FC2ブログ

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 額に汗しない稼ぎ方

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
2013年のアメリカ映画。主人公のジョーダン=ベルフォートにレオナルド=ディカプリオ。


世の中の男たちがやりたいなと思っているようなことって、こんなことかな。
自分の会社を建てる。大儲けする。金持ちになる。豪邸を建てる。
クルーザーを持つ。フェラーリを乗り回す。ついでに自家用ジェット機も。・・・。

だれしも、やってみたいと頭に描くようなことだ。

裸の美女をはべらせての淫乱パーティーをする。
飛行機のなかでの客室乗務員と乱交する、というところまでは、
いくら金があっても、良識ある一般市民はしないと思うけれど。

主人公は、ドラッグの常習者。
クスリのせいか、やっていることは無茶苦茶。

これは、ジョーダン=ベルフォートの『ウォール街狂乱日記・「狼」と呼ばれた私のやばすぎる人生』という回想録を映画化したもので、ほぼ実話

レオナルド=ディカプリオがベルフォードを生き生きと演じていて、『タイタニック』や『グレート・ギャッツビー』よりも、はまり役なのではないかと思った。

見ていて痛快。
エンターテイメントとしてはA級作品。



で、ここで、このブログを止めておけばよいのだけれど、
さんざっぱら、面白がった後で、やっぱり考えてしまう。

主人公のベルフォードは、無価値な株を口八丁で売りつけて大儲けした。
優良株でないことを知りながら、さも値上がりして儲かりそうなことを言って、富裕層に株を買わせた。
これはいけないことだ。
貯金ゼロから年収49億円だと・・。

濡れ手で粟。
ちょっと憧れるけれど、やっぱり、ふざけるな! だな。



思い出すのは、日本のライブドア事件。
粉飾により株価を異常につり上げるのは違法なのだ。

あの時に、東京地検特捜部長だった大鶴基成の言った、「額に汗して働く人、リストラされ働けない人、違反すれば儲かるとわかっていても法律を遵守している企業の人たちが憤慨するような事案を万難を排しても摘発したい。」という言葉。

私は心から喝采を送った。
よくぞ言ってくれたと思った。

見せしめの逮捕だったとか、捜査に市民感情を差し挟んでいいのか、という意見もあるけれど、私は、東京地検の言っていることの方に共感した。

まじめに働いているものが報われる社会でなければね。
資本主義社会は、生産性という点ではすぐれた仕組みだけれど、分配の仕組みとしては欠陥だらけだな。



追記:
細部にこだわっていうと。
途中とラストに、ベルフォードが、社員の採用の時に、セールストークの力量を試すために、「俺にペンを売れ」という方法を使っているのが興味深かった。

「そこに名前を書け。」「ペンがない。」「じゃあ、これを買え。」
需要と供給。必要とする状況をつくれば、1本売れる。
なるほど。モノを売るのも才能だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR