映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 額に汗しない稼ぎ方

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』2013年のアメリカ映画。主人公のジョーダン=ベルフォートにレオナルド=ディカプリオ。世の中の男たちがやりたいなと思っているようなことって、こんなことかな。自分の会社を建てる。大儲けする。金持ちになる。豪邸を建てる。クルーザーを持つ。フェラーリを乗り回す。ついでに自家用ジェット機も。・・・。だれしも、やってみたいと頭に描くようなことだ。裸の美女をはべらせての淫乱パーテ...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

『アメリカン・ビューティー』

『アメリカンビューティー』1999年のアメリカ映画。現代アメリカ社会の病みをテーマにした作品で、ごく平凡な一般家庭が崩壊する様子を描いている。アカデミー作品賞を受賞。冒頭。「今年42歳で、一年たたないうちに僕は死ぬ。」という主人公のナレーションから始まる。(この主人公、だれかに殺されるのだな。娘にか? 妻にか?  と、まず思う。)導入部は、この家庭の出勤前の朝の様子。整った街路樹を持つ美しい街並み。芝生...
記事の続きを読む
0 コメント

『ビューティフル・マインド』

2015年5月23日、ノーベル経済学賞受賞者で、映画『ビューティフル・マインド』の主人公であるジョン=ナッシュ氏(86)夫妻が交通事故で死亡した。このニュースを聞いてから、この映画のことがずっと気になっていたのだが、ようやくwowowで放映したものを録画して見ることができた。『ビューティフル・マインド』 2001年のアメリカ映画。アカデミー賞では、作品賞、監督賞、助演女優賞、脚色賞を受賞。主人公のナッシュ博士にラッ...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』