『判決、二つの希望』


判決 二つの希望

2017年のレバノンのドラマ映画。

レバノン映画を初めてみた。
この国が抱えている複雑さがよく分かった。

ちょっとした言葉が原因のトラブルはどこでも起こるもの。
しかし、その背景に民族・宗教的な対立という事情が絡むと、事態は予想もつかないほど、大きなものに発展してしまう。

原因はささいなことだった。
アパートの2階のトニーの家のバルコニーの排水管から流れた水が、下の道路で作業していたヤーセルにかかってしまう。
排水管は水が道路に向かって流れる違法建築だった。
(バルコニーの植物に水やりをするトニーが勝手に作ったもの。)
ヤーセルは排水管の向きを変える工事を施す。
しかし、トニーはそれを壊す。
ここで、ヤーセルはトニーに「くそ野郎」という言葉を発してしまう。
この言葉に対してトニーは謝罪を求める。
所長に付き添われて謝罪に向かったヤーセルだったが、この時、トニーが発した言葉がどうしても許せず、とっさに殴ってしまい、トニーの肋骨を骨折させてしまう。

トニーはキリスト教徒のレバノン人。ヤーセルはパレスチナ難民。
トニーが放った言葉は「シャロンに殺されていればな。」だった。
シャロンとは、レバノン内戦に介入したイスラエル国防相(当時。のち首相。)
パレスチナ難民のヤーセルにとって、この言葉は許しがたかった。

そして、事態はどんどん悪い方向に進展し、法廷にまで持ち込まれることになってしまった。
トニーとヤーセルという個人と個人のトラブルが、“キリスト教徒のレバノン人”と、“パレスチナ難民およびイスラーム教徒のレバノン人”との対立となり、レバノンという国の世論を二分してしまうほどの事態となる。

ヤーセルはパレスチナ難民なのでレバノン人よりは弱い立場にあり、仕事を請け負わせてもらっているという意識もあるので、工事現場の監督として当初、丁寧に対応しようとしたと思う。
見ている側は、トニーの態度を偏屈だと思うし、彼がひどい言葉を言わなければとこんなトラブルが起こらなかったのにと思ってしまう。
トニーが支持している「レバノン軍団」という政党は、「パレスチナ人はレバノンから出ていけ。」と考えている集団で、彼が見ているテレビからもレバノン軍団の集会の映像が流れていた。

トニーの考え方は、キリスト教系レバノン人第一主義で、その利益を脅かす集団を排斥しようとする考え方だ。
こうした考え方に対して、はたから見ている私は、何と了見の狭い考え方だといいたくなってしまう。
難民は理不尽に祖国を追われた人たちで、このレバノンで、肩身の狭い思いをして暮らしているのだ。彼らは悪くない、受け入れてやれ、と思うのだ。

しかし、私のこの考え方は、パレスチナ難民側の立場から物事を見ていて、難民を受け入れている側のレバノン人の視点に立ってはいない、ということに気が付いた。
物事は双方の立場からフラットな気持ちで見なくてはならない。

ネタバレになってしまうのだが、作品の後半、舞台が法廷に持ち込まれていくと、次第に、トニーの感情の裏に何があったのかがわかるようになる。
トニーも、悲しい過去を背負っていた。

********************

パレスチナ難民を受け入れているレバノンという国。
実に複雑だ。
中東の国々は、ユダヤ人国家のイスラエル以外はすべてイスラーム教徒のアラブ人国家であると思われがちだが、実はレバノンという国は40%がキリスト教徒で構成されている。
1943年、フランスの委任統治領だったこの地域が、レバノンとして独立した当初から、国内ではイスラーム教徒とキリスト教徒の対立はあった。
それでもこの国はレバノン内戦がおこるまでは、地中海沿岸の温暖な気候のもとで、首都ベイルートは「中東のパリ」と称されるほど美しい都市で、観光地としても栄えていた。
しかし、この国は1975年から1990年まで続いたレバノン内戦でぐちゃぐちゃになってしまった。

レバノン内戦の原因・展開はかなり複雑である。
1948年にイスラエルが建国されるとそこに住んでいたパレスチナ人は難民となって、周辺のヨルダンやレバノンに押し寄せた。
1970年、ヨルダンでは、パレスチナ=ゲリラ組織であるPLOを排除しようとしてヨルダン内戦がおこった。(ヨルダンもPLOもアラブ人。つまりヨルダン内戦はアラブ人同士の戦い。ヨルダンとしてはPLOを排除しなければイスラエルからの攻撃を受けることになるので。)
ヨルダン内戦により、PLOおよび多くのパレスチナ人難民がレバノンに移住してきた。
すると今度はこうした事情を背景に、1975年、レバノン内戦が勃発した。
レバノン内戦は、“レバノンのキリスト教徒(マロン派)” vs. “レバノンのイスラーム教徒&PLOの連合軍”  という戦いである。
これに隣国シリア(アサド政権)が介入し、1982年にはPLOの排除を目指してイスラエル軍が侵攻した。

レバノン内戦は1975年~1990年までの15年間続いた。
この間、マロン派民兵がパレスチナ難民キャンプを襲撃して非戦闘員を含む多数のパレスチナ人を殺害するという残虐行為があった。逆にPLO・イスラーム教側がキリスト教徒の住む村を襲撃し、女子供を含む民間人数百人を殺害するという残虐行為があった。

トニーは襲撃されたダムール村の出身で、この事件の時、父親とともに命からがら襲撃から逃れたという過去を持っていたのだった。

***************

過去の負の遺産を背負って生きている人々。
トニーにとって、パレスチナ人は許せない存在だった。
自分の村を襲撃した組織の側の人間だから。
ヤーセルの人格や人間性がどうこうということ以前に、パレスチナ人であるという存在そのものが、許しがたいのだ。

******************

日本という安全な国の中で、多数派の日本人として安穏に暮らしていける立場にある自分が到底わかりえない、根深い憎悪の感情は存在する。
自分の住んでいた村が襲撃されて、そこで大虐殺が起こったなら、襲撃した勢力を憎むのは当然だ。
民族的対立をはらんでいる国に生まれていたら、自分は敵対する勢力に対して、どのような接し方をするだろうか?

*****************

この作品の後半の展開は法廷劇である。

そもそもは単純な相手を殴ったことによる傷害事件。
が、それを誘発した侮蔑的な言葉はレバノンが抱える複雑な民族対立をあぶりだしてしまい、レバノンじゅうを巻き込むことになる。
抱えている事情はあまりにも根深い。
偏った判決は対立をさらに深める。
公正な判決を下さなければならない。

対立を何とか収拾しようとする裁判の進展が私にはとても興味深いものだった。

スポンサーサイト



1917 命をかけた伝令

命を懸けた伝令1917 


2019年制作のイギリス・アメリカの戦争映画。
1917年4月6日とその翌日の2日間というきわめて短い期間の出来事を描いた作品である。

第一次世界大戦中の西部戦線では、イギリスを中心とする連合軍とドイツ軍が激しい戦闘を展開していた。そしてイギリス軍は、撤退したドイツ軍をさらに追撃する作戦をたてていた。しかし、ドイツ軍の撤退はイギリス軍を呼び込むための作戦だった。
イギリス軍が突撃したら、それを待ち受けて配備されている多勢のドイツ軍によって壊滅的な被害を受けることになる。
航空写真からドイツ軍の作戦に気づいたイギリス陸軍司令部は、攻撃を中止させる指令を現地の第2大隊に伝えたいのだが、電話線が切られていて連絡が取れない。
そして若きイギリス兵のブレイクとスコフィールドに、現地の第2連隊に攻撃中止の指令を伝えるという任務が下される
攻撃は翌日遂行される予定であるから、何としてもそれまでにこの情報伝えなくてはならない。
第2連隊1600人の命がこの2人にかかることになる。

この映画の見どころは、撮影技術の素晴らしさ
カメラはひたすらブレイクとスコフィールドの動きを追い続け、まるで、長回しを続けたワンカットの映像のように見える。
(実際はCGを使ってつなぎ合わせているとのことだが。)
この手法によって、見ている側は、兵士の立場に立ってストーリーを追うことができる。
2人はドイツ軍が撤退し、死体がころがっている沼地や平原を進み続ける。
「無人地帯」はどこに危険が潜んでいるかわからない。
住民が去り廃墟となった市街地にも残存しているドイツ兵がいる。
どこからドイツ兵の銃弾が飛んでくるかわからない。
相棒に死なれ、一人になってしまったスコフィールドに、死と隣り合わせのピンチが何度もおとずれる。
しかし、どんな危険が待ち受けていようが、彼は突き進む。
作戦中止の指令を伝えるという任務を遂行するために。
1600人の命を守るために。

********************

とにかくわかりやすい。
一兵士スコフィールドに焦点をあて、彼の動きとともに時間が経過していく。
場面の切り替えがない。時間が遡ったり、現在に戻ったりという複雑な構成もない。
カメラはひたすらスコフィールドの動きを追う。

********************

この作品は事実に基づいたフィクションで、主人公は架空の人物であるというが、元兵士の体験をもとに作られているので、実際に作品で描かれているスコフィールドのような兵士がいたのだと思う。
命をかけた彼の行動は感動ものだ。

********************

この作品を見ると、第一次世界大戦がどのような戦いであったのかがよくわかる。

高校世界史の教科書的に説明すると、第一次世界大戦はそれまで人類が経験したことのない規模の「大戦争」であり、戦場での軍隊と軍隊の戦闘だけでなく、全国民を巻き込んで補給体制を整えていくことが勝敗にかかわるという「総力戦」だった。使われて新兵器としては、飛行機、戦車、毒ガスが挙げられる。
そして、この作品を見て、あらためて認識させられるのは、第一次世界大戦が塹壕戦だったということだ
1分間に数百発以上のもの弾丸を打ち出すことのできる機関銃が兵器として普及したことで、その攻撃から身を守るための塹壕が掘られた。
成人男性がすっぽり隠れるほどの深さの塹壕が掘りめぐらされる。
ネットで調べたところ、西部戦線に縦横無尽に彫りめぐらされた塹壕は、スイス国境からイギリス海峡まで到達し、爆弾の被害を食い止めるためにわざとくねくねと曲がり角を作って掘ったので、総距離は数千キロに及ぶという。
なんという労力だろう。
敵の侵攻を食い止めるための、必要不可欠の構築物だったわけだが、戦争がなければこんなものを作る必要がなかったわけで、そこにかけられた労力のことを考えるとむなしい。

この作品の撮影のために作られた塹壕は、かなりリアルに作られている。
興行収益が上がれば元は取れるのだろうけれど、スコフィールドがマッケンジー大佐を探して塹壕を走り回るシーンを見ただけでも、どれだけの長さの塹壕を撮影のために掘ったのかなと思ってしまう。

お金をかけた作品。そして、第一次世界大戦を描いた秀作。


※無人地帯・・連合軍側・ドイツ軍側の両陣営の塹壕陣地の中間地帯
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR