FC2ブログ

プライベート ライアン

前回、「リンカーン」について書いた。
スピルバーグ監督の作品である。
なので今回は、スピルバーグ作品で見逃しているものに挑戦することにした。

スピルバーグというと、「E.T.」、ジュラシック・パーク、ジョーズ、インディ・ジョーンズなどがうかんでしまうが、シリアスな社会派の作品も多い。

さっそく、TSUTAYAで「プライベート・ライアン」を借りてきた。

ここまで書くと、映画ファンの皆様には、なんだ、おまえは、これもまだ見ていなかったのか、と言われてしまいそうだ。
そうです。今まで、そこそこ見てはいるけれど、ものすごく見ているというわけではないのです。
でも、ものは考えよう。
ということは、今後、老後たっぷりある時間、楽しみが数限りなく残されているということです。

そして、もう一つの事情。
臆病な私は、映画の残虐なシーンが苦手で、ホラー映画や戦争映画を避けてきた。
お金を払ってまで、わざわざ見たくはないと思っていた。
特に20~30代くらいまでそうだった。


が、そんなことは言ってられない。世界史の授業に関わっているのだから。
過去に起きた悲惨な人間の歴史を見据えていかなければ。

この映画の冒頭からの20分間は、第二次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦の壮絶な戦闘シーンだった。
その迫力は凄まじく、顔をしかめながら出なければ見られなかった。

そして思う。

手足が吹っ飛んだり、内臓がとびだしているようなグロテスクなシーンは苦手ではあるけれど、それでもこれは、あくまでも映画のシーンなのだ。

過去の現実に、この映画で描かれているような、悲惨な戦場があったのだ。
現実のこの現場にいた兵士たちの思いはどれほど悲痛なものであったか。

世界史の授業をやっていると、1944年6月、連合軍側が、ノルマンディー上陸作戦を成功させ、8月パリ解放。勝利への流れを決定づけていく・・・。とつらつらと説明してしまう。

ここで奪われた多くの命とそれぞれの人生。一人一人の兵士の苦痛と無念について、思いをはせようと思う。


さて、映画について。

プライベート・ライアン
原題は ”Savinng Private Ryan"   ライアン2等兵の救出。

ノルマンディー上陸作戦に活躍したミラー大尉に、全く別の任務が下される。
ライアン二等兵を探し出し、本国に送還せよ、という命令だ。

何故そんな命令が下ったのか?
ライアンの3人の兄がこの戦争中に戦死してしまったため、故郷で待つ母親のことを考えての上層部の配慮だった。
彼女の4人の息子全員をこの戦争で死なすわけにはいかない。
せめて末息子のジェームズ・ライアンだけでも、無事に、彼女のもとに帰したい。

一人を救出するために、ミラー大尉以下8人の部隊が送り込まれる。
しかし、広い戦場のどこにライアンがいるのかがわからない。
敵地もくぐり抜けなくてはならない。
一人を救出するために、犠牲者が一人、二人と増えていく。

この任務自体に疑問を感じ始める兵士たち。
しかし、軍隊において、命令は絶対だ。
小部隊の統率をとるミラー大尉。

ついにライアンを見つける。
そして、すぐに帰国せよという命令が伝えられる。
が、ライアンのとった行動は・・・・。

(映画の案内だったら、ここで止めて、あとは、映画を見てください、ということになるのだろう。
ネタバレになってしまうけれど、勝手に続きも述べさせてもらいます。)

ライアンは、「仲間をおいて、自分だけが帰国するなんてことはできない。」という。

「持ち場を離れることはできません。」
「帰れという命令だ。」
「従えません。」
「アメリカ軍参謀総長の命令だ。」
「わかりません。なぜ自分だけ?」

ライアンは残る決意をする。
そして母親にこう伝言してくれと頼む。
「僕は戦場での兄弟を見捨てずに残って戦った。」と。


死と隣り合わせの究極の現場で、この感情はありうると思った。
ライアンの置かれていた現場は、数人で橋を守っているという状況だった。
援軍は遅れている。人手不足も甚だしい。
今、自分が抜けるわけにはいかない。

そして、ミラー大尉。
ライアンのを残して引き揚げる、という選択もあった。
しかし彼は、そこに残って一緒に戦い、生き残って帰国する、という道を選ぶ。
生き残れるという保証は全くない状況下で。
でも、それができれば、胸を張って故郷に帰れる。と。


俳優について。

ミラー大尉にトム・ハンクス
味があるなあ。
危険極まりない戦争の最前線に送り込まれたら、せめて尊敬できる上官のもとで戦いたい。
上からの命令が絶対である軍隊において、上官がくそ野郎だったらやってられない。

尊敬できる上司とは・・・、統率力、判断、思いやり。それだけではなく、その人の価値観、生き方そのものといった全人格的なものが関わって来ると思う。


ライアン2等兵にマッド・デーモン。
これは1998年の映画で、彼は1970年生まれだから、このとき28歳。
いい若者だ。

苦悩する表情、笑った時の表情。そのメリハリがいい。

彼は「インビクタス」という映画で、ネルソン・マンデラ大統領を演じるモーガン・フリーマンと共演した。
偉大な人格に出会い、影響を受けていく若者。
彼はそんな役柄を演じるのにぴったりの俳優だ。


最後に。
良かったです。この作品。オススメ度でいうと、★★★★★。






テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR