『世界でいちばん貧しい大統領からきみへ』  くさばよしみ編 汐文社

2016年4月、「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた前ウルグアイ大統領・ホセ=ムヒカ氏が来日し話題を呼んだ。
在任中(2010~2015)は、給料の9割を慈善団体に寄付、外遊はエコノミークラス、豪華な大統領公邸ではなく郊外の質素な自宅に住んでいたという人だ。公用車も自分のためにドアを開けさせるのが嫌で使わなかったという。
彼についての本が読みたくなって図書館に行ってみた。が、市内の図書館すべて貸出し中だった。
どうしても読みたくなり、Amazonで注文したらその日のうちに本が届いた。
『世界でいちばん貧しい大統領からきみへ』  くさばよしみ編  汐文社 1200円
世界でいちばん貧しい大統領

ムヒカは、非合法ゲリラ活動で4度投獄されている。
特に軍事政権が成立してからの4度目の投獄生活は悲惨で13年間にも及んだ。
換気口もトイレもマットレスもない、ただのコンクリートの箱のような牢獄に入れられ、精神に異常をきたした時期もあった。
そんな彼を救ったのは読書だった。
一日中本にどっぷりつかりながら、人間とは何なのか、自分に問い続けた。
1985年、軍事政権が終わり、ムヒカは出獄する。
獄中で孤立無援の状態を経験したからこそ、
いかにわずかなものでも幸せになれるかを学んだんだ。
わたしたちをひどく扱った人間を憎む気には、なれなかった。」
「重要なのは、未来のために過去を乗り越えることなんだよ。」

と、この本のムヒカは、子供に語りかけるような口調で語る。

大統領に就任したムヒカは、貧富の差をへらすことに心を砕く。

優しそうな笑顔のムヒカ氏。壮絶な過去があったのだ。

**************
この本を急に読みたくなったのは、連日の舛添都知事の公私混同疑惑の報道を見ていたからなのであるが、そんなことはともかく、読んでみたら、価値観のもち方、何が大切かを考える上で、はっとさせられるようなことがたくさんちりばめられていた、とてもよい本だった。(購入してよかった。)
何より、このような高潔な人物がいる、ということを知ることができ、世の中捨てたもんじゃないという希望が持て、さわやかな気持ちになれた。

*****************************
舛添都知事のお金の使い方は、「違法ではないが不適切」とかいう中途半端な表現がなされている。
当然、違法でなければよいのか、という疑問が浮かぶ。

ある極端な設定を使って考えてみたい。
行政能力がとてもあるのだが、金についてルーズで私腹を肥やすような人物がいるとする。彼のやっている政策は申し分なく、彼のもとで経済的な発展が実現したのだが、汚職にかかわっていた、という設定である。
汚職の部分には目をつむり、有能な彼の政策に期待した方が、人々のためには得策だろうか?
幼稚なたとえで申し訳ないのだが、この場合、もちろん否である。
田中角栄のロッキード事件をあげるまでもなく。
歴史を見ても、何人の有能な政治家が、汚職がらみで失脚していったか。
たとえ「できる」人物でも、「金」の管理がきちんとできなければ、追放されても仕方ないのだ。
だから、有能であればあるほど、金のことはきちんとして欲しい。
金のことで失脚するなんて、もったいないと思うのだ。

汚職に目をつむり、放置したらどうなるのか。
当然、汚職が蔓延する。
だから、汚職に関わり私腹を肥やすというとんでもないレベルは言うに及ばず、たとえ、違法ではなくても、政治家は不透明なカネの使い方をしてはいけないのだ。

で、こんなことを書いているうちに、過去の贅沢三昧のニュース映像が頭の中によみがえってしまった。
人生60年以上やってきているので、今の若者たちが知らないような、過去の出来事のニュースをリアルタイムで見ている。
印象に残っているのは、1986年、ピープルズパワー革命でフィリピンを追われハワイに亡命したマルコス大統領夫妻。
彼らが逃げた後のマラカニアン宮殿には、イメルダ夫人の1060足の靴、15着のミンク・コート、508着のガウン、888個のハンドバッグが残されていた。
あるいは、1979年のイラン革命で亡命したパーレビ国王一家。
ファラ王妃は逃げる際に、財産すべて持って逃げたと思われたくないという理由で、好きな本とアルバムだけを持ち出し、宝石のコレクションはおいていった。王宮に残された宝石箱にあふれるように詰め込まれていた宝飾品の映像がニュースで流れたが、今でも記憶に残っているほど豪華なものだった。
あるいは、1989年の東欧革命の流れの中で起きたルーマニアの政変。
チャウシェスク大統領夫妻は即日処刑されたが、彼らが造営したカーサ・ポポールルイ(国民の館)は、今でも存在する。
内部は大理石で作られていて、豪華なシャンデリア、純金の装飾がほどこされた内装。
こんな建物、政務を扱う場として必要か?

いずれの場合も主の去った館に残された、贅沢の限りを尽くした残骸物が悲しい。

貧富の差、為政者の贅沢。
放置しておくと、国民の怒りが爆発し、しっぺ返しが来る。
そうならないようにするためのチェック体制なのだと思う。

話はそれるが、犯罪率が高くて毎日殺人事件が起きているような国では、飲酒運転など、あたり前だという。
重篤な犯罪を取り締るのに手いっぱいで、軽微な犯罪を取り締まっている暇がないからだ。
日本では、飲酒運転の取り締まりは厳しく、厳罰化が進んだ。

政治とカネに関しても同じなのだと思う。これくらいいいではないか、で済ませてはいけない。
日本は民度が高い国なのだ。

(タイトルからまるで話がそれてすみません。ウルグアイのムヒカ前大統領。素晴らしい人だと思いました。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR