映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

『ウエストサイドストーリー』

ウエストサイドストーリー

2022年2月11日公開
監督:ステーヴン・スピルバーグ

ウエストサイドストーリーを見てきました。
ミュージカル映画は楽しいです。
歌とダンス。その世界にたっぷりと浸ってきました。

余計なことは言いますまい。
皆さん、見に行って、楽しんできましょう。

********************
(以下、余計なこと。)

1961年版の『ウエストサイド物語』は、だれもが知る有名な作品でした。
当時は、リバイバルといって、公開初年以降も何度も劇場公開が繰り返されました。
劇場まで足を運べない人も、淀川長治さんの解説で有名な「日曜映画劇場」というテレビ番組で何度も放映され、多くの人がどこかでこの作品に触れる機会があったと思います。

残念なことに私は、61年版は、当時まだ幼児であったし、その後も、映画館では見ていなくて、テレビで見ただけです。
映画館でこの作品を見て、魅了されてしまった人の中には、その後の人生に関わるくらい大きな影響を受けた人もいます。
やはり、自宅のテレビで、CMでぶつ切りにされた作品をなんとなく見るのと、映画館に足を運んで、その世界にどっぷりつかるのとでは、作品の持つ意味がまるで違ってくるのでしょう。

私の中学・高校の同級生だったK子さんは、映画館で『ウエストサイド物語』を見て、はまってしまい、ダンスを習い始めて、某体育大学の体育学部ダンス学科(当時は舞踊科という名称だったかも。)に進み、その後、中学の体育教師になりました。
高校の体育祭の応援合戦や文化祭や予餞会のステージでも踊っていた彼女の姿、、ちょっとしたときに、ジョージ・チャキリスが指を鳴らしながら踊っているシーンの真似をしていた姿が思い出されます。
本当にウエストサイド物語が大好きだったのだと思います。

そして『ウエストサイド物語』は彼女の人生に大きな影響を与えました。
映画ってすごい、と思います。

そうした作品のリメイク版を作るのだから、制作する側も勇気がいると思います。
スピルバーグほどの巨匠でなければできない業だと思います。
どうしても比較されてしまうので。

*****************
さて。リメイク版について。

主役のマリア(レイチェル・ゼブラー)とトニー(アンセル・ゼブラー)の歌唱力が素晴らしかった。やはり、「Tonight」は名曲。音楽を新しい曲にせずに、61年版と同じものを使ったことで、年寄りは懐かしく感じるし、若者にとっても、「Tonight 」や「America」はどこかで聞いたことがあるでしょうから、「この曲、知っている!」と嬉しくなると思います。


ダンスは、61年版のジョージ・チャキリスのY字バランスのように美しく足が上がっている姿が浮んでしまうので、それを期待してしまいましたが、ダンスは60年代と今のものでは変化しているのでしょう。
今のダンスは、ターンの切れとか、ステップの巧みさ、スタイルの良さが見せどころなのかもしれないと思いました。

印象に残ったのはシャーク団のリーダーの恋人アニータ(マリアナ・デボーズ)のダンスの切れの良さ。素敵でした。
アニータ


リメイク版では、61年版でアニータを演じたリタ・モレノが御年90歳ながら、トニーを見守る商店主バレンティーナとして出演しています。私としては、あこがれてしまいます。90歳になってもあれだけきれいで、若者を見守り、支援するようなことができたら最高だと思います。
リタ・モレノ




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』