『ヒトラーの贋札』

2017年3月28日、イギリスで、新しい1ポンド硬貨の流通が始まった。新硬貨の形は、偽造を防止するために12角形という珍しい形をしている。報道を聞いて驚いたのが、今までの円形をしたポンド硬貨は30年以上も使われていて流通量の3%程度が偽造であるということだ。1ポンドは130~140円くらいだから、日本の100円玉でイメージすると、その3%が偽造というのは、日本人の感覚からすると驚きだ。

貨幣の偽造というのは、国家の経済を混乱に陥れるので、その罪は重い。
世界史上では、交鈔という名の紙幣を使っていた中国の元朝時代、贋札をつくったものは死刑だった。イギリスでも19世紀初めころまで通貨偽造は死刑であったという。

通貨偽造とはそれほどの重罪なのだ。
それを国家ぐるみでやったのが、第二次世界大戦中のナチス・ドイツが行ったベルンハルト作戦。
ザクセン・ハウゼン収容所に集められたユダヤ人技術者たちにより、偽ポンド札が造られた。国家ぐるみレベルの高度な作業場と技術力をもってすれば、イングランド銀行の鑑定さえもくぐり抜けてしまう精巧な贋札が造れてしまうのだ。

この作品は、強制収容所でこの贋札つくりに関わったユダヤ人たちの物語である。
強制収容所内の生活環境は劣悪だ。過酷な労働、粗末な食事、ひどい暴力、いつ殺されるかわからない状況の中での生活が続く。病気になったら感染防止という理由で即銃殺。治療も介護もない。
そんな中で、贋札製造に必要な技術を持つユダヤ人だけが優遇され、清潔なベッド、心地よい音楽の流れる作業場での生活が与えられた。
贋札をつくることで、劣悪な環境を免れ、命が保障されるユダヤ人技術者たち

ソロヴィッチたちユダヤ人は、精巧で大量のポンド紙幣を製造した。
その量は当時の全流通量の約10%に相当し、そのうちの50%が武器調達や海外の秘密工作に使用されたという。
その後、ナチスはドル紙幣の贋造を強要する。
それを拒否して作業工程に不具合を生じさせるブルガー。
「何億ドルも作れば大被害だ。ナチの戦勝に貢献することになる。」というブルガー。
そのかわり死なずにすむ。」というソロヴィッチ。

やらなければ殺されるという状況の下で犯罪を強要された場合、どういう選択肢があるだろうか。

全編を通じてまったく笑顔を見せないソロヴィッチ。しかし、作業を妨げるブルガーを密告することなどせず、かばい続け、「生きろ」というメッセージを送り続ける。
家族を奪われ、同胞を次々に失っていく過酷な状況の中で、生きるに値しないような絶望的な状況の中で、人は、なお、「生きようとする」ことを貫き通せるだろうか。

ブルガーの妨害もあり、ドル紙幣の偽造の完成は大幅に遅れ、殺されそうな状況直前にソロヴィッチが完成にこぎつける。しかし、時期が大戦末期であっため、偽ドル紙幣の大量製造を前にドイツの敗戦。

ソロヴィッチ達は解放される。

むなしい気持ちを抱えたまま、この後もソロヴィッチは多くを語らず、生き続けていったのだろう。


『ヒトラーの贋札』  
2007年のドイツ・オーストリア共同制作による映画。
第80回アカデミー賞の外国語映画賞を受賞。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR