ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

ペンタゴン・ペーパーズ

2017年のアメリカ映画
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ
   トム・ハンクス

ペンタゴン・ペーパーズとは、ベトナム政策決定過程に関する国防総省秘密文書のこと。
ストーリーの軸は、ワシントン・ポスト社。
入手したペンタゴン・ペーパーズについての記事を掲載するかどうか。

いくつかの見方ができると思う。

1.歴史の転換点
1971年当時、泥沼になっていたベトナム戦争の戦況は、国民に正しく伝えられていなかった。
「10万人の兵を追加している。情況は改善されている。」と。
しかし、実は、ベトナム戦争にアメリカが勝利することはできないという事は、1965年の時点で政府はわかっていた。
勝てないと知りながら、多くの若者を戦場へ送った。
ペンタゴン・ペーパーズには、国民が知らなかった国家のウソが記録されていた。
結果的に(この作品は1971年の時点を描いたものだが)、ペンタゴン・ペーパーズの暴露によって、アメリカの世論は一転し、ベトナム戦争反対の機運が盛りあがり、1973年のベトナム和平協定の締結、アメリカ軍のベトナムからの全面撤退につながった。
まさに、ペンタゴン・ペーパーズの暴露が歴史の転換点であったと言える。
捕まれば厳罰に処せられる国家最高機密文書の漏えいが、誰によって、どのような形で行われ、どうやって公表されたのか。
この作品でそれを知ることができる。

2.ワシントン・ポスト社の社運と社主キャサリン・グラハム(愛称ケイ)
一地方紙のワシントン・ポスト社を率いるケイ(メリル・ストリープ)が、社主としてどのような経営判断をしていくのか。
ケイは夫の自殺後、この会社を引き継いだ女性社主。もともと自分の父親が社主であった会社であるが、父親は後継者に娘であるケイではなく、彼女の夫のフィリップを指名した。それはフィリップに新聞社を担っていく才能があったからであり、ケイは家庭を大事にするごく普通の専業主婦だったからだ。そんな彼女は夫の死後、会社を引き継ぐ。
1971年というのは、ワシントン・ポストにとって、株式公開に臨んだ時だった。
ケイは社内会議でも社主として強く意見を押し通すわけでもなく、どこか自信なさげで、質疑応答の模擬演習を繰り返して、株価の数字を頭に叩き込んで、株主総会に緊張して臨むという、どこかシロウトっぽい雰囲気の社主だった。
そんな彼女が率いるワシントン・ポストにペンタゴン・ペーパーズのスクープのチャンスが転がり込んでくる。
記事を掲載するのかしないのか
掲載すれば、新聞社が刑事罰を食らう可能性もある。株式公開を控えていて、会社の信用は必須だ。
決断を迫られるケイ。
ケイが社主として、新聞に携わる人として、強く成長していく姿もこの作品の見どころだ。

3.報道の在り方
「最高機密文書」の漏えいと「報道の自由」。
守らなければいけない秘密と公表しなければならない真実。
スクープを狙いたい功名心。法律を犯して捕まることを恐れる保身。ジャーナリストとしての良心。
報道に携わる者にとって、さまざまな気持ちの葛藤がおこる。

立場の違いもある。ケイは会社を守らなければばらない。
記事を掲載することで、会社が存続できなくなってしまったら、元も子もない。
また、ケイは元国防長官のマクナマラの友達であった。
友達の立場を危うくする報道はしたくない。
これは、JFKと家族ぐるみのお付き合いがあったベン(トム・ハンクス)も同じなのだが、ベンの考えはこの時点ではっきりしていた。
「政治家と親しく葉巻を吸う日々は去った。
両方はだめだ。友達か記者か、選ばないと。
権力を見張らなくてはならない。我々がその任を負わなければだれがやる?」

***********
作品は主演のメリル・ストリープとトム・ハンクスを中心に、2番と3番の視点を中心に作られているのだが、1番に視点を置いてみると、エルズバーグという人物がキーマンになる。彼は作品の冒頭に登場し、現地ベトナムから、戦況が悪化しているという報告をする。しかし、政府はそれを正しく公表しない。その後、国防総省からランド研究所に移ったエルズバーグは保管されていたペンタゴン・ペーパーズのコピーを持ち出し、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストに渡す。
書類を持ち出したのも、その書類をワシントン・ポストに渡したのもエルズバーグ。
すべての始まりはエルズバーグなのだ。
彼はアメリカ国防総省に入り、ベトナム戦争を担当するが、次第にアメリカのベトナム政策に批判的となり、1967年、国防総省からランド研究所に移った人物である。
全てを知っていた人物。この人物は国家のウソが許せなくなり、ベトナム戦争を何とかやめさせなければならないと思ったのだろう。

さらに元国防長官のマクナマラという人物にも興味がわく。彼はケネディ大統領とジョンソン大統領の国防長官をつとめ、ベトナム戦争の拡大を進めた張本人であるが、戦況の悪化を認識し、1968年にベトナム戦争への介入の縮小を提案したがジョンソン大統領に拒絶され、辞任している。
マクナマラについては2003年に公開された映画『フォッグ・オブ・ウォー  マクナマラ元国防長官の告白』で、長時間のインタビューに応じ、ベトナム戦争の回顧と自己批判、自己弁護(ケネディの弁護とジョンソンの批判)を行ったそうだ。
(見たい映画は尽きない。)

********
作品の途中で、ベンが語る。
負けると知りながら、なぜ戦争を続けるのか?
10% 南ベトナムの支援
20% 共産主義の抑止
70% アメリカ敗北という不名誉を避けるため

そのために戦場に送られ続けたアメリカの若者。
戦争はいったん始まると簡単にはやめられないのだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR