『イミテーション・ゲーム /エニグマと天才数学者の秘密』

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
2014年のアメリカ映画。(日本での公開は2015年3月)
出演:ベネディクト=カンバーバッチ、キーラ=ナイトレイ。

これは、第二次世界大戦中、ナチスの暗号機エニグマの解読に挑んだイギリスの天才数学者アラン=チューリングを主人公とした「事実に基づく物語」である。

この映画の注目のしどころはいくつもあると思う。
まずは、アランを演じたカンバーバッチの魅力。顔立ち、雰囲気、演技力など、独特のものを持っていて、彼の作る世界に引き込まれてしまう。さらにジョーンを演じたキーラ=ナイトレイも美しくて素敵だった。ジョーンはアランが同性愛者だと知っていながら、仕事を続けるために彼の婚約者となり、彼を支え続けた。ごく普通の男女関係とはまるで違う、数学ができる者同士のこうした人間関係があるのだと納得できた。

暗号の解読は膨大な労力を必要とする作業である。来る日も来る日も解読に必要な「設定」をさぐるため、アランとチームのメンバーは信じられない桁の可能性に挑む。途中、プロジェクトの廃止など、危機に何度もさらされながら、2年もの時間が流れる。そして、酒場でのひょんなやり取りからキーワードに気づき、解読に成功する。
ここがこの作品のヤマ場で、見どころである。

が、私としては、アランたちが解読に成功した後のことに注目したいと思う。

アランがエニグマの解読に成功したことが、第二次世界大戦において連合軍側を勝利に導いたとされる。
しかし、アラン=チューリングという名前はほとんど知られていない。
なぜか。それは、エニグマの解読に成功したことを含む一連のことのすべてが軍事機密として50年間封印されていたからである

終戦となったとき、アランたちは関係書類の焼却処分を命じられ、チームは解散し、すべてなかったことにされた。国家にとって都合が悪いことはすべて闇の中というわけである。
その理由は、解読に成功した後の対応が批判にさらされる可能性があるからだと思う。
ここが、解読成功ということの抱えるジレンマだ。
つまり、解読に成功したことはドイツ側に知られてはならない。解読に成功したことが知られてしまえば、当然、ドイツ側は暗号の設定をまったく変えてくる。
そうなったら、2年にもわたって苦労した暗号解読の作業が水の泡となる。
暗号が解読できていないフリを続けて、ドイツ側の暗号を解読し、戦況を有利に展開しようとしたのだ。
暗号がわかってしまったことにより、Uボート(ドイツ海軍の潜水艦)の位置が把握でき、Uボートにねらわれている船舶も分かる。しかし、ねらわれている船舶を突然回避させれば、ドイツ側に暗号が解読できてしまったことを悟られてしまう。だから、救えるはずの船舶も見捨てる。

しかも、解読できた直後、アランが見捨てたのは、子供たちも乗っているであろう客船と、チームのメンバーの兄が乗っているのがわかっている戦艦だった。(この部分は事実かどうかわからないが、ともかくストーリー上では。)
さらに、敵を欺くためには味方も欺かなければいけないわけで、軍に対しても、エニグマの解読はできていないことにして、別の情報源から得たことというウソを流し続ける。
そしてMI6のミンギスとアランたちチームのメンバーにより、膨大な量のナチス=ドイツの情報を処理していった。
日々、血にまみれた計算をし、日々、生きる者と死す者を決め、日々、人知れず連合軍を勝利に導いた。
スターリングラード、アルデンヌ、ノルマンディー上陸。
エニグマの解読による彼らからの情報なしには成功はありえなかった。

しかし、大局的には勝利に導いていったとはいえ、一部を見捨てているのだ。
できないからではなく、意図的に見捨てるという行為が許されていいのか。
神でもない人間が、生きる者と死ぬ者を、統計学上の計算などで決定していいのか。
戦争という普通ではない状態での、人知を超える判断であると思う。

そしてついに終戦を迎える。
チームは解散。ミンギスからは、君らのことはまったく知らないし、会ったこともないといわれる。
MI6とは秘密情報部だ。アランたちの苦労も功績もまったくなかったことにしてしまった。国家とはこういうものなのか....。


さらに同性愛者であるアランを悲劇が襲う。
当時のイギリスの法律では、同性愛はわいせつ罪になるのだ。
刑務所での2年の服役かホルモン治療かの選択を迫られたアランはホルモン治療を選択する。
刑務所ではクリストファー(アランの少年時代の友人の名前をつけたマシン)と仕事ができないから。

エニグマの解読のおかげで、戦争の終結を2年以上早めたといわれる。さらに、彼のクリストファーは、コンピューターの原型となった。
アランは偉業を成し遂げた。
それなのに彼の末路はあまりにも悲しい。彼もまた、戦争の犠牲者なのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR