、その後の孤児院との関わりなどを、丁寧に報告していて、それに共感したことと、信頼できる活動の仕方であると思ったからである。
このプロジェクトは、4月30日までの期間内に見事、目標金額に達成した。

5月31日(土)、チャリティー・カフェという形で、このプロジェクトの報告会があり、行ってきた。
私としては、全く知らない人たちの集まりに一人で参加することは今まであまりなかったので、少々緊張した。が、行ってみて本当に良かったと思っている。
照屋さんは、我が家の娘たちと同世代の若い女性で、このかわいらしい女性のどこにそんなパワーが秘められているのかと不思議なくらい、熱意と行動力にあふれる人だった。

たまたま、同じテーブルに着いたメンバーと、自己紹介をしあい、全員とFacebook上のお友達になった。
若い方たちばかりだったので、少々気がひけたが、みんなそんなことに頓着せず、親子ほど歳の離れた私を疎外することなく温かく接してくれて、うれしかった。
そのうちの一人の方は、私のこのブログの読者になってくださった。
いつもちょっとしたコメントを返してくれるので、私としては、すごく励まされて感謝している。
もう一人の方は、Facebookに、読んだ本の紹介を載せている。興味の対象が私と共通しているのか、実際に、彼が紹介した本を購入して読んでいるところなのだが、面白い。

そのうちの一つが以下の本である。
『世の中を良くして 自分も幸福になれる「寄付」のすすめ』
近藤由美著  東洋経済新報社

「寄付」の歴史、種類、方法、その効果など、基本的なことが学べてわかりやすい。
著者は、「寄付」をすることは、社会貢献になるとともに、それをした自分自身も幸福感が得られる、ということを述べている。

ほんとにそうだなと思う。READYFOR? の引換券を買わなかったら、今回のイベントに参加することもなかったし、彼らと知り合うこともなかった。
間違いなく世界が広がった。

先日、照屋さんの主催するNGOユイマールからの郵便物が届いた。
仕事で少々疲れて帰った日だったので、メールボックスにそれが入っているのを発見したとき、ちょっとうれしかった。

中に、モンゴルの孤児院の子が、一生懸命練習したのであろう平仮名で、「ありがとうございます」と書いたサンクスレターが入っていた。

実際の活動をしていて困難に立ち向かっているのは照屋さんたちユイマールのメンバーで、私はパソコン上でワンクリックしただけなのだけど、それでも、閉鎖寸前だったドンボスコ孤児院がとりあえず1年の存続延長を達成することに成功したことで、うれしい気持ちになれた。
これがまさに、先ほどの本のタイトルのいう、自分も幸福になれる「寄付」ということかなと思う。

今後も、彼女たちのような志のある若者の活動を温かく見守り、支援していきたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR