『砂漠の鬼将軍』

「砂漠の鬼将軍」
1951年のアメリカ映画
砂漠の鬼将軍

第二次世界大戦で、北アフリカ戦線で活躍し、連合軍側から「砂漠の狐」と呼ばれて恐れられたドイツのロンメル将軍を描いた作品があると教えてもらい、さっそく飛びついた。70年前のモノクロ作品。U-NEXTで見ることができました。

タイトルの画像から、使われている音楽まで、まさに1950年代のアメリカ映画という感じで、何とも言えないワクワク感がありました。
内容もわかりやすく、興味深い構成でよかったです。
アメリカが敵将ロンメルを、敬意をもって描いた作品です。

ロンメル将軍については、英雄としてのイメージが強く、私はその悲しい最期について全く知らなかったので、非常に興味深く見ることができました。
ドイツでは、大戦の末期になってくると、ヒトラーの暗殺計画が持ち上がってきます。
ロンメルはこれに対してどのような考えをもち、どのような立場であろうとしたのかが描かれていました。
ストーリーの終盤で、ワルキューレ作戦が絡んできます。その場面が出てきたとき、「あっ」と息をのむほどの既視感がありました。
暗殺計画実行の舞台となった森の中の「狼の巣」と呼ばれる軍の施設や、隻眼のシュタウフェンベルク大佐が、トム・クルーズ主演の2008年の作品そのままだったのです。
1951年と2008年の、2つの映画がつながりました。


********************

(以下、この作品を見たことをきっかけに、調べたこと、考えたこと。)

ロンメルは、ヒトラーをどのように思っていたのか。

1933年1月、ヒトラーは首相に就任した。
「ロンメルは、他の軍人たちと同様にヒトラーの登場には熱狂し、彼の反共主義と再軍備政策を歓迎した。」(wikiより)

第一次世界大戦の敗戦国であるドイツは過酷な賠償金に苦しみ、ハイパーインフレに苦しみ、世界恐慌への対応に苦しんでいた。
そんな状況の中で、救世主のように現れたヒトラーに人々は熱狂した。
かの高名な哲学者ハイデッガーですら、ヒトラーに期待し、ナチ党に入党し、支持し、賛美したのだ。
当然、ロンメルもヒトラー支持者であったし、妻への手紙でも、ヒトラー賛美の文が見受けられる。そして、ロンメルはヒトラーの寵愛を受けた。

そして時は流れていく。
当初の期待が裏切られていったら?
心酔してついていこうと思った人物が、「やばい」人格であったなら。
しかも、ロンメルは軍人である。軍というところは、上からの命令は絶対である。

しかし、ロンメルは、現場の判断を優先という理屈をつけて、正しいと思うことを貫くために、時として、上からの命令に逆らった。
例えば。
ある闘いで、ユダヤ人部隊を捕虜にした際、全員を虐殺せよ、との命令がヒトラーから下ったが、ロンメルはその命令書を焼き捨てた。
戦争においては、「捕虜に対して人道的待遇をする義務」があるのだ。
まして、捕虜を殺害することは、あってはならない。ロンメルはそれを守った。
作品の中でも、捕虜に対して不当な扱いをしようとしたドイツ兵に対して、ロンメルがまさに鶴の一声でやめさせた場面があった。
また、北アフリカ戦線で、戦況が悪化していった時、ヒステリックな命令を送ってくるヒトラーからの電文は「一歩も退くな。勝利か死だ。」というものだった。
ロンメルは撤退しなければ隊は全滅するだろうと考えた。
兵士の命がかかっているのである。ロンメルの決断は、命令を無視した撤退だった。

この映画作品はロンメルを英雄として描いているので、実にかっこいい。

ロンメルは最後までナチ党に入党することはなく、あくまで一人の軍人として戦い続けた。

しかし、一人の軍人としてまっとうに生きようとするのは難しい。
人は、おかれた状況の下で、最善の行動を選択していくわけだけれど、滅びゆく命運の側にいたら、もうどうにもならないのだな、としみじみ思った。

戊辰戦争における会津藩、組織として崩壊していった新選組、倒産した山一證券...。
いつものことながら、映画を見た後はとんでもなく妄想が広がり、作品からは全くずれたことを想像してしまう。
そして思う。自分がたまたま滅びゆく側に属していたなら、それはそれで仕方のないことだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR