私の中でのトム・ハンクス作品ベスト

トム・ハンクスが出演した作品について、私の勝手なランキングを作ってみました。
順位をつけるのはどうかと思いつつ、今まで見てよかったと思うものを整理するという目的でのランキングです。
選んだ観点は、俳優トム・ハンクスの味がにじみ出ているということ。
以前このブログで書いたことがあるものはURLを付けましたので、そちらもお読みいただけたらうれしいです。



1.プライベート・ライアン (1998)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
第二次世界大戦のノルマンジー上陸を舞台にした戦争映画の最高傑作。
戦闘シーンがすさまじい。
ライアン二等兵を救出せよという命令を受けたミラー大尉。任務に疑問を持ち始めた部下たちをまとめて戦場をくぐりぬける。
そしてライアンがいたのは、人手不足も甚だしい前線の橋だった。
そこでとったライアンとミラー大尉の選択は・・。
瀕死のミラー大尉が若いライアンに言った「無駄にするな。しっかり生きろ。」という言葉が心に残る。
http://haginori55.jp/blog-entry-5.html

2. フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
監督:ロバート・ゼメキス
前年の『フィラデルフィア』に続き、トム・ハンクスがアカデミー主演男優賞を獲得した作品。
私はこの作品で初めてトム・ハンクスを見たのだが、知的障害のあるフォレスト・ガンプを演じる彼の表情、動作、走り方があまにもそれらしくて、本当に障害のある人を役につけたのかと思ってしまった。

3. フィラデルフィア (1993)
監督:ジョナサン・デミ
エイズを発症してしまったことで法律事務所を解雇されてしまった弁護士のアンディが、これを不当解雇であるとして法律事務所を相手取って訴訟を起こす。
ゲイであること、エイズ患者であることによる差別と闘うアンディ。
コメディ俳優だったトム・ハンクスが初めて取り組んだシリアス・ドラマ。
病気で体が弱っていくアンディを演じて、アカデミー主演男優賞を獲得。
http://haginori55.jp/blog-entry-50.html

4. キャプテン・フィリップス (2013)
監督:ポール・グリーングラス
ソマリア人海賊に乗っ取られた貨物船マークス・アラバマ号の船長。
貧しいがゆえに海賊行為をするソマリア人海賊に対しても、優しいまなざしを注ぐ。
http://haginori55.jp/blog-entry-22.html


5. ハドソン川の奇跡 (2016)
監督:クリント・イーストウッド
ハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便のサレンバーガー機長。
冷静な判断、完璧な操縦技術、乗客が一人残らず脱出できたことを確認して最後に飛行機から脱出する責任感。
乗客乗員に一人の犠牲者も出さなかった“奇跡”と呼ばれる飛行機事故でした。
http://haginori55.jp/blog-entry-108.html

6. ブリッジ・オブ・スパイ (2015)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
舞台は1960年代の東西冷戦のさなか。U2機撃墜事件、ベルリンの壁構築が起こった時代。スパイ交換の交渉人としてベルリンに向かうドノヴァン弁護士。
スパイ飛行をしていたU2機のパイロットに対しても世間が「なんでおめおめ生き残ったのだ。」という冷たい視線を浴びせる中で、ドノヴァンは「気にするな。」と優しくささやく。(つまり、パイロットが撃墜により死亡していれば、スパイ飛行ではなく、誤ってソ連の領空内に入ってしまったとごまかせるので。)
ベルリンの壁構築の際、ぎりぎりのタイミングで西ベルリンに戻りそこなって東ベルリンに取り残されてしまったアメリカ人留学生に対しても、外交交渉の中で捨て駒にされそうなところを、ドノヴァンは何の罪もないこの学生の救出にこだわる。
ソ連のスパイ一人に対して、パイロットと学生の2人という1対2の交換の交渉。
相手は難癖をつけてくるが、強い胆力をもって、頑として譲らず交渉にあたるドノヴァンがいい。
http://haginori55.jp/blog-entry-47.html

7. グリーン・マイル (1999)
監督:フランク・ダランボン
死刑囚を収容している刑務所の看守。
http://haginori55.jp/blog-entry-109.html

8. アポロ13  (1995)
監督:ロン・ハワード
1970年、第3番目の有人月面飛行をめざしたアポロ13号は、酸素タンクの爆発などのトラブルが発生し、帰還困難状況になる。電力不足にも追い込まれ、電力の節約のため、ヒーターを切ったため船内は1~4℃の寒さになる。乗組員は凍えるような寒さを耐える。さらに二酸化炭素濃度の上昇。大気圏再突入への軌道のずれ。大変なことが次々に起きる。しかし、様々な困難を乗り越え、アポロ13号は無事、地球に帰還する。
どんなときにも冷静に、そして諦めずに最善を尽くしたラヴェル船長。必死に指令を送る地球の管制官や技術者たち。感動ものである。(実話だし。)

アポロ計画は1969年のアポロ11号が人類初の月面着陸を果たし、その後、17号までが打ち上げられ、13号以外の12号、14~17号はすべて月面着陸に成功して、失敗したのは13号だけ。しかし、困難な状況を乗り越えて、無事、地球への帰還を果たしたことから、「失敗の成功」といわれている。

9. キャスト・アウェイ (2000)
監督:ロバート・ゼメキス
トム・ハンクスが増量後22.7kg減量して臨んだ作品。(体に悪い。)
無人島でのサバイバル生活。
子供の頃に読んだロビンソン・クルーソーは、船に積んであった物資を利用して生活を作り上げていくところに夢があってわくわくしたが、こちらはかなり過酷。
本当に何にもない無人島で生きていくのは、なんと困難なことだろう。
そして、無事に帰還できた後のチャック。
自分が死んだものとされた4年間はもう元には戻らない。
イタリア映画の「ひまわり」を思い出した。

10. キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
 「見終わった後さわやかな気分になれる」作品。
主演はディカプリオ。
トム・ハンクス演じるFBI捜査官が、何度も詐欺師アバグネイル(ディカプリオ)を追い詰めるのだがそのたびにまんまと騙されて逃げられる。
アバグネイルの言うことを信用してしまったり、気の毒な彼の家庭環境に同情してしまうあたり、FBI捜査官としては詰めが甘いともいえるのだが、そこがなんとも憎めない。
追われる犯罪者、追う警察という長年の関係のはてに行き着いた二人の関係が素敵。

この作品は、実在の人物である天才詐欺師フランク・アバグネイル・Jr.の原作をもとにつくられた。アバグネイルがパイロットや医者という高度な知識・技術を必要とする専門識の人に成りすます。(もちろん、飛行機を操縦するわけでも、医療行為をするわけでもあり
ません。) 人はパイロットの制服や医師の着る白衣に案外弱く、服装だけで信用してしまうのかもしれない。
が、それだけでは詐欺は不可能。それが可能だったのは、アバグネイルの知識の豊富さ、頭の良さがあってこそ。
そして、このアバグネイルの才能を犯罪者のままにはせず、生かそうとするFBI捜査官カール・ハンラティが素晴らしいと思う。アバグネイルに騙されてしまう彼は、間が抜けていると言いたくなるほどだが、最後まで徹底していい人。
ここでもトム・ハンクスの人間的な味がにじみ出ている。

11. ターミナル (2004)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
  例えば、1991年のソ連崩壊の時、崩壊前のソ連のパスポートとビザで他国に入国しようとしたときに、ソ連という国がなくなってしまったとしたら、そのパスポートとビザで入国することはできなくなるのかな。クーデタで自国が不安定な状態だと、自国に戻ることもできなくなってしまうのかな。出入国管理法について全く知識はないけれど。
作品はかつてコメディ俳優であったトム・ハンクスの真骨頂。
空港の椅子を並べて寝るシーンで足が詰まって困ってしまうシーンなど、思わず笑ってしまうところがいっぱいあって楽しかった。
長い期間、空港で暮らすことで、そこで働いている人たちをみんな友達にしてしまうビクターのキャラがいい。

12.ビッグ  (1988)
コメディ俳優だったトム・ハンクスの最高傑作。
12歳の少年が突然大人になってしまう。親友のビリー以外はそのことを知らない。
うまいことおもちゃ会社に就職できて、子供の気持ちがわかる社員として、社長に気に入られたり、子供であることがばれないようにつじつま合わせに四苦八苦したり。
くすっと笑いながら楽しい気持ちで見ることができました。

12.ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (2017)
  監督:スティーヴン・スピルバーグ
アメリカの世論をベトナム戦争反対に転換させた最高機密文書の漏洩。
記事を掲載するかどうするかを葛藤するワシントンポストの社主をメリル・ストリープ。
この作品におけるトム・ハンクスは、ジャーナリストとして迷いがなくて、信念をもって突っ走る。
私はどちらかというと、苦悩するトム・ハンクスの演技が好きなので、彼に焦点を絞ると、順位としてはこんなところかな。
http://haginori55.jp/blog-entry-107.html

トム・ハンクス出演作品の監督をチェックしたら、以上12作品のうち5作品がスピルバーグで圧倒的に多く、このコンビは最強だなと思いました。さらに『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッド、『ショーシャンクの空に』のフランク・ダランボン、『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード、『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ、『ボーン』シリーズのポール・グリーングラスなど。
名監督と名優のコンビです。
トム・ハンクスは『プリティ・リーグ』で体重を増量、『フィラデルフィア』で減量、『キャスト・アウェイ』で増量の後,減量と、役作りのために過激な体重コントロールをしています。何も、そこまでしなくても、と思ってしまうのですが、役に入り込んだ演技をするトム・ハンクスにとっては当然のことなのでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR