『アラバマ物語』

アラバマ物語
1962年のアメリカ映画。
半世紀以上も昔の白黒作品。
出演:
グレゴリー・ペック(アティカス・フィンチ)
1930年代のアメリカ南部アラバマ州の田舎町に暮らす家族のお話。

これも、「アメリカの黒人差別を理解するうえで見るべき映画」のリストに挙げられていた。
そして、なんと、著作権標記欠落により、現在パブリックドメイン(知的財産権が発生していない状態)となっているため、Amazonプライムで無料で見ることができた。
ありがたい。

1962年末に公開されると大ヒットとなった作品で、1930年当時のアメリカ南部の多くの人々の差別感情がどんなものであったのかを知ることができる。
大ヒットとなった背景には、公開当時がまさに公民権運動が盛り上がっていた時期であったため、アラバマ州の田舎町という差別感情がはなはだしい地域のなかで、「黒人の弁護」を請け負った弁護士アティカス・フィンチの姿はヒーローとして支持されたのだろう。

“ヒーロー”という言葉を使ったのは、2003年度の『アメリカ映画のヒーローと悪役ベスト10』でヒーロー部門堂々の1位がアティカス・フィンチだったという情報を知ったのからである。
この作品は、地味な法廷ものであり、妻を亡くして、子供2人を育てる父親像を描いた家族愛ものである。
悪をバッタバッタとなぎ倒すような派手なアクション映画ではないこの作品の主人公アティカス・フィンチが1位に選ばれたということは、演じたグレゴリー・ペックの素敵さによるところが大きいと思うが、正しいことを貫こうとする“正義感”が、人々の持つ価値観のなかで重要になってきたからではないかと思う。

作品の中での、フィンチが弁護を引き受けた「黒人青年による白人女性強姦事件」の裁判はひどいものだった。
「13th」という映画の中に、「アメリカで司法機関が黒人の味方だったことは一瞬たりともなかった。」という言葉があったけれど、まさにそうだなと思った。
フィンチがどんなに、被告人の黒人青年の無実を証明しようとしても、(例えば、相手女性の殴られた跡からは、暴行した相手が左利きと推測されるが、被告人の黒人は左腕が不自由だったこと、など。)陪審員が全員白人であったなら、有罪の評決しか下されないのは当たり前のことだ。
もしかしたら、黒人青年側に全く非がない、と思った陪審員もいたかもしれない。しかし、被告人が黒人だったなら、その場にいたというだけで、事件にかかわってしまったというだけで有罪にされてしまうということだ。
この時代の裁判というのは、無実の黒人を救済する可能性などなく、黒人を犯罪者として監獄に送り込むための儀式として行われているだけだったのだと思った。

この作品は、フィンチの娘のスカウトが過去を回想するという形式で描かれている。
スカウトにとって、少女時代を過ごしたアラバマの田舎町生活は、仲良しの兄のジェムや友達のディルたちと走り回って遊んだ楽しい思い出に満ちているだろう。
そんな日々のなかで、父親が請け負った裁判の様子は、彼女の眼にはどのように映っただろうか?
彼女にとって、自分の父親がとった態度は、誇れるものとして鮮明な記憶として残っただろう。
同時に、大人たちの反応を通して、大人社会の理不尽さを感じ取った彼女は、様々ことを考えながら、成長したはずだ。


***************
ところで。
アメリカの州の位置が結構、うろ覚えになっていたので、あらためて地図帳で確認してみた。
アメリカ南部は、ジョージア、アラバマ、ミシシッピと並んでいる。
それぞれ、ジムクロウ法と総称される人種差別の内容を含む州法を持っていた州で、特に黒人差別が激しかったところだ。
アラバマ州のモンゴメリーでは公民権法が盛り上がるきっかけとなったバス・ボイコット事件が起こっている。

歴史的な背景がある。
アメリカ南部はかつて奴隷制を認める奴隷州だった。
綿花栽培のプランテーションでは、炎天下での綿花の摘み取りという過酷な労働を、黒人奴隷に強いた。
南部の産業構造が黒人奴隷の労働力を必要としていた。
奴隷制が廃止されても、黒人差別は続いた。

産業構造、歴史的な背景。
個人的な偏見ならば、その人一代が終わればなくなる。
しかし、長い時間をかけて、社会全体が作り上げてしまった偏見は容易に消えない。

黒人に対する差別的な感情をもち、黒人に対して差別的な態度で接してきた大人のもとで育った子供は、それが当然のことと思って、そういう価値観を持った大人になる。

だから、そうではない価値観、差別はいけないことなのだという価値観を持った子供たちを育てればよいのだ。
BLM運動の盛り上がりは、それに参加している若い世代たちが中心になって、社会を変えていってくれると思う。
白人至上主義のオッサンの意識を変えていくというのは、容易なことではないけれど。
スポンサーサイト



『招かれざる客』

招かれざる客
1967年のアメリカ映画。分類としては ドラマ映画/コメディ。

自分の娘が結婚相手に黒人男性を連れてきたら、親はどんな反応をするのだろうか?
新聞社主で知的なリベラリストとして、普段から「人種差別反対」の立場をとっている父親が、いざ、自分の娘のこととなると、その立場を貫けるのかどうか。

ジョーイは、「肌の色で人を差別してはいけません。」という両親からの教育を受けて育った、天真爛漫で屈託のない、若くてかわいらしい白人女性。
そんなジョーイが黒人男性のジョンと恋に落ち、結婚を決断する。

自分の親は、相手が黒人だからという理由で結婚に反対するような人たちではない。」とハナから信じきっている。

結婚相手のジョンは世界的に有名なレベルの黒人医師
妻子を事故で失っている。
優秀で落ち着いていて、経歴・人格ともに文句の付け所はない。
自分が黒人であることで、結婚相手の両親がどのような反応を示すだろうかについても十分予測し、配慮するだけの大人らしさも持ち合わせている。

娘の幸せを願う優しい両親だが、娘が黒人男性を連れてきて、「結婚します」と言ってきたら、当然、戸惑うだろうなと思う。

しかも突然。
そして時間の余裕がなさすぎ。
突然サンフランシスコの実家にやってきて、その日の夜にはニューヨークに出発するという。
「このあとジュネーヴで会議があって、それからアフリカの医療に従事するから、今日しかなかったのよ。」  
全く悪気のないジョーイ。
親の立場からすると、根回しはしておいてくれと言いたくなる。
有無を言わせず、テンポよく事が進展していく様子がこの作品の面白さなのだろうけれど。

父親のマットがいい。
戸惑い、うろたえる。

ジョンの両親もロサンゼルスから駆け付ける。
あまりの急な話に、息子の相手がまさか白人女性だなどとはまるで考えもせずに。
空港に出迎えに来たジョーイを見て、これまた戸惑う。

登場人物がみんな優しくて、いい人たち。
どちらの両親も娘と息子の幸せを願っている。
しかし、そこに立ちはだかる「人種の違い」という壁。
ジョンは、人格も社会的地位も経済力もすべてを持ち合わせている素敵な男性で、二人は愛し合っている、という文句のつけようのない設定。
さて、双方の親の理解が得られるのかどうか。

***********

ジョンを演じたシドニー・ポワチエについて。
アメリカの黒人男優として初めてアカデミー主演男優賞を受賞した。(『野のユリ』1963年)
黒人男優の先駆者的存在。
が、一方で、黒人たちからのシドニー・ポワチエの評価には厳しいものがあるという。
「素直でおとなしく、礼儀正しい黒人という、あくまで白人が望む黒人像を演じた。」と。 

そうか、そういう言い方をされてしまうのか..。

ただ私は思うのです。
1960年代、黒人差別を批判し、反対闘争を指導したマルコムXやキング牧師は、世の中を大きく変えた。
しかし、そうしたストレートなやり方ではなく、白人社会の中に入り込んで、実力を認めさせていくというやり方もある、と思うのだ。
スポーツの世界でのカール・ルイスやマイケル・ジョーダン、音楽の世界でのオスカー・ピーターソンやマイルス・デヴィスの存在があったから、黒人が各分野で認められるようになり、活躍できるようになった。
シドニー・ポワチエも同じ。
100mを何秒で走れるかというわかりやすい世界ではなく、映画俳優というのは、出演した作品の役どころや、その作品の意図や、制作した側の(差別についての)意識も反映されてしまうので、突っ込みどころはいろいろ出てくると思うのだが、知的でかっこよくて演技がうまくて魅力的というのは否定できないだろう、と言いたい。
シドニー・ポワチエが映画界における黒人の存在を切り開いていったから、それに続くデンセル・ワシントンやモーガン・フリーマンのような名優が生まれたのだと思う。

********
キャサリン・ヘップバーン

ジョーイの母親を演じたがキャサリン・ヘップバーンと父親を演じたスペンサー・トレーシーについて。
この作品で2人ともアカデミー賞にノミネートされ、キャサリン・ヘップバーンは主演女優賞を獲得。スペンサー・トレーシーはこの作品の公開前に亡くなり、これが遺作となった。
この2人は、スペンサーが宗教上の理由で離婚できなかったため、正式な結婚をしていないが、20年以上もパートーナーして暮らしたという。
スペンサーの健康状態が悪化したときキャサリンは5年間の休養を取り、看病した。
ジョーイの両親役として素敵な2人だったが、実生活でも同様の関係だったというわけだ。
さらに、ジョーイを演じたのはキャサリン・ヘップバーンの実の姪。

以上、wikiで調べたことです。
 
*******

BLM運動が盛り上がっている現在、人々の意識から人種による差別・偏見をなくそうという動きが高まっている。
こうした流れの中で、※「アメリカの黒人差別を理解するうえで見るべき映画」のリストに上にこの作品が上がっていたので、Amazonプライムで、299円でレンタルして見ました。
※2020.6.17 の渡邊裕子さんの記事です。
https://www.businessinsider.jp/amp/post-214663

1960年代の作品が、検索して見つければ、即、鑑賞することができるような便利な世の中になったことに感謝です。

『ドリーム』

ドリーム

2016年 アメリカ映画。実話をもとにした作品

この作品は文句なく楽しいし、気分がよくなる。
NASAのラングレー研究所で働く黒人女性たちのお話。
当時のNASAという職場は、エリート意識をもった白人男性がほとんどで、女性に対する差別意識、黒人に対する差別意識を持った人たちばかり。
そんな職場環境の中で、理不尽な待遇にブチ切れそうになりながらも、それに負けず、並外れた数学の能力を武器に、NASAの宇宙開発になくてはならない存在になっていく黒人女性キャサリン、ドロシー、メアリーたちの活躍が最高!

時期は1961年。
ケネディ大統領が就任した年だ。
冷戦期の真っただ中。
宇宙開発競争においては、ソ連が一歩リードしていた
すでにソ連は1957年にスプートニク1号の打ち上げに成功している。
この作品の中でも、1961年4月、ソ連は初の有人人工衛星ヴォストーク1号の打ち上げに成功したニュースを見るNASAの人たちの場面がある。
これに対して、5月、ケネディが「1960年代のうちに、人間を月に送り、安全に地球に帰還させる。」という演説を行った。

宇宙開発競争が過熱する。
当然NASAにプレッシャーがかかる。
有人宇宙飛行計画のマーキュリー計画を成功させなければならない。

宇宙開発には膨大な計算が必要で、コンピューターの導入の以前はその気の遠くなるような大変な作業を人間がやっていた。
文字通りのcomputer、つまり計算手が宇宙開発事業を支えていたのだ。


しかし、計算手の仕事はまるで下請け。
西エリアの計算グループという部署で、黒人女性中心に膨大な計算の仕事を請け負っていた。
そこから宇宙特別開発本部(STG)という、エリートの白人男性ばかりの部署に抜擢された黒人女性のキャサリン。
しかし、STGには黒人女性が使用できるトイレはなく、いちいち800m離れた西エリアのトイレに走って往復しなければならなかった。
理不尽な待遇が続く中、キャサリンの仕事ぶりは上司のハリソン(ケビン・コスナー)も認めるようになり、宇宙飛行士のグレンからも信頼されるようになる。

そして、1962年、マーキュリー・アトラス6号の打ち上げ成功!

*********

能力のあるものが最大限にその能力を発揮するのをみるのは気持ちがいい。

学位をとるための学校が白人専用であるため黒人は入学できない、とか、前例がないから黒人は管理職になれない、などという壁を、彼女たちは強い意志をもって取っ払っていく。

1961年ということは公民権法成立(1964年)以前の話。
その頃のアメリカの職場の様子がよくわかった。
この職場環境の中で、キャサリン、ドロシー、メアリーたちのような黒人女性が見せた頑張り。
素敵でした。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR