『ザ・トゥルー・コスト  ~ファストファッション 真の代価~ 』

12月中旬、末娘から映画に誘われました。
めったにあることではないので、「行く!行く!」とうれしくなって誘いに乗りました。
クリスマスやら歳末商戦でにぎわう渋谷まで行ってきました。

誘ってくれた映画は
『ザ・トゥルー・コスト  ~ファストファッション 真の代価~』

世の中は『スターウォーズ』の公開で盛り上がっているさなか、何を好き好んでこんな映画を、といわれてしまいそうなくらい硬い内容の映画でした。
こういうのを社会派映画と呼ぶのでしょう。
娯楽性ゼロ。
衣料品業界の問題点をこれでもかというくらい列挙し、映画の構成は、取材、インタビューのみ。
バングラディシュや東南アジアで、今起きている悲惨な状況が次々に映像で流れていきます。

低い賃金で働かされて、ちっとも豊かにならないバングディシュの女工たち。
染料の化学薬品の廃液処理をしていないために汚染されている河川。
広大な綿花畑の農薬による健康被害。
設備投資に手が回らないから、老朽化して工場の壁にひびが入っていたのに、手を打たず、工場は倒壊、働いていた労働者は生き埋め、という悲惨な事故。
労働問題、社会問題、環境問題・・。様々なことが発生しています。

見ていて、産業革命期のイギリスみたいだなと、思いました。
産業資本家は利益のことしか考えないから、低賃金で雇える少年や女性に長時間労働をさせました。廃液の処理などしないから、テムズ川は汚水でまみれました。
だから、ロバート=オーウェンが尽力して、「工場法」を制定して、労働条件の改善を行ったのです。19世紀のイギリスが歩んできた道です。
しかし、イギリスで労働条件が改善できたのは「世界の工場」になり、豊かなイギリスになったからできたことなのかなとも思ってしまいました。
貧しい発展途上国では困難なことなのでしょうか?

ここでもまた考えてしまいました。

ファストファッション・ブランドが、安い労働力を求めて、中国へ、タイへ、ベトナムへ、カンボジアへと、生産の拠点を移していく様子は、親会社、元請け、孫請けという構造で成り立っている現在の日本の建設業界の様子が思い浮かんでしまいました。
孫請けは発注がなければ、仕事にありつけないわけです。ひどい条件でも、飲み込まなければ、発注者はよそに発注するだけです。孫請けは最低の条件を飲んで仕事を請け負うしかありません。そして儲けは親会社に流れる。
それと同じで、タイの会社が条件を飲まなければファストファッション・ブランドはさらに労働力の安いカンボジアに工場を建てて、そこで生産すればよいだけなのです。

この映画は特定のファストファッション・ブランドの批判を意図するものではない、ということです。つまり、非難するのが目的ではなく、より良い世界をつくっていくために、どうしたらよいかを考えましょう、という映画なのだということだと思います。
とはいうものの、映像では、ZARA,H&M,などのロゴや店舗の看板が登場します。
「やっぱり批判してるよな」、とは思います。でも結局、世の中が変わるためには、業界トップのZARAやH&MやGAPやユニクロが変わらなければならないと思うのです。
こうした会社は、利益の追求だけではなく、社会貢献という要素も取り入れて行かなければならない。それがこの映画で言っているフェアトレードとかエシカルいう価値観であり、今後、これが絶対に必要になってくると思いました。


産業革命期のイギリスで労働問題・社会問題が発生し、これを解決するために社会主義という思想が誕生しました。20世紀の後半は「資本主義 対 社会主義の東西冷戦の時代」でしたが、社会主義は資本主義に敗北しました。社会主義は富の分配の仕組みとして理想のものであったかもしれないけれど、競争のない社会は経済的発展という点で資本主義に敗北するしかなかったのです。
今後、資本主義にとって代わるシステムは当分、現れないといわれています。
でも、問題は浮き彫りになって来ています。
「格差」です。
それは一つの国の中での富裕層と貧困層というだけの話ではなく、グローバルな「豊かな国と貧しい国の格差」の問題になっています。
このままでいいはずはない。
ファアトレードとかエシカルというと、うさんくさげに「それで何が変わる。」言われそうだけれど、これから先の資本主義を考えた場合、それが重要なキーワードになってくるのかなということを感じさせられた映画でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR