『J.エドガー』

2017年5月、トランプ大統領がコミーFBI長官を解任した。
アメリカ大統領はFBI長官をクビにできる、ということをあらためて認識した。
この2者の力関係やFBIという組織について知りたくなり、そこで見たのが、『J.エドガー』。
2011年のクリント・イーストウッド監督作品
主役のJ.エドガー・フーヴァーにレオナルド・ディカプリオ
オススメ度は、面白い映画を見たいという人には★★☆☆☆だが、FBIについて知りたいという人には★★★★☆くらいかな。
老齢のJ.エドガーが回想している場面と若いころ様々な事件に取り組んでいたころの場面の切り替えがわかりにくかったのと、映像の色調が単調と感じたので、やや厳しめな評価にしましたが、FBIがどのようにしてできたのかがよくわかる作品です。

***   ***   ***   ***

J.エドガー・フーヴァーは、1924~1935年の間、捜査局長官をつとめ、その後、1935年~1972年までの間、初代FBI長官を務めた。
FBIという組織はこの人によって作り上げられたのだ。
捜査局長官に就任当時のクーリッジから数えると、次のフーヴァー、組織がFBIと改称されてからの、フランクリン・ローズヴェルト、トルーマン、アイゼンハウアー、ケネディ、ジョンソン、ニクソンと8人の大統領に仕えている。
この間48年間。(いくらなんでも長すぎる。)

アメリカではもともと地方自治体の警察が強かった。開拓時代の西部劇に出てくる保安官は郡に所属している。(ちなみに、映画『ダイ・ハード』で活躍するマクレーンは、ニューヨーク市警の刑事です。)
当然、複数の州にまたがる広域事件や、連邦政府の汚職事件、あるいは、テロ、スパイなどに対する国家レベルでの安全保障に関わる事件を担当する組織が必要となり、J.エドガーによって、権限が強化されていったのがFBIなのである。

ストーリーは、司法長官自宅の爆破事件、リンドバーグ愛児誘拐事件を契機に、J.エドガーが捜査の方法を改善し、効率化し、FBIの権限を強めていく課程が描かれている。今では当たり前と思われている指紋などの個人データのファイルの作成や科学捜査の導入などもこの人が確立した。1920年代は犯行現場の保存さえ十分ではなく、現場に到着した捜査官に踏み荒らされていたようだ。
また、誘拐事件は発生から24時間経過すると、広域事件として自治体警察からFBIに捜査の権限が移ることになった。

州警察レベルでは対応できないことが出てくるのは当然なので、FBIのような組織は必要だ。
ただ、注目したいのは、連邦政府に関わる事件との関係だ。
捜査の権限を持っているから、大統領の周辺のことを調べることができる。
J.エドガーは、フランクリン・ローズヴェルト夫人と共産主義者との関係や、ケネディ大統領のセックス・スキャンダルを握っていたようだ。

また、この作品の終盤では、キング牧師の不倫の証拠テープを送りつけて、ノーベル平和賞を辞退させようとした ことも描かれている。(キング牧師はこれに屈しなかったが。)
こうなってくると、脅しだなと思う。

***   ***  ***
警察とは、正義を守るための組織であるけれども、政治権力との関係は、切り札の使い方でどちらが強いかは紙一重だ。
フーヴァーが長くFBI長官の座にいすわることができたのは、大統領にとって公表されたくない情報を握っていた からであろうと推測がつく。
トランプ大統領がコニー長官を解任したのは、もうこれ以上ロシアとの関係をほじくりかえしてほしくないから、クビにして、捜査権を失わせたかったからかもしれないと思う。
ウォーターゲート事件のように明らかに大統領の側がまずいことをしている場合には、大統領の方が辞任に追い込まれることになってしまうのだ。

FBI長官と国家権力の頂点にいる大統領。
圧倒的に強い権力を持つのは大統領であるけれど、フーヴァーは、脅しも使っただろうし、大統領は、彼のことをうっかりクビにはできなかった。だから48年もの長きにわたって、捜査局及びFBI長官でいられたのだろう。
(現在は、FBI長官の任期は最長で10年。)
***   ***   ***   ***

追記:話はFBIからそれるけれど、地位に居続ける者は秘密を保持し、地位を失った者は、立場も責任もないから、本当のことを暴露する、ということは言えると思う。
今、ニュースで話題になっている加計学園の問題も、前文部科学事務次官の前川さんは、いまは地位も何もないのだから、失うものは何もないと開き直って、本当のことを話すだろう。その認可の過程に「総理のご意向」があったのかなかったのは、言い換えれば、国家権力の圧力があったのかどうかということであり、民主主義の根幹にかかわる問題である。国会での証人喚問が実現するのかしないのか、目が離せない状況になっている。(2017.5..30)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR