FC2ブログ

『かもめ食堂』

刺激を求めて映画を見たい方にはお薦めしませんが、ちょっとした時間をほっこりとした気分で過ごしたい方にはお薦めできる1時間42分の作品。

舞台はフィンランドの首都ヘルシンキ。そこでサチエ(小林聡美)は「かもめ食堂」という“おにぎり”や“焼きサケ”など、日本食をメインにした食堂を始める。客はまったく来ない。それでも、コップを磨き、店内のテーブルを拭きながら、来店者を待つ。
ひょんなことから、ミドリ(片桐はいり)と知り合い、ミドリはサチエの家に転がり込み店を手伝うことになる。さらに、20年にわたる両親の介護から解放され、外国旅行をしようとフィンランドを選んでやってきたマサコ(もたいまさこ)も、この店を手伝うことになる。

個性的で味のある女優陣がいい。
かもめ食堂に初めて入店したトンミ・ヒルトネンというという日本かぶれの青年に「お客様第1号だからコーヒー代は永遠にただ」にしてしまうサチエの気前の良さも気持ちがいい。でも、このお店、本当にやっていけるのだろうかと心配になってしまうが。

おいしいコーヒーや新たにメニューに加えたシナモンロールが好評で、はじめは好奇の目で店をのぞいていたフィンランド人のオバサンたちも来店してくれるようになり、客は徐々に増え、ついに満席になる日を迎える。

人間が生きていくうえで「食べること」とは大切なことなのだとあらためて感じさせられた。
サチエは来てくれたお客様を歓待し、ただひたすら、おいしいものを食べてもらおうとする。
きっと儲けなんて度外視で、つぶれない程度にお店が営業できればよいのだろう。

結局、なぜサチエがフィンランドに住むことになったのか、その辺の事情はまったく明かされない。ミドリがフィンランドを選んだ理由は、目をつぶって地図上のどこかを指さしたらそこがフィンランドだったからということではあるが、そこにいたるまでのミドリの過去については何も触れられていない。マサコについては、両親の介護に20年しばられてやっと足かせが外れたから、という事情があり、リセットのための外国旅行なのだろうと推測できるが、フィンランドを選んだ理由が、「エアギター選手権を行うようなおおらかな国民性に魅かれて」というのも根拠薄弱なような気はする。

特にサチエの過去に全く触れていないところが、見終わった直後、何か物足りない気がしてしまった。(最後にきっと明かされるのだろうな、と、勝手に思ってみてしまっていたので。)

が、しばらく時間をおいてあと、気持ちが変わっていた。
お風呂に入りながら、ゆっくりとこの作品について考えてみたら、「それでいいのだ!」という思いがわいてきたのだ。
過去なんて、どうだっていいのだ!
人は、誰だって、悲しい思い、辛い思いを抱えて、それを乗り越えながら生きているのだ。
それを吐き出したければ吐き出せばいいけれど、いちいち会う人会う人にそんなこと説明していられない。
お店に来てくれたお客さんを「いらっしゃい!」と明るく招き入れ、おいしいものを食べてもらって、幸せな気持ちになってもらう。それがサチエにとっての喜びであり、幸せなのだ。

なぜフィンランドに住んでいるのか。なぜ日本を離れたのか。
フィンランドの人はそんなことをサチエに問うたりしないだろう。
日本にいたら、根ほり葉ほり、どこの出身で、いままで何の仕事をしていたのか、家族は?子供は?と、聞かれてしまうだろう。
そんな煩わしさがないのも、それがまた外国暮らしのいいところかもしれない。

誰かのために、おいしいもの心をこめて作ること、そしてそれができること。
それって、人が生きていくうえでとても大切なことで、大きな喜びとなるのだな、ということをあらためて感じた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR