FC2ブログ

それぞれの選択

前回のブログで、「伊能忠敬」について書いた。
彼が全国を測量し日本初の実測地図の作成にとりかかったのは隠居後で、それまでは、伊能家の婿養子、佐原村の名主としての立場を優先させた。
家庭人、社会人としての務めを果たしたのち、高齢となってから、さらにまた大きな仕事を成し遂げたという点で、あっぱれな人生と敬服した。

しかし、なんせ、人生は1回きりである。
やりたいことを「隠居後に」などと先の楽しみにしているうちに、体力と寿命がなくなってしまったというのでは元も子もない。

伊能忠敬の人生とは全く対極にあるような生き方を選択した人物のことが頭に浮かんだ。

ポール=ゴーギャン。
彼は、絵を描くために、35歳で株式仲買人の仕事を捨て、家族を捨て、果てはタヒチまで行ってしまった。

ゴーギャンの絵画に描かれているタヒチの女性たち。
文明社会の中で、時計をみながら分刻みのスケジュールに振り回されている私たちは、豊かな自然の中で、まったりした時間とともに生きている彼女たちの力強い姿に圧倒される。

ゴーギャンは、「絵を描きたい」という情熱をおさえられなかったのだろう。

しかしながら、結局彼は、貧困のうちに孤独に死んでいく。
彼の絵が評価されるのは、彼が死んでからで、生きているうちに高い評価を得ることはなかった。

私なら、「やりたいこと」と「失うもの」の重さを天秤にかける。
「失うもの」の重さが大きかった場合、「やりたいこと」を躊躇するだろうと思う。
(つまり凡人なのです。)



ゴーギャンと似たような選択をしたのが西行。
北面の武士であった佐藤義清(のりきよ)は、突然、出家し西行となる。
その際、追いすがる4歳の子を縁側から蹴落として出て行ったという。
(私はつい、突き落とされた子供の方を心配してしまう。
心に傷を負ったのではないか? その後、まともに成長しただろうか?
書いていて、自分が芸術至上主義者でないことがわかった。
一市民としてのまっとうな生き方ということに価値観を置いている。
勝手なもので、ゴーギャンの絵が大好きで、西行の歌の世界にあこがれているけれども。)


「追いすがる子を振り切って」ということで思い浮かんだのがイギリス首相のサッチャー。
映画「マーガレット=サッチャー」では、メリル=ストリープが演じるサッチャーが追いかけてくる子供を振り切って、車を出させるシーンがある。

いくら「鉄の女」とはいえ、泣きながら追いかけてくる子供を置き去りにして、仕事に向かうというのは身を切られるような辛さがあったろう。
「母性愛」と「使命感」とのせめぎあい。
そして、「母親として」よりも「政治家として」の立場を優先させたサッチャー。



何かを選べば、何かが犠牲になる。
それも分かっていて、彼らはおのれの生き方を選択したのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR