『父親たちの星条旗』

この作品は、太平洋戦争における最大の戦闘とされる硫黄島の戦いを、アメリカ側の視点で描いたもの。日米双方の視点からこの戦いを描くという「硫黄島プロジェクト」のうちのアメリカ側の視点で描いたのがこの作品で、日本側からの視点から描いたものが『硫黄島からの手紙』。
片方の側からの立場で見てしまいがちな戦争というものを、双方の視点から見つめるという考え方に気づかされることが多いし、どちらの作品もクリント=イーストウッド監督の手腕が光っている。


硫黄島の戦いについては日本側の視点からしか考えたことはなかった。
どうしても、島に押し寄せる圧倒的な数のアメリカ軍の軍艦や上空を滑空する戦闘機・爆撃機の映像が頭に浮かんでしまい、「軍事力で勝るアメリカ軍に対して、勝てるわけのない兵力で全滅となるまで島を守り抜こうとした日本軍」、というとらえ方をしてきていた。
今まで私の中で、この戦いに勝利したアメリカ軍側のダメージについてあまり考えたことはなかったように思う。
しかし、戦争なのである。日本軍・アメリカ軍双方に相当数の死傷者が出たのは当然なことだ。
この作品で気づかされるのは、負けた側はもちろん、勝った側も大きな痛手を負っているということだ。そして、生き残って祖国に帰還できた兵士でさえも心に深い傷を負っていたということに思いをはせることができた。


父親たちの星条旗

この作品は、硫黄島の激しい戦闘のなかで、摺鉢山を攻略したアメリカ軍の兵士たちが、山頂に星条旗を掲げた写真をめぐるストーリーである。
象徴的な写真だ。
この写真により、硫黄島の戦いでアメリカ軍が勝利したことをだれもが確信する。
しかし、旗が掲げられた後も、全島を制圧するまで戦闘は続き、その間に戦死したものは多く、写真に写っている6人のうち生き残ったのは3人だけだった。

生きて祖国に帰還できた3人は、星条旗を掲げた英雄として扱われる。

戦場の実態というものは想像を絶するほど残酷なもので、それは仕方のないことではあるけれど、戦場に身を置いたことのない者にはわからない。
兵士を送りだし、祖国に残ったものは、ひたすら戦勝を祈り、帰還した兵士を英雄として称賛してしまう。

しかし、彼らは英雄扱いなどされたくはなかった。
彼らは自分たちのことを英雄とは思っていなかった。
自分たちは旗を掲げただけだ、そしてその写真に写ってしまっただけだ、という思いがあった。

さらに、広く知れわたってしまった写真は、最初に山を制圧した時に掲げたのものではなく、スペアの星条旗を掲げなおした時のものでだった。写真に写っている6人が誰だったのかについても、死んでしまった者もいるので、混乱のなかですり替えがおきてしまい、正確ではなくなっていた。
しかし、彼らへの称賛の方がどんどん膨らんでいってしまい、こうした「事実とは異なる部分」はうやむやとなってしまう。
それは彼らの気持ちのなかにしっくりこないものとして残り、彼らの心を傷つけていく。

3人のうち、アイラは、英雄扱いをされることには耐えられなかった。
深く傷ついた彼は、戦後、幸福な人生を送ることはできなかった。

ドクとレイニーは自分の立場をわきまえ、イベントやパーティーやスピーチに駆り出されることを拒否しなかったが、もてはやされてもヒーロー気取りになることなどはなかった。家族にも戦場でのことは多くを語らなかった。
戦場での悲惨な経験のすべてを胸の奥にしまって静かに戦後を生きた。
(たたし、彼らは、死んでいった仲間の父親や母親を訪ねて、最後の様子を伝えることはした。息子を失い悲しみの中にいる父親や母親に、戦場での写真もなく、栄光とは無縁に死んでいった彼らの息子が立派な男だったということを伝えるために。)



前半の激しい戦闘シーン、帰還後、英雄扱いに戸惑う元兵士たち、騒ぎが収まった後の彼らのその後の人生。
『硫黄島からの手紙』が硫黄島の戦いで終わっているのに対して、この作品は長いスパンで兵士たちのその後までを描いているところがいい。



『父親たちの星条旗』
2006年公開のアメリカ映画。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR