FC2ブログ

『アメリカン・スナイパー』をみて思ったこと

『アメリカン・スナイパー』
2014年のアメリカ映画。監督:クリント=イーストウッド。
イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルの自伝をもとにした作品。

映画を見るときに、全く何の情報もなしにいきなり見始めるということは少ないだろう。
何を題材にした作品で、監督はだれで、というくらいの情報は仕入れておいてから見る。
それは先入観を持ってみるということにはならないと思う。
必要情報だ。

クリント=イーストウッドは監督として、すでに高い評価を得ている。
つまり、まともな人。
また、日頃の言動では、「反戦」の立場をとっている。
そして、この作品は、実話だ。
これらは、この作品の大前提として重要であると思う。

戦争を舞台にしたフィクションは数多くあるけれど、それが一兵士の戦い方の物語であった場合、フィクションだということはイコールつくりもの、ということになってしまう。
だから、実話であるということの重みは大きい。
また、見る人を感動させようとする意図が見え見えの作風や、説教くさい要素が入っているものは、見終わったあと、心のどこかに、うずうずとした否定的な気持ちがわいてきたりする。

この作品は、余計な感情を入れず、淡々と、できるだけ事実に近いように描こうとする手法をとったものなので、逆に考えさせられる。
さらに、「え?」「・・・ん?」。「これで終わりなの・・・?」
とつぶやきたくなるような終わり方で、「この映画はいったいどういう立場の映画なのか」と考えながら劇場を出て、帰る道々、まだ、考えてしまっているというあたり、私は見事にイーストウッド監督の術中にはまってしまったのだと思う。

この映画は現在、劇場公開中なのでテレビでもコマーシャル映像が流されている。
キャッチコピーは、「この男、英雄か悪魔か。」

見る気をそそるキャッチコピーではあると思うけれど、そのどちらでもないと思う。
クリス・カイルは一兵士である。


映画を見終わってから、原作の自伝ではどのように記述されているのかが気になって、原作本を買ってしまったので、そこから少し引用する。

しょっちゅう訊かれる質問がある-そんなに多くの人間をイラクで殺して気がとがめないものか?
私はこう答えている。「少しもとがめない。」
(中略)自分や同胞たちが殺されないために敵を殺し続ける。殺す相手がいなくなるまで殺し続ける。
それが戦争というものだ。


現場の兵士は、あえてこういう感覚になるように心をコントロールしてしまうのだろう。

この映画を見て、一番感じたことは、戦争は人を変えてしまうということだ。
戦場に一歩足を踏み入れた者は、平和で安全で快適な都市生活を送っているごく普通の人々(私自身のような)には、到底理解しえない世界に行ってしまうのだ。

それが、愛する妻と子供がいるクリス・カイルが、なぜ、4度もイラク戦争に行ったのか?の答えになると思う。
戦場を体験した者は、いったん無事帰還しても、仲間がまだ戦場で戦っているという状況が継続している限り、自分だけ安全な場所にはいられない、再び、ともに戦わなければという思いに駆られてしまうのではないか?

そしてこれも戦争によるPTSDだと思う。
戦争から帰還した兵士のPTSDがどれほど多いか。
クリス・カイルのような一見、英雄、勝者と思われるような兵士でも、心は傷ついているのだ。

この映画は大半がイラク戦争における戦闘シーンであり、ラストには、クリス・カイルの葬送の記録映像が流される。
一見、イラク戦争で勇敢に戦った兵士を称賛した映画のようではあるが、テーマは、戦争から帰還した兵士のPTSDなのだと私は思った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR