FC2ブログ

『暗幕のゲルニカ』   原田マハ著  新潮社

原田マハが大好きという友人のY子さんから「おもしろいよ。」と、この本を薦めてもらった。
本当に面白かった。やはり、口コミは頼りになる。
書店に行っても、図書館に行っても、本の数が膨大過ぎて何を選んだらよいのか途方にくれる私にとって、こうした情報はありがたい。(今回はアマゾンで購入しました。)

この作品はスペイン内戦から第二次世界大戦にかけての、ピカソとその恋人を取り巻く20世紀のストーリーと、ニューヨーク近代美術館のキュレーター瑤子を中心にした21世紀のストーリーが交錯しながら展開していく。
20世紀の部分は登場する人物のほぼすべてが実在の人物で、史実をからませて書かれている。
21世紀の部分はフィクション。

「ゲルニカ」はスペイン内戦を兵器の実験場として利用したヒトラーがスペイン北部の都市ゲルニカに無差別爆撃を行ったことに対して、怒りをこめてピカソが描いた絵である。1937年、パリ万博のスペイン館に展示され、その後ファシストの手に落ちて破壊されることがないようにと、1939年からニューヨーク近代美術館に寄託され、フランコが没して民主化が復活した1981年にスペインに返還された。

「ゲルニカ」は反戦・反抗のシンボルなのだ。
21世紀の部分の主人公である瑤子は、この絵画を反戦の絵画として展示を企画する。この部分はまるでフィクションなのだが、ストーリーの展開が激動で、引き込まれてしまう。

それにしても、と思う。
スペイン内戦から第二次世界大戦にかけて歴史上に登場した人物は、ドイツのヒトラー、ソ連のスターリン、そしてスペインのフランコ。
スペイン内戦に勝利したフランコは、内戦で疲弊したスペインは大戦に参加しえないとして中立をとったので、スペインはフランコの死ぬ1975年までフランコの独裁となる。この間、カタロニア人やバスク人などの少数民族がどれだけの弾圧にあったのかと思う。
ヒトラーに関しては虐殺されたユダヤ人の数は600万人とも700万人とも言われているし、スターリンのもとで反体制派として処刑された人は100万人、収容所で死亡した人200万人と言われている。
もう最悪である。

独裁者の出現は怖い。権力を握った者は、自分の権力を維持するためなら、反体制勢力を殺す。戦争を始めることもできる。怖すぎる。

歴史は繰り返す、という言葉があるけれど、少なくとも、第二次世界大戦という歴史上最悪の経験をした人類が二度と過ちの道に進まないようにと思う。

プーチンや習近平が長期政権を可能にする体制をつくっていくことに疑問を持つけれど、戦争だけは起こさないようにしてくれよと思う。もちろん、2期は持たないだろうと思われるトランプにしても。

いつもの癖で、ネタバレをしないようにと文を書き始めたら、『暗幕のゲルニカ』から話がそれてしまったが、「ゲルニカ」の描かれた背景や、現代社会に訴える意味などにも思いをはせながら読んでみることができたように思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR