映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

『グリーン・ブック』

2018年のアメリカ映画。分類は伝記コメディ。出演マハーシャラ・アリ(黒人ピアニストのドン・ドクター・シャーリー)ヴィゴ・モーテンセン(イタリア系アメリカ人の用心棒・運転手 トニー・ヴァレロンガ)日本での公開は2019年3月。公開直後に夫と一緒に劇場で見た。見終わった後、「よかった。」いう感想を夫と語りながら家路についた記憶がある。(我が家は、劇場で映画を見るとしても別々のことが多いし、たまに一緒に見に行...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

『グローリー/明日への行進』

2014年のアメリカの歴史ドラマ1965年のセルマ大行進を描いた作品。キング牧師は、公民権運動の指導者として私たち日本人にもよく知られた存在だ。1964年の公民権法成立に大きく貢献し、同年、ノーベル平和賞を受賞した。1963年のワシントン大行進における「I have a dream.」のスピーチはあまりにも有名だ。この作品は、その翌年の1965年のセルマ大行進を描いたものである。セルマ大行進とは、どのような背景のもとで、何を求めて...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』