映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

スコットランドの住民投票を終えて   

スコットランドの独立をめぐる住民投票が行われた。結果は「NO」。スコットランドは連合王国に留まることが決まった。この結果に落胆したのはスコットランドの独立賛成派だけで、多くの人は胸をなでおろしたのではないだろうか。(特に金融市場に関係のある人。)私の周りでも、「そもそもなんで独立?」「なんのメリットがあるの?」という人が多かった。スコットランドが独立してしまった場合、北海油田からの税収入を失うイギ...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

『インビクタス/負けざる者』 大統領になってからのマンデラ

前回のブログを「次回はインビクタスについて書きます。つづく」で終わらせた。これは、ブログをやっている人から教えてもらった入れ知恵で、「つづく」で終わらせて読者を引っ張るという手法だ。日記ブログも「ではまた明日。」で終わると、翌日も書かなくてはという気持ちが働いて、継続するのだそうだ。(私は日記ブログをやるつもりはないが。)真似してやってみた。誰も期待なんかしていないし、私が勝手に書いているだけなの...
記事の続きを読む
0 コメント

夫の南アフリカ旅行

8月上旬、夫が南アフリカに行ってきた。一橋大学の米倉教授主催の「南アフリカ最新事情視察」というツアーへの参加だ。夫は今年6月で、長年勤めた会社を定年退職した。再就職先の勤務が開始になるまでの期間とこのツアーの日程がうまく合った。彼にとっては就職して以来、初めての長期休暇(というか無職期間)。人生の再出発にあたって、リセットのための旅だった。そして、ネルソン=マンデラの足跡をたどるこの旅は、彼の心の在...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』