FC2ブログ

『ハドソン川の奇跡』

ハドソン川の奇跡

2016年製作のアメリカ映画
監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス

2009年におこった、USエアウェイズ1549便不時着水事故。
“ハドソン川の奇跡”と呼ばれ、乗客・乗員に一人の犠牲者を出すことなく生還した。

どうせ飛行機事故の再現ドラマでしょ、と言ってしまったらそれまで。
バードストライク(鳥衝突)によって全エンジン停止という事態に見舞われた飛行機が、極限時における機長の冷静な判断によってハドソン川に無事、不時着水するというストリーなのだけれど、この事故のことを報道によりすでに展開も結末も知っていても、96分のこの作品を、映画の世界に入り込んで、飽きることなく、じっくり見ることができます。

なんといっても、サレンバーガー機長(サリー)が素晴らしい。
やはり、この役をやるのはトム・ハンクスしかいないなと思う。
(アポロ13号のラヴェル船長だし、キャプテン・フィリップスだし。)

さらに。
この作品をみて、私が予想外に感動してしまったのは、救助に向かう人々の姿だった。
事故を知って、すぐさま現場に駆け付けるNY沿岸警備隊。
たまたま、ハドソン川に居合わせたフェリーの乗組員たち。
みんな、飛行機から脱出した乗客を救うために、全力で事故機のもとに向かう。

NYの人々の善意、人の命を助けたいという人間の本性、何かすべての良い面がここに集結したようで、見ていて気持ちがよかった。
ハドソン川に不時着水した1549便

Wikiで調べて分かったこと。
クリント=イーストウッド監督は、この作品の撮影のため、本物のエアバスを購入し、救助隊、警察官、ニュースキャスター、救助に携わった当時の関係者を本人役で多数出演させたそうだ。ラストの実際の映像を見たときに、作品に出演していた人にそっくりなので、良くこんな似た人を探してくるものだと思っていたのだが、本物を起用したのだとわかって納得。
それでこの作品のリアルさが増した。
全員生還という奇跡のような結果でなければ、関係者に出演依頼しても断られたと思うけれど、出演をOKした人たちは、きっと救助にかかわれたことを誇りに思っていることと思う。

もう一つ。
作品では、事故調査委員会が、本当に機長の判断が正しかったのかということを厳しく取り調べるのだが、実際は、事故調査委員会の取り調べは型通りで、機長ら乗務員は直後から称賛され、英雄視されたという。
この作品では、事故調査委員会が、近くの空港に緊急着陸したほうが安全な選択だったのではないか、ハドソン川に不時着水という判断は乗客を危険にさらしたことになるのではないかと執拗に追及する。
しかし、シミュレーションの結果、近くの空港への緊急着陸は不可能であり、その選択をした場合、市街地に墜落する大惨事になりえたことも分かった。
作品上、事故調査委員会の意地悪なような取り調べを持ってくることで、「ハドソン川に不時着水するしかないという機長の判断は正しかったのだ。」ということが完全に証明されたわけだ。


見終わった後、「よかった。」と思える作品です。
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR