『コリーニ事件』

2019年のドイツ映画。
コリーニ事件



冒頭から、引き込まれる。

2001年のベルリン。ホテルの最上階のスイートルームで、経済界の大物MMF社長ハンス・マイヤーが殺害された。容疑者は、ファブリツィオ・コリーニ、67歳。ドイツで30年以上暮らしているイタリア人。
この裁判でコリーニの国選弁護人となったカスパーにとって、被害者マイヤーは少年時代の恩人で、トルコ系のカスパーを孫の友人として優しく支援してくれた人物だった。
被害者マイヤーが自分の恩人のマイヤーではあると知らずに、コリーニの弁護を引き受けてしまったカスパー。しかも、コリーニは黙秘を続け、何も語らない。

動機は何なのか?
コリーニとマイヤーの過去にどんな関係があったのか?

フランコ・ネロ
    コリーニを演じたフランコ・ネロ
***************

「法廷モノに外れなし」の言葉どおりでした。
見終わった後、いろいろ調べ、考えました。
考えなければいけないテーマを投げかけられたと思いました。

以下は、それについてです。
「続きを読む」のクリックをお願い致します。
(パソコンだとこの機能が使えるのですが、スマホだと、この機能は使えず、続けて全部表示されてしまうのがわかりました。すみません。作品を余計な情報なしでご覧になりたい方は、ここで読むのをストップしてください。)

続きを読む»

スポンサーサイト



プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR