FC2ブログ

スコットランドの住民投票を終えて   

スコットランドの独立をめぐる住民投票が行われた。

結果は「NO」。

スコットランドは連合王国に留まることが決まった。

この結果に落胆したのはスコットランドの独立賛成派だけで、多くの人は胸をなでおろしたのではないだろうか。
(特に金融市場に関係のある人。)

私の周りでも、「そもそもなんで独立?」「なんのメリットがあるの?」という人が多かった。
スコットランドが独立してしまった場合、北海油田からの税収入を失うイギリスのダメージが大きいのは明らかだが、スコットランド自体もポンドの使用ができなくなり、EUへの加盟も見通しがついていなかったのだから、経済的困難が起きることが予想されていた。

それでも、賛成派が46%の得票を得たということは、それだけ「完全な自治」ということにこだわりがあったということか。

スコットランドではイギリスの保守党政権時代(1979~97)に政府に対する不満から、独立を求める動きが生まれたという。
しかし、独立についての賛否を問うほど、盛り上がりを見せていたとは思ってもいなかった。ノーマーク。(不勉強でした。)

世界史教師をしているので、当然イギリス史も授業で扱っているが、教科書レベルの内容では、アイルランド問題については触れるが、スコットランドついては特別にやらない。
エリザベス1世が死んだあと、スコットランドから王様をもってきてステュアート朝となり、1707年にイングランドとスコットランドが正式に合邦してグレート=ブリテン王国成立、という程度。
1801年にアイルランドを併合して、大ブリテン=アイルランド連合王国成立後は、アイルランドについては、アイルランドの人たちがイングランド人不在地主に地代を搾り取られ、19世紀半ばにはジャガイモ飢饉で100万人もの餓死者をだすという悲惨な状況に置かれていたということについては学習するが、スコットランドについてはとくにない。というか、イングランドとスコットランドをあわせてイギリスという認識。
アイルランドは、ケルト系でカトリックが多いから、民族・宗教が異なるけれど、イングランドとスコットランドは同じアングロ=サクソン系だからひとくくりでとらえていた。



今回の問題は、おもに経済的なことについての地域間格差からくる不満だったのか、民族主義的なことからくる連合王国からの分離の欲求だったのか、私はよくわかっていない。

ここで、話は変わってしまうのだが、イギリスが失敗したとされている、「多文化主義、移民政策」について考えてみたいと思う。

「多文化主義」とは異なった文化の共存を積極的に認めようとする考え方である。
現在、世界の中で明確に多文化主義の立場をとり、成功しているのがカナダとオーストラリア。
カナダでは1988年に多文化主義法を成立させ、この考え方が根付いている。

イギリスやその他ヨーロッパの国でも多文化主義の考え方が導入されたが、イギリスやドイツでは、これとは逆の単一文化主義への回帰が見られている。
なぜか。
イギリスでは、労働力の不足から、それまでの抑制策を転換して、2000年に移民政策が緩和された。
その後の10年であっという間に移民が増え続け、ロンドンでは、生粋のイギリス人は45%になってしまった。
特にアラブ系の移民が多いという。
もともとロンドンに住んでいるイギリス人たちが、自分たちの文化が脅かされる、と感じるのも無理はないだろう。

これだけグローバル化し、一つの国の中に様々な国からの人々が流入してきている世界の状況を考えた時、私は、あるべき姿は「多文化主義」であると考えていた。
異なった文化に対しても寛容に認めそれぞれ共存していく。その一方で、自民族の文化についても誇りを持ちそれを継承していく。さらに、福祉、安全など、国家からの恩恵を受けているのだから所属する国家に対する帰属意識を持つ。
単一民族国家というのは存在しえなくなり、国家が多数の民族の混成という状況で成立せざるを得ないのだから、目指す方向性としてはこうだと思っていた。

しかし、考えてみると、「多文化主義」が成功しているのは、カナダとオーストラリアという国土も広く、その割には人口が少なく、移民の受け入れの余裕のある国だけだ。
ドイツのように外国人労働者により自国民の職が奪われるような問題を抱えている国、スウェーデンのように今まで高い税金を払い続けてきたのに、それにより受けられるはずだった恩恵を後から入ってきた移民の人たちにもっていかれてしまった国では「多文化主義」は批判されている。

そして同様のことがイギリスでもいえる。
こうしたことを抱えている一方で、今回のスコットランドの「独立」をめぐる動き。
イギリス、さらに世界はどういう方向に進んでいくのだろう。

報道されているニュースからは、スコットランドの人たちは、この住民投票を冷静にとらえ、結果が出た後も、賛成派と反対派のしこりを残すことがないように、酒場などで盛り上がっていたように見えた。
85%という高い投票率は、スコットランドの人たちがそれだけみんな真剣に考えたということでもある。
また、「独立」をめぐるこの動きに対して、一切の武力は行使されることなく、住民投票という極めて民主主義的な方法が採られた。さらに1票でも賛成票が反対票を上回れば独立を認めるという前提で投票が行われた。
このことは称賛されてよいのではないかと思う。
(万が一、結果が「独立」になっていたら、キャメロン首相は激しく批判されただろうけれど。)




スコットランドの住民投票の結果がまだ出ていない9月18日、娘からノーテンキなメールが届いた。
「スコットランドはどうなったのかしら?メルギブソンのブレイブハートを思い出すよね!ついにフリーダームの時が来るのかしらね。」

ここで、この映画の話をすると、この映画が、スコットランドの民族主義を煽る要素を持っているため、話はややこしくなり、論点がなんだかわからなくなってしまうのだが、このメールを見たとたん、すっかり忘れていていたこの映画のことを思い出した私は、その日の仕事帰りにまたTSUTAYAに寄ってしまった。
見始めた時、約3時間という長い作品であるので、自分がおそらく早送りという動作をするだろうなと予想していたら、なんと最後までじっくり見入ってしまった。
結末はわかっているのに「フリーダーム!」のところでまた泣いてしまった。

(このブログは世界史にからんだ本や映画の紹介ということで始めたものなので、今回もその目的に沿います。
なんだか付け足しのような書き方ではあるけれど。)

「ブレイブハート」1995年のアメリカ映画。
 メル=ギブソン主演・監督。作品賞、監督賞などのアカデミー賞受賞。
 13世紀、イングランド王エドワード1世の暴政に対して独立のために戦った、スコットランドのj実在の人物ウィリアム=ウォレスを描いた作品。

やっぱりこの映画、好きだな。
圧制への抵抗、屈しない心。
中世のスコットランドにはこのような歴史があった。
偏狭な民族主義に陥ってはならないが、自民族の誇りをもつことは大切だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR