『硫黄島からの手紙』

硫黄島とは東京都区部からおよそ1200kmに位置する8km×4kmほどの島である。
土壌は火山灰。飲料水などは塩辛い井戸水か雨水に頼るしかないという。

作品の始まりの部分で、海岸で塹壕掘りを命じられていた一等兵の西郷(二宮和也)が、
「こんな島、アメ公にやっちまえばいいんだよ!
何も生えねえし、くせーし(臭い)、あちーし(暑い)、虫だらけだよ。おまけに水がねえ。」とぼやいたのが、上官に見つかってしまい、こっぴどくぶたれるシーンがある。

島を見た限りでは、西郷がそう思うのが当然だろう。

ではなぜ、このような劣悪な環境の島で、太平洋戦争における最大の激戦とされる硫黄島の戦いが展開したのか。
それは、この島が当時の飛行機で日本本土との往復が可能な距離に位置していたこと、飛行場となる平坦な土地があったことに由来する。

すでに1944年夏、マリアナ諸島を攻略したアメリカは、ここから日本本土への空襲を開始していたが、日本は硫黄島においていた防空監視所からの報告にもとづいて、戦闘機をB29の迎撃に向かわせていた。つまり硫黄島は、アメリカの日本本土空襲を防衛するための拠点だったのである。
アメリカとしては、この日本の防空システムを破壊したい。さらに、この島を手中にすれば、東京空襲が可能になる。
逆にいうと、日本としては、東京空襲を避けるためには硫黄島を死守しなければならなかったのである

ここに太平洋戦争末期の硫黄島をめぐる日米の死闘が展開することになる。


この作品では日本軍側の人物、特に主人公の栗林忠道中将(渡辺謙)を、非常にわかりやすく丁寧に描いている。
新たに硫黄島に指揮官として着任した栗林忠道中将。彼はアメリカ留学の経験もあり、従来の日本軍の指揮官とは違う発想をする人物だった。少ない兵力だからこそ、兵士に休息を与え、大切に扱う必要があるという考え方をする。精神力だけを強調し、従わないものは暴力をもってでも従属させるという、旧来の軍隊にありがちな行為はしない。

それにしても。
栗林の置かれた状況はあまりにも悲惨だった。
勝てるはずのない戦況の中で、重要拠点の死守を任ぜられる。
しかも、すでに末期症状に陥っていた日本軍の内部では、意見の対立が生じていて、栗林の考え方に否定的なものさえ出てきている。

たとえば。
陸軍と海軍の連携がとれていなかった。
伊藤海軍大尉(中村獅童)や大杉海軍少将は栗林の着任時から、栗林のことを良く思ってはいず、「海軍の軍規では敵上陸まで」ということにこだわったりしている。
これに対して、栗林は「これは本物のいくさなんですよ。わかっていますね。」と諭している。栗林の言うとおり、この状況下で海軍だ、陸軍だ、とこだわっている場合ではない。
連携できなくては作戦のたてようもないだろうと思う。

また、当初から硫黄島で任務していた中堅幹部の多くは、アメリカ軍の上陸直後を水際でたたく、そしてそれがだめなら、「軍人らしい潔い死に様を」、と考えていた。
しかし、栗林は持久戦を主張する。海岸からさがった地点からの穴からの攻撃により、敵にダメージをじわじわと与え、一日でも長く、硫黄島を持ちこたえたいという栗林の思いである

「我々の子供たちが一日でも長く暮らせるなら、我々がこの島を守る一日には意味があるんです。」
栗林が「一日でも長く」という言葉を使っているところが悲壮だ。
勝てる、守りきれる、とは思っていないのだ。

結局。
硫黄島の戦いはアメリカ軍の圧倒的兵力を前に5日で終わるだろうといわれていたが、36日間にも及ぶ激戦となった。
この島の陥落後、東京空襲が本格的に始まる。


硫黄島の戦いにおける栗林中将の置かれた状況は、どうにもよい方には展開しようのない状況だったと思う。
西竹一(伊原剛志)の「最も賢明な策は、この島を海の底に沈めてしまうことだと思います。」という言葉は正しい。
それができるなら、どんなにいいだろう。この島をアメリカに奪われてしまわなくて済むのだから。
そんな状況下で最後まで最善を尽くそうとした栗林中将は、軍人として、人間として立派だったと思う。
そしてそんな彼は、家族を心配し、手紙を書き続けた一人の家庭人でもあった。
そこまでを描いているクリント・イーストウッド監督のこのアメリカ映画、秀作だと思います。


************************************************
作品とはそれたひとり言。
戦後70年以上たってしまった現在からすると、もっと早く降伏してしまえばよかったのに、そうすれば、もっと少ない犠牲で済んだのに、という思いが頭をよぎる。
しかし、それができない状況だったというのも、戦争まっただ中の当時の様子を見ればわかる。
特に、制空権にかかわる重要拠点、硫黄島においては。

第一次世界大戦末期のドイツでは、キール軍港の水兵の反乱から革命がおき、第一次世界大戦は終戦となった。水兵たちが、負けが見えている戦況のなかで、戦地に派遣されるのはイヤダということで始まった反乱だった。
同じようなことは日本ではありえない。
日本には「一億総玉砕」という言葉があった。
戦争に協力的でない者を「非国民」と呼んだ。
降伏すれば戦争が終わる、などというを口に出して言うことはできない時代だった。

戦争がいったん始まってしまうと、それに向かって大きな動きが働いてしまい、小さな抵抗ごときでは、流れを変えることは絶対にできない。
だから、平和な現在の日本においても、「もし、戦争が始まったらどういうことになるか。」ということを、想像力をめぐらせて、考えておかなければならないと思う。
映画を見終わった後、そんなことも考えた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR