『存在のない子供たち』

存在のない子供たち


2018年のレバノンのドラマ映画。

どこの国にも貧困に苦しんでいる人は存在する。
貧困層を扱った作品にはほろ苦さがつきまとう。
『万引き家族』や『パラサイト』のように、「家族愛」をテーマにして、家族ぐるみでうそやペテンや犯罪行為をしてまで何とか生き抜こうとする姿を描き、そこに思わず笑ってしまうようなコメディ調のテイストを加えたとしても、やはり、根本にあるのは「貧困」という問題であり、懸命に生きようとしても貧困から這い上がれない社会の問題点が見えてきて、見終わった後に、「面白かった。」という感想では済まされない、もやもやしたものが残る。

この作品はもっとストレートだ。
レバノンのスラム街に住む、戸籍すら持たない少年を描いたものなのだが、あまりの過酷な状況な中でも生き抜いていこうとする。
主人公の少年ゼインから、人間としての尊厳のようなものが感じられ、わずか12歳の少年の生きざまに感動する。

冒頭から衝撃が走る。
少年刑務所に収監されているゼインが、両親を訴える法廷の場面からスタートする。
罪名は「僕を産んだ罪」
この少年にいったい何があったのだろうか?

主人公のゼインの大きな瞳が、彼の様々な感情を表現する。
貧困の中でなすすべもなくただ流されていくだけの日々を送る父親を見る目、そんななかでまた妊娠してしまった母親を冷たく見限るときの目。
この少年の大人に対する目には、冷やかさと憂いがある。
一方で、理不尽な社会に怒り、憤りながら、妹のサハルを守ってやろうとするやさしさにあふれた目を持つ。
ゼインは、エチオピア移民の女性ラヒルの息子ヨナスのことも面倒を見続けた。
ラヒルが理由もわからず家に戻ってこられなくなっても、ラヒルはヨナスを見捨てることなく、一緒に生活を続けた。
12歳の子供が赤ん坊を育てながら生活するなんて無理だと思うので、このあたりは見ていてつらくなるほどだったのだが。

作品の後半、ストーリーは大きく展開する。

貧困に運命を翻弄され、押しつぶされそうになりながらも、ゼインは、そんな世の中はおかしいと思い、行動した。
「みんなに好かれて尊敬されるような立派な人になりたかった。」というゼインの望みは、人として、まともな願望だと思う。
そしてゼインの訴えを拾い上げてくれたラジオのキャスターや弁護士がいた。
この作品のラストはほっとできる。

*************

レバノンという国が抱える貧困の問題は、周辺国家の状況にも左右されている。
かつて難民を受け入れる側だったシリアからも、内戦の影響でレバノンに流入する人が増えた。
しかし、難民は身分証を持っていない。身分証がなければ、まともな職に就けず、貧困のスパイラルにはまっていく。
身分証を持たない親から生まれたゼインのような子供は戸籍すら持たないし、自分の生年月日もわからない。
当然、学校にも行けない。
(生年月日くらいきちんと覚えていて子供に教えてやれよと、この親の無責任さには腹が立った。)
レバノンには、さらに貧しいエチオピアなどのアフリカ諸国から移り住んできたラヒルのような人々もいる。
不法就労で摘発されることを恐れながら、エチオピアにいる親に仕送りをするために、劣悪な条件下で生活をしている。
貧しい中で自分の生活だけでも精いっぱいなはずなのに、仕送りまでしなくてはならないなんて・・・。

****************************

この作品の特徴は、作品の登場人物と同じような境遇の人を配役にあてているところだ。
主人公であるゼインを演じたのは本名もゼインというシリア難民の少年だ。
演技は初めてという少年が、自分と同じ境遇の作中の役柄を、自らの経験を頼りに見事に演じ切った。
それはまるでドキュメンタリー作品のようなリアルさだった。

プロデューサーと監督のこの試みが素晴らしいと思った。

スポンサーサイト



『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』

工作


2018年の韓国映画。北朝鮮に潜入した韓国の工作員をめぐる、実話をもとにしたフィクション。
コードネーム“黒金星(ブラック・ビーナス)”は実在した韓国のスパイで、最も成功した対北工作員として知られた人物。彼は、2010年に国家保安法違反で突然逮捕され、6年の服役を経て、2016年に出所。作品の企画は、彼の収監中に始まり、釈放後、詳しい取材を通してこの作品が出来上がったという。

****************

1992年、朝鮮半島は北朝鮮の核開発をめぐって、緊張状態が高まっていた。
北朝鮮は核兵器をすでに持っているのかいないのか?
(現在、北朝鮮が核兵器を持っていることは明白なのだが、当時はそれを確認する必要があった。)
韓国軍の情報部隊の将校パク・ソギョンは国家安全企画部のチェ・ハクソン室長からコードネーム「黒金星」という工作員として北朝鮮に潜入する命令を受ける
「北朝鮮の核開発阻止」だけが朝鮮半島を救う道だと言われて。

工作員になるには将校だった過去を消さなければならない。
中佐に昇進する目前だったという優秀なパクだったが軍を辞める。
その日から毎日酒を飲み歩き、賭場にも出入りし、元同僚から借金をし、そしてあっという間に膨れ上がった借金により自己破産する。
韓国に潜入した北朝鮮のスパイを欺くための偽装工作で、これがパクにとっての最初の任務だった。

パクは、北朝鮮へ入り込むチャンスを狙う。
北朝鮮には、リ・ミョンウン対外経済委員会審議所長という外貨獲得の責任者がいた。
軍の所属ではないので序列はないが、キム・ジョンイル委員長と単独で会えるという、北朝鮮の高官だ。
リ所長に接近するためにパクは事業家に成りすまし、中国に潜入する。


それまでも中国に潜入した工作員は正体がばれると、拉致され、あるいは無残に殺され、何人も消えたという。
(なんと危険な恐ろしい任務。)
表情・服装・行動が不自然だと敵に見破られる。
パクは金だけが目的の商売人になりきる。

パクはリ所長に交渉を持ち込むところまでにこぎつける。
北朝鮮を背景に韓国の商品を撮影するというCM作成の広告事業を持ちかける。
南北の広告共同事業である。
韓国側は商品が売れるCMが作成できれば大きな儲けになり、北朝鮮側は撮影場所を貸すだけで大きな利益が転がり込む。双方にとってうまい話。
そしてパクは撮影のためには北朝鮮国内を自由に下見する必要があると持ち掛ける。
ここまで話が進展し、いよいよパクはキム委員長に会う機会を得る

********************

北朝鮮のキム委員長に会う場面がすごい。
特殊メイクを施したそっくりさん演じるキム委員長。ペットの犬。
お部屋の雰囲気。仕える兵士や給仕のものものしさ。

撮影のために作ったセットは莫大な金がかかっていると思うのだが、実際の北朝鮮はこんな感じなのだろうと想像することできるシーンで、この作品の見どころの一つだ。

***************

スパイというのは割に合わない任務だと思う。
正体がばれたときの危険が常につきまとう。(それだけで相当なストレス。)
事業家になったパクが国家安全企画部の工作員であるということを知る人物はチェ室長を含め3人だけ。
「正体がばれて拘束された場合、政府と国家安全企画部はかかわりを否定する。」ということも言い渡されての任務だ。
「最悪の事態になったら決断は任せる。」
任命した国家安全部は任命された工作員の身の安全を保障しない。

それでもパクが任務を忠実に果たそうとしたのは、パクの祖国を思う気持ちによるものであり、軍人としての使命感によるものであると思う。

しかし、それが、大統領選挙により政権が変わるかもしれないという政情の変化に大きく影響されてしまう。
選挙の時期に国民の危機感をあおれば、与党に票が集まる、という理由で、韓国側は金を積んで、北朝鮮軍に攻撃を依頼していた。(もちろん人的被害を出したら武力衝突に発展してしまうから、そうはならないようなレベルの砲撃で。)
選挙のたびに「北風」が吹いた
「北風」は韓国側の国家安全企画部の策動で吹かせたものだった。

国家安全企画部は韓国という国家のものであり、与党の機関じゃないだろう!
キム・デジュン(金大中)が選挙に勝って大統領になったら、国家安全企画部が存続されなくなるから、キム・デジュンの当選を阻止しようとするとは、チェ室長の保身のためであって、韓国という国の利益ではないだろう!

国家レベルの問題でも、担当する人間の個人的な利害が政策に影響するのだと、つくづく思う。
そんなレベルの低い話で国策が動いてほしくはないけれど。

****************

この作品では主人公のパクと北朝鮮高官のリ所長がとにかくかっこいい。
南北に分断された朝鮮半島という舞台で、それぞれの立場に縛られながらも、祖国を思い、朝鮮半島全体のことを思う。
立場の違いがありながら、二人の間には信頼関係が存在した。
“浩然の気”という言葉を通して、理解しあえるものがあったのだろう。

腕時計とタイピンに象徴される友情。素敵でした。

*************
(追記)
リ所長を演じたイ・ソンミン。
私が昨年はまった韓国ドラマ「ミセン(未生)」のオ課長。
厳しい表情と目が細くなるほどの笑顔のメリハリがいい。
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR