FC2ブログ

『ビューティフル・マインド』

2015年5月23日、ノーベル経済学賞受賞者で、映画『ビューティフル・マインド』の主人公であるジョン=ナッシュ氏(86)夫妻が交通事故で死亡した。
このニュースを聞いてから、この映画のことがずっと気になっていたのだが、ようやくwowowで放映したものを録画して見ることができた。

『ビューティフル・マインド』
 2001年のアメリカ映画。アカデミー賞では、作品賞、監督賞、助演女優賞、脚色賞を受賞。主人公のナッシュ博士にラッセル=クロウ。

何をいまさら2001年の映画を、といわれてしまいそうだが、今まで、たいして映画を見てこなかったので、今になって、その埋め合わせをしているところなのです。
で、評価は★★★★★。面白かった。

(14年前の映画とはいえ、この映画については、ネタバレしてしまってはいけないと思うので、あらすじ付きの解説は避けたいと思います。
とはいえ、序盤の、金髪の美女がいるパーティーで、ナッシュがアダム=スミスの理論の否定を思いつく場面が気に入ってしまったので、それについて書いておきたいと思います。)


ナッシュは、金髪の美女をものにしたいと思うが、みんなが彼女を狙ってしまえば、競い合ってしまい、だれも彼女を獲得できず、みんなが不幸になると考える。
ではどうしたらいいのか?

そこから、アダム=スミスの理論の否定を思いつく。

アダム=スミスの自由放任論によれば、「競合社会では、個の野心が公の利益。」
みんなが競い合って豊かになろうとして経済活動を行えば、社会全体が豊かになる。
個々に利益を追い求めても、そこには「神の見えざる手」が働いて、うまくいくのさ、という理論。

しかし、これは、間違いだ!と、ナッシュは気づく。
「最良の結果は、グループ全員が自分の利益を追及すると得られる。」のではない!
「最良の結果は、全員が自分とグループ全体の利益を求めると得られる。」のだ!


経済活動の目的に「グループ全体の利益」という観点を持ってきたところが素晴らしい。

社会全体を良くするにはどうしたらよいか、という発想が根底にあるのだろう。

ジョン=ナッシュ。
ゲーム理論のうち、非協力ゲームの均衡分析の理論化で、ノーベル経済学賞を受賞。
うーん、何のことか、私の理解を越えてしまっていて、簡単な解説を読んでもよくわからなかったけれど、とにかく、すごい人だったのだな。


主演のラッセル=クロウは、この映画の前年の2000年には『グラディエーター』で、謀られてグラディエーター(剣奴)に身を落としてしまったローマの将軍マキシマスを演じた。この時は筋肉ムキムキの英雄。そして翌年のこの映画では、ちょっと猫背気味で、人付き合いが苦手で、天才数学者なのにどこか自信なさげで、弱々しい雰囲気のナッシュを演じている。うまくて感心した。

途中の展開は、予想外。
そしてラスト。

ありきたりの結びになってしまうけれど、ナッシュ博士を支えた妻のアリシアさんの心、およびこの2人の夫婦愛がビューティフルなのだと、当初、うさんくさいタイトルだなと思ったものの、納得。
見終わった後、気分が良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR