FC2ブログ

またやってしまった。。。

先日、「ペリカン便」なる送信元からのメールを受け取った。

「お客様宛の配送物をお預かりしています。
再配送の受付が下記より可能となっていますのでご確認ください。」とあり、URLが付されていた。

そもそも、「ペリカン便」なんて、もうないんだよ、気がつけよ!
という話なのだが、やってしまった。

「おかしいな」という感覚はあったのだが、URLを開くと、配送番号なるものが表示されていて、そこに自分の氏名を入力するようになっていた。
そして、つい、無意識に入れてしまった・・・。

・・・。やっぱりおかしい。
「ペリカン便 偽メール」で検索したら、やっぱりそうしたものが横行しているとのことだった。
その後、不審なメールが多数、送信されてきた。
内容としては、2000万円送金したから受け取れとかいうことらしい。
(開いてないから読んでないけど。)
これで間違って、URLを開いてしまうと、お金を受け取るための手数料がどうちゃらこうちゃらということで、お金をだまし取られるらしい。

さすがに、もう2度と開かないから、結果的に実害はない(と思う)のだけれど、本名を入力するという馬鹿なところまではやってしまったから、「引っかかりやすい人」リストに載ってしまったかなと思うと悔しい。
しかも相変わらず送り続けてくる大量のスパム。
結局、メールアドレスを変更することにした。
こんなことで手間暇かけさせられるのも癪に障るがFacebookもメーリングリストもこのアドレスで登録していたので、アカウントの変更もした。
あー、面倒クサ!!
まあ、前向きにとらえるしかないので、こういう作業もたまにはやらねば忘れてしまうから、「訓練」と思うことにした。

恥をさらすようだけれど、私は、2年ほどまえにも、悪徳サイトにやられてしまっている。
My PC Backup とかいうやつだった。
送信元の安全が確認できていないのに、「インストールしますか?」の表示に対して、何も考えずに、「する」をクリックしてしまったのが間違いだった。

さあ大変。
びっくりするような数の「ウイルスが検出されました」という表示が出て、さらに「お客様のパソコンが危険な状態です」という人の不安をあおる警告表示。そして、セキュリティーソフト(もちろんこれもニセ)を購入させるという詐欺。
なんだかわけのわからぬまま誘導されて、購入してしまった。
ウイルスではなく、無意味なソフトウェアなので、入れてしまったものをコントロールパネルから削除することで解決し、パソコンは無事だったけれど、無駄なお金を使ってしまった。というか、だまし取られてしまった。

これを職場で話したら、
「へ~、あんなものに引っかかる人、いるんだ!」
「・・・。」
「こういう人って、また引っかかるんだよね~。」
と、まあ、ひどい言われよう。かなりへこんだ。
なんと馬鹿にされようが、私が悪いんで、仕方ありませんが。


こういう話って、自分の無知をさらけ出すようなものなので、黙って知らん顔していた方が賢明なのだろうけれど、あえて告白しました。

皆様、お気を付け下さいませ


で、思うこと。
性善説の立場をとりたい私ではありますが、ネットというものに関してだけは、「性悪説」で臨まないといけない、ということを悟りました。
人をだます奴がいる。
ネット上では、だます方もだまされる方も、顔が見えない。
知らない相手だから、だます方も気がとがめないのだろう。
大量に詐欺広告を流しているから、その中のわずか数パーセントが引っかかっただけで、儲かるのだろう。
多分、「ひっかかった奴がバカ」、くらいにしか思っていない。
引っかかった方は、自分の馬鹿さ加減にあきれる。
そして、自分を責める。
インターネットに関する知識のなさを恥ずかしいことだと思ってしまう。

だます奴が悪いのであって、こちらは善良な市民だ!とは思うのだが・・・。

ネット社会全体の対策としては、どうしたらよいのかは、見当すらつかないけれど、個人レベルで言うなら、失敗談などの情報を得ることで賢くなっていくしかないか、と思ったので、前向きにアホ情報を提供しました。

不確かな送信元は疑ってかかりましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR