映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

バットマンにはまってしまった

4月初め、『THE BATMAN』を見てきました。実はバットマンを見たのは初めてです。“かまいたち”の漫才に「トトロを見たことがないのが自慢」というネタがあるけれど、「バットマン、見たことない」は自慢にもならないと思い、「いまさら」という気持ちもあったものの、自分の世界を広げることにしました。きっかけは、バットマン好きのHさんからのメールでした。『「復讐心では世の中をよくできない」って、たったこれだけのメッセ...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

英雄の証明

2021年のイラン映画。日本での公開は2022年4月。監督・脚本・制作:アスガ―・ファルハディ*********一億円の入ったバッグを拾ったらどうするか?おそらく日本ならほとんどの人が警察に届けるだろうと思う。しかし、拾った人が借金に苦しんでいたら?返済に追い立てられている状況にあったのなら、そうとも限らないな、とは思う。この作品の主人公ラヒムは、借金の返済ができず、債権者から訴えられて、刑務所に収監されて...
記事の続きを読む
0 コメント

親愛なる同志たちへ

21世紀になって、隠蔽されていた過去の忌まわしい事件が明らかにされ、それを描いた作品が制作されるようになった。特に韓国では、光州事件を描いた『タクシー運転手』やチョン・ド・ホァン(全斗煥)大統領時代の悪政を描いた『弁護人」』、ソウル大生拷問死事件をきっかけとした民衆の蜂起を描いた『1987、ある闘いの真実』など、独裁政権の下では到底作られないであろう作品が制作されるようになった。中国ではまだ無理だ。では...
記事の続きを読む
0 コメント

オバマ元大統領のオススメの14作品

映画好きのオバマ元大統領が毎年年末にその年のお気に入り映画のリストを発表している。2018年には「万引き家族」もランクインしているし、2019年の「パラサイト」、2020年の「ノマドランド」は作品賞を獲得していることから、彼が何を好きなものリストに挙げてくるか、注目されるようになっている。2021年の年末に発表されたのは以下の通りである。◎『ドライブ・マイ・カー』 『サマー・オブ・ソウル(あるいは革命がテレビ報道...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』