映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

『ウィンストン=チャーチル  ヒトラーから世界を救った男』

ウィンストン・チャーチル350x467

1940年5月9日、宥和政策の破綻からネヴィル=チェンバレン内閣が退陣し、5月10日、チャーチル戦時連立内閣が成立した。
この映画は、首相に就任したチャーチルが、国民の気持ちを徹底抗戦にまとめあげる感動的なスピーチを行うまでの約3週間を、日付を追って一日ごとに描いている。
チャーチルは、副題に表現されているように「ヒトラーから世界を救った男」なのだ。
チャーチルが徹底抗戦という選択をしたから、ヒトラーを敗北させることができたのだから。

第二次世界大戦前期の1940年5月、戦況はナチス=ドイツの圧倒的優勢だった。
ヒトラーはデンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギーへ侵略をすすめ、さらにパリ占領も目前という状況だった。
ダンケルクに追い詰められた連合国側の兵士約40万人も壊滅の危機に瀕していた。

この時点でイギリスは判断を迫られる。
和平交渉の道を模索するのか、徹底抗戦を貫くのか。

就任したチャーチルの苦悩は深い。
退陣したチェンバレンはなおも議会を和平交渉に導こうとする。
内閣の中にも徹底抗戦を支持するものはいない。
組閣を命じたジョージ6世ですらチャーチルを信頼していない。

しかもチャーチルは、過去に大きな失敗をしている。
それは第一次世界大戦の際、海軍大臣として立案した「ガリポリ作戦」。
イスタンブルを占領することができず、6万の戦死者を出した。

華々しい経歴を持って首相に就任したというわけではないのだ。
しかし、失敗と挫折の前半生を送っていたチャーチルは、そこから這い上がって65歳という高齢で首相に就任し、見事なリーダーシップを果たした。


歴史の展開がこの先どうなるかはわかっているので、つい安心して作品を見てしまった。
チャーチルは「ダンケルクの撤退」を命じ、奇跡のような40万人の兵士の救出を成功させた。連合国軍側はそこから反撃に転じ、第二次世界大戦は連合国側の勝利に終わった。

和平交渉か徹底抗戦かというのは歴史の中で常に付きまとうテーマであると思う。
戦争は絶対に避けるべきだ。
何としてもそうならないように最後の最後まで、和平交渉の道を模索し、開戦を避けるのが望ましいと思う。
しかし、そんな考えは甘いと言われてしまうような極限の異常事態が第二次世界大戦だった。

歴史に「もし」をいっても仕方ないが、ヒトラーという人物なら仮に和平交渉にいったん応じても、結局それを反古にしてしまうだろうと思う。
ヒトラーに対する眼力はチャーチルの方が正しく、チェンバレンは甘かったというしかない。
ヒトラーという史上最悪の人物に対して和平交渉を進めるのは誤り、という判断は、1938年のミュンヘン会談においてネヴィル=チェンバレンがとった宥和政策が破綻した時点で、明らかなことだった。
チャーチルが徹底抗戦の道を選択せず、和平交渉を進めようとし、ヒトラー―がそれを無視して全ヨーロッパ支配を企てたかも知れないと思うと恐ろしい。


と、まあ、この映画を観たとき、普通に以上のようなことを考えた。
が、いろいろ考えているうちに、逆の「もし」に行き当たってしまった。
つまり、徹底抗戦を選択したチャーチルの作戦がことごとく失敗してしまっていたら・・・。
ダンケルクの撤退もノルマンディー上陸作戦も、いずれもどちらに転んでもおかしくないギリギリの作戦だった。
戦争に勝利することができなかったら....。
ドイツを敗北に追い込むことはできなかったら....。
和平交渉の道を模索しなかったチャーチルに対する非難は計り知れないほど大きなものとなったことだろう。

と、考えても仕方のない「もし」が頭の中をグルグルとめぐる。
そして思う。
歴史の評価も結果次第。

近年の調査では、世界の経営者が尊敬するリーダーの1位がチャーチルだったという。

責任ある立場におかれた人間は選択をしなくてはならないのだ。
どちらに転ぶかなんてわからない。うまくいく保証は全くない。
しかも、全てが自分の判断にかかっている。

トップに立った人間は、覚悟をもって決断を下さなくてはならない。
そんなギリギリの状況下で、覚悟をもって、チャーチルは徹底抗戦を貫くという決断を下した。
結果は正解だった。(しみじみ、よかった!)


リーダーとはそういうものなのだろう。
ぬるい環境の中で、判断を人に委ねてしまってばかりいるわが身を思った時、「ぼーっと生きてんじゃねえよ。」という自戒の言葉が浮かんだ。

『ウィストン=チャーチル』
2017年製作。2018年3月公開。
チャーチルを演じた主演のゲイリー=オールドマンがアカデミー賞主演男優賞に。

プライム・ビデオに配信されてきたので見てみました。(アマゾンのプライム会員は年会費3800円。配送料無料がもとをとれるほど本を購入しているわけではないけれど、こうして勝手に無料の映画が配信されるのも悪くはないので、しばらく年会費を払い続けてみようと思っています。)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

東京2020オリンピック SIDE:B
リフレクション
モガディシュ 脱出までの14日間
ナワリヌイ
小泉堯史監督作品に共通するもの
峠 最後のサムライ
flee
ライトスタッフ
ある画家の数奇な運命
『マルモイ ことばあつめ』
ドンバス
オフィサー・アンド・スパイ
『教育と愛国』
ワン・セカンド 永遠の24フレーム
坂道のアポロン
二十歳のソウル
大河への道
My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オン・ファイアー / ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ