FC2ブログ

「遠い夜明け」 - アッテンボロー氏を偲んで

8月末の昼、テレビをつけっぱなしでソファにひっくりかえっていたら、映画監督のアッテンボロー氏死去のニュースが流れた。
「ガンジー」、「遠い夜明け」の監督だ。

こうした○○氏死去のニュースでは、その人の生前の業績が紹介される。
その度に、ああ、この人の作品だったのかと改めて知ることも多い。
そしてそれは、過去の作品をもう一度掘り起こすきっかけになる。

「遠い夜明け」については、たまたま、夫が南アフリカ旅行をひかえていた7月下旬に、アパルトヘイトについての作品を確認しておきたかったので見たばかりだった。
エンディングでボロボロに泣いた。
「よかった」ので、ブログに書きたいと思いつつ、グダグダとしていて書けないでいた。

きっかけができた。
同じニュースを聞いて、見ようと思う人がいるかもしれないと思い、先を越されてなるものかと、家から徒歩1分のTSUTAYAに飛んで行って、もう一度、借りてきた。
私の行動パターンのせこさである。

(ソチ=オリンピックの時に、「ミュンヘン」が見たくなってTSUTAYAに行ったら貸し出し中だった経験があるのです。
同じ町内に、同じようなことを考える人がいる、とその時思いました。)



「遠い夜明け」
1987年のイギリス映画。
監督リチャード=アッテンボロー(2014年8月24日死去 享年90歳)。

1970年代のアパルトヘイト下の南アフリカ共和国が舞台。
前半は、黒人解放活動家スティーヴ=ビコと白人記者ドナルド=ウッズの交友。
ビコは知的で魅力的な人物だ。演説のうまさ、説得力、さわやかな笑顔。リーダーたりうる素養をもっている。
白人社会を壊そうとは言っていない。白人と黒人が平等な南アフリカを作りたいのだと。
そして、警察が行う暴力をやめさせたいのだ。

しかし、ビコは拘禁され、獄中での暴力が原因で死去。
死因は獄中でのハンガーストとされているけれど。

ウッズは、ビコの死を調査し、それを公表しようとするが、政府、警察はそれを阻止する。
南アフリカの現状を世界に訴えようとするウッズは亡命を決意。
彼の行動を監視する警察。
そこからは、ウッズと家族の脱出劇で、映画としてはハラハラドキドキで、引き込まれていく。

(実は、私は脱獄もの、脱出ものの映画が大好きなのだ。
「脱出もの」というジャンルがあるかどうかわからないけれど。
脱獄ものの最高傑作は.「ショーシャンクの空に」。
「サウンド=オブ=ミュージック」もラストはオーストリアからの亡命だから私の分類では脱出もの。)

話がそれた。

地図で南アフリカを確認して欲しい。周りを南アフリカ共和国に囲まれた内陸国レソトがある。
ウッズはまずここに逃げ込み、家族と待ち合わせ、そこから飛行機でボツワナへ行く計画をたてる。
しかし、レソトからボツワナへは、南アフリカ上空を通過しなければ到達できない。
上空を飛んだら強制着陸させる、と脅す南ア政府。

これを、レソト政府が用意した国連パスポートで切り抜ける。
「搭乗者は、レソト政府の役人1名と国連パスポート所持者7名。」であると。

飛行機のなかのウッズは、万感の思いで南アの国土を上空から眺める。
そして1976年のソウェト蜂起の回想シーン。


エンディングでは、美しい南アの風景の映像の下に、拘置中に死亡した者の名前と死因が字幕で延々と流れる。
死因は首つり自殺、転落死、転倒死...。
明らかに嘘であろうと思われる死因。その数の多さ。

この作品の原題は「Cry Freedom」。
邦題の「遠い夜明け」は、うまいネーミングだと思う。
今、ほとんどの映画のタイトルが、原題をカタカナ表記にしただけのものであることを思えば、このタイトルは、内容と合致していて、象徴的だと思う。
ビコが死去した1977年頃の南アフリカを描いた1987年の作品なのだ。
南アフリカで、マンデラが釈放され、アパルトヘイトが撤廃されるのが1991年。
「明けない夜はない」というけれど、この時点では、やがて夜明けが来る、ということも信じられなかったろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR