漫画三昧 その3

キングダム 40巻


『キングダム』  40巻まで読了。
作者・原泰久のあとがきによれば、2006年10月に連載がスタートして、ここまで描ききあげるのに10年かかったそうだ。
コミック本の連載は、制作する側の立場からすると、毎週毎週、締め切りに追われて大変だっただろうと想像する。そうした毎週毎週の積み重ねによりこの大作がつくりあげられたのだなと、しみじみ思う。
これで、ようやく前半戦(国内統一編)が終わったとのこと。ということは、まだ半分。この後、秦王・政が始皇帝として即位した後の後半戦が続くわけで、楽しみでワクワクしてくる。

この作品は、中国の戦国時代を舞台としていて、全編を通じて、ほとんどが戦闘シーンであるのだが、登場人物が実に魅力的に描かれている。
特に、秦王・嬴、少年・をはじめとする若者たちが経験を通じて成長していく姿がすがすがしい。

そしてまた、「平和とは何か。」「平和な世の中にするにはどうしたらよいのか。」ということをこの作品を通して考えさせられた。
特に、39巻のラストから40巻の最初にかけての、呂不韋の論戦は圧巻だった。
呂不韋は、金による中華の統一を構想する。秦を中央にすえた中華全体の発展・繁栄。
“暴力”でなく“豊かさ”で全体を包み込む、それが正しい『中華の統治』であると。

呂不韋のこの言葉に、は反論できないのではないかと思えた。
しかし、はいう。
呂不韋の言ったことは、「所詮、文官の発想の域をでないものだ。」と。
は言う。「戦争をこの世からなくす。俺は戦国の王の一人だ。戦争からは離れられぬ運命にある。ならば、俺の代で終わらす。暴君のそしりを受けようが力で。」
武力を否定した呂不韋に対して、は、統一の方法を「武力でだ!」と言い切る。
ここにの苦しい決意がうかがえる。それしか方法はないのだ。だから、自分が終わらせるしかないのだ。
(21世紀の現在においては、戦争は絶対に嫌だと思っているのですが、その話はまた別の機会に。)
そして統一後についての構想についてもいう。
「中華を分け隔てなく、上も下もなく一つにする。そうすれば俺の次の世は、人が人を殺さなくて済む世界となる。」

絵空事と言われようが、私は、こうした理想を述べた言葉が好きだ。
実現不可能と言ってしまえばそれで終わってしまう。
理想を持たなくてはいけない。より良い方向に進んでいかなくてはいけない。諦めてはいけないのだ。

は言う。「人間の持つ本質は“光”だ!」と。
このセリフにもしびれた。どんな人でも内なる部分に光を持っているのだと思う。
それを輝かせて死んでいきたい、と思う。
才能を発揮することでもいい。他者に愛を注ぐことでもいい。
輝きを放てる時が必ずあるはずなのだ。



と、まあ、40巻の昌平君かっこいい♡などど勝手にうっとりして、バーチャルな世界にひたって、いい気分でいる休日の午後です。
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR