『存在のない子供たち』

存在のない子供たち


2018年のレバノンのドラマ映画。

どこの国にも貧困に苦しんでいる人は存在する。
貧困層を扱った作品にはほろ苦さがつきまとう。
『万引き家族』や『パラサイト』のように、「家族愛」をテーマにして、家族ぐるみでうそやペテンや犯罪行為をしてまで何とか生き抜こうとする姿を描き、そこに思わず笑ってしまうようなコメディ調のテイストを加えたとしても、やはり、根本にあるのは「貧困」という問題であり、懸命に生きようとしても貧困から這い上がれない社会の問題点が見えてきて、見終わった後に、「面白かった。」という感想では済まされない、もやもやしたものが残る。

この作品はもっとストレートだ。
レバノンのスラム街に住む、戸籍すら持たない少年を描いたものなのだが、あまりの過酷な状況な中でも生き抜いていこうとする。
主人公の少年ゼインから、人間としての尊厳のようなものが感じられ、わずか12歳の少年の生きざまに感動する。

冒頭から衝撃が走る。
少年刑務所に収監されているゼインが、両親を訴える法廷の場面からスタートする。
罪名は「僕を産んだ罪」
この少年にいったい何があったのだろうか?

主人公のゼインの大きな瞳が、彼の様々な感情を表現する。
貧困の中でなすすべもなくただ流されていくだけの日々を送る父親を見る目、そんななかでまた妊娠してしまった母親を冷たく見限るときの目。
この少年の大人に対する目には、冷やかさと憂いがある。
一方で、理不尽な社会に怒り、憤りながら、妹のサハルを守ってやろうとするやさしさにあふれた目を持つ。
ゼインは、エチオピア移民の女性ラヒルの息子ヨナスのことも面倒を見続けた。
ラヒルが理由もわからず家に戻ってこられなくなっても、ラヒルはヨナスを見捨てることなく、一緒に生活を続けた。
12歳の子供が赤ん坊を育てながら生活するなんて無理だと思うので、このあたりは見ていてつらくなるほどだったのだが。

作品の後半、ストーリーは大きく展開する。

貧困に運命を翻弄され、押しつぶされそうになりながらも、ゼインは、そんな世の中はおかしいと思い、行動した。
「みんなに好かれて尊敬されるような立派な人になりたかった。」というゼインの望みは、人として、まともな願望だと思う。
そしてゼインの訴えを拾い上げてくれたラジオのキャスターや弁護士がいた。
この作品のラストはほっとできる。

*************

レバノンという国が抱える貧困の問題は、周辺国家の状況にも左右されている。
かつて難民を受け入れる側だったシリアからも、内戦の影響でレバノンに流入する人が増えた。
しかし、難民は身分証を持っていない。身分証がなければ、まともな職に就けず、貧困のスパイラルにはまっていく。
身分証を持たない親から生まれたゼインのような子供は戸籍すら持たないし、自分の生年月日もわからない。
当然、学校にも行けない。
(生年月日くらいきちんと覚えていて子供に教えてやれよと、この親の無責任さには腹が立った。)
レバノンには、さらに貧しいエチオピアなどのアフリカ諸国から移り住んできたラヒルのような人々もいる。
不法就労で摘発されることを恐れながら、エチオピアにいる親に仕送りをするために、劣悪な条件下で生活をしている。
貧しい中で自分の生活だけでも精いっぱいなはずなのに、仕送りまでしなくてはならないなんて・・・。

****************************

この作品の特徴は、作品の登場人物と同じような境遇の人を配役にあてているところだ。
主人公であるゼインを演じたのは本名もゼインというシリア難民の少年だ。
演技は初めてという少年が、自分と同じ境遇の作中の役柄を、自らの経験を頼りに見事に演じ切った。
それはまるでドキュメンタリー作品のようなリアルさだった。

プロデューサーと監督のこの試みが素晴らしいと思った。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

少年の演技(?)もスゴイが、少年が世話するあの赤ん坊もスゴイ!まさか「演技」している訳ではないだろうが、転ばないかな?怪我しないかな?とハラハラドキドキし通しだった。あの赤ん坊、一体何者?
プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR