『私の中でのディカプリオ作品ベスト10』

Tさんは20代前半の映画が大好きな女性。
彼女が目をキラキラと輝かせて、「ディカプリオが好きなんです~。」と語り始めると、こちらもワクワクしてきて、ディカプリオ作品が見たくなってくる。
彼女に影響されて、この数週間、ディカプリオ作品をいくつか見た。
詐欺師、口八丁の株式仲買人、ペテン師、大金持ち、貧しい画家志望の青年、FBI長官、開拓期の野性味あふれる毛皮ハンター etc. なんでもできる役者だ。
さらに、潜入捜査を命じられた悲劇の警察官、心を病んだ妻に寄り添おうと苦しむ夫・・・。
あらためてじっくり見て、ディカプリオの役者としてのうまさがだんだんわかってきた。

そこで。私なりのディカプリオ作品のランキングを勝手に作ってみた。

1.ブラッド=ダイヤモンド
ダイヤモンドの産地シエラレオネを舞台としたストーリー。内戦下での人々の悲惨な生活、少年兵のこと、紛争地域のダイヤが武器購入の財源となっていること、こうした問題をきちんと描いている社会派作品だ。ストーリーの展開も、凶暴なURF(反政府組織)の襲撃をくぐり抜けながら隠したダイヤを取りに行くというスリリングなもの。
この作品については、以前、書いたことがあるので、こちらもお読みになっていただけると嬉しいです。
http://haginori55.jp/blog-entry-44.html

2.キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
2002年の作品。監督:スティーヴン・スピルバーグ。
ディカプリオ作品の中では数少ない「見終わった後さわやかな気分になれる」作品。
実在の人物である天才詐欺師フランク・アバグネイル・Jr.の原作をもとにつくられた。
それにしても、アバグネイルがよりによってパイロットや医者という高度な知識・技術を必要とする専門識の人に成りすますのがすごい。(もちろん、飛行機を操縦するわけでも、医療行為をするわけでもありません。) 人はパイロットの制服や医師の着る白衣に案外弱く、服装だけで信用してしまうのかもしれないと思った。が、それだけでは詐欺は不可能。それが可能だったのは、彼の知識の豊富さ、頭の良さがあってこそ。しかし、やっぱり思う。これだけの頭脳を持っているのだったら、人をだますことではなく、世の中の役に立つことに使わなくてはね。
一方、アバグネイルを追いかけるFBI捜査官にはトム・ハンクス。アバグネイルに騙されてしまう彼は、間が抜けていると言いたくなるほどだが、最後まで徹底していい人。ここでもトム・ハンクスの人間的な味がにじみ出ている。
このストーリー、大好きです。

3.ウルフ・オブ・ウォール・ストリート
口八丁の株式仲買人。優良株でないことを知りながら、さも値上がりして儲かりそうなことを言って、富裕層に株を買わせて大儲け。儲けたお金でやりたいことをし放題。痛快であり、A級娯楽作品と言えるかな。以前、ブログに書いた作品です。
http://haginori55.jp/blog-entry-38.html

4.ディパーテッド
この作品はトニー・レオン主演の香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク版。日本でのリメイク版は西島秀俊と香川照之の『ダブルフェイス』。で、どうしてもこの3つ作品を比較してしまう。(実は私はオリジナル版の『インファナル・アフェア』が一番好きなのだが。)この作品もディカプリオとマット・デイモンの競演でなかなか素敵。
マット・デイモン好きの私が、この作品ではディカプリオに肩入れしてみてしまった。(なんと単純!)

5.タイタニック
1997年の作品・監督:ジェームズ・キャメロン
恋愛ドラマの傑作であり、ディカプリオの代表作と言えば、この作品が№1になるのだろう。この作品は、公開中の20年前、ワクワクしながら劇場の大画面で見た。
恋愛とは「狂気の沙汰」なのだと思う。ローズの婚約者キャルが、嫉妬に駆られて、ジャックを銃で追い掛け回すけれど、沈もうとしている船の中で追いかけっこをしても意味がないでしょう、と思ってしまう。さらに、ローズがいったん救命用のボートに乗れたのに、ジャックを探しにまた船にもどってしまったのも、なんてもったいないことをと思ってしまう。タイタニックが沈没するとき、救命用のボートが足りず、船に取り残された人は多かったのだ。
そして、いつの世も格差社会。出航直前にようやく船のチケットを手に入れることができた貧しい青年ジャックは、もちろん3等客室の乗客。ローズは上流階級の人たちが乗る1等客室の乗客。等級で乗船中の滞在エリアは区切られており、1等客室のエリアはパーティー会場など実に豪華。避難の際も1等船室の乗客が優先されたとか。
(二人の階層が違うことが、恋愛ドラマをより盛り上げる要素なのだろうけれど、貧富の差という社会問題として見てしまおうとするところが、私の恋愛ドラマを観賞する能力の低さです。)
沈没する船の中で、最後まで演奏を続けた楽団の人たちは感動的だった。
そして、ジャックが海底に沈んでいくシーンはやっぱり悲しい。

6.リボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
2008年のイギリス・アメリカ映画。『タイタニック』から10年、ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演。しかし、『タイタニック』のようなロマンチックな恋愛ドラマを期待してみてはいけない。この作品はひたすら夫婦の問題を描いたもの。決して後味のいい作品とは言えない。見終わった後、いろいろ考えさせられてしまう。
人もうらやむような郊外の庭付きの一軒家に住んでいても、心が満たされていなければ、幸福感は得られない。隣の夫婦との一見、親しくお付き合いしているような関係も実に微妙。エイプリルはそこでの生活に閉塞感を感じていた。夫のフランクにそれほど落ち度があったとも思わないけれど、エイプリルがすでに心を病んでいたことに気づかなければいけなかったのだと思う。いい家に住んで、子供にも恵まれていたら、夫にすればそれで何が不満なんだといいたくなるだろう。でも、だからこそ、気づいて欲しかったと思う。

7.レヴェナント/蘇えりし者
やっとディカプリオがアカデミー主演男優賞をとれた作品。クマに襲われたり、崖から転落したり、寒さの中での過酷なシーンばかりなので、よく頑張った!と称賛したい気持ちにはなる。ただ、見終わった後、これって結局、復讐劇かと思うと、少々むなしく感じてしまう。

8.華麗なるギャッツビー
これもディカプリオの代表作と言える。1920年代、「永遠の繁栄」と言われたアメリカ様子がよくわかる。金持ちの豪華なパーティー、自動車がみんなの乗り物になっていくところなど、時代背景がよく描かれている。ただ、私はどうしてもデイジーという女が好きになれない。こんな女のために・・・。ギャッツビーも馬鹿だな・・。

9.シャッター・アイランド
精神障害犯罪者だけを収容する孤島。そこに捜査に乗り込んだ連邦保安官。何やらミステリアス。この島で何が行われているのか?ワクワク、ドキドキしながら異様な雰囲気の島のようすに引き込まれていき、ストーリーの展開も意外性があって面白い。
それにしても。もしこれが現実だとしたら本当に怖い。精神障害犯罪者に対するマインドコントロールやロボトニー手術がどこかで行われているのとしたら・・・。

10.J.エドガー
2011年。監督:クリント・イーストウッド
1924年~1972年までの間、捜査局長官・FBI長官を務めたJ.エドガー・フーヴァーを描いた作品。FBIという組織がどのような過程で権限の強い組織に発展してきたのがわかる。
http://haginori55.jp/blog-entry-77.html

以上、10作品をあげてみました。

このほか、『インセプション』もいいと思います。SFスリラー作品で、人の夢に侵入してアイデアを奪うのではなく、人の夢に侵入してアイデアを植えつける(インセプション)というもの。夢の第1階層、第2階層、第3階層など、設定がややこしくて、私は細部まで理解できたとは言えませんが、はまってしまって、何度も見る方もいるようです。
『アビエーター』も飛行機を操縦しているところがかっこいいし、ふわーっと見ていれば楽しいと思います。

繰り返しになりますが、レオナルド・ディカプリオ、すごい俳優だと思いました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR