映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

『ダラス・バイヤーズクラブ』

『ダラス・バイヤーズクラブ』
2013年のアメリカのドラマ映画。
モデルとなったロン=ウッドルーフの役をマシュー=マコノヒーが38ポンド(約17kg)の減量をして演じた。

前回の『フィラデルフィア』と同様、エイズ患者が主人公の話。
映画の製作時期はだいぶ違うが、いずれもモデルとなった人物は1980年代にHIVに感染しているので、ほぼ同時期の時期設定となっている。
しかし、この2つの作品のテーマはまったく異なる。
『フィラデルフィア』は「ゲイ」と「エイズ患者」に対する偏見と差別に対する闘いがテーマ。
一方、『ダラス・バイヤーズクラブ』のロンはまったく違う。ロンは無類の女好きなのだ。彼はゲイに対してかなりひどい差別的、侮蔑的な暴言を吐いている。そんな彼がHIVに感染していた。エイズはゲイがかかる病気という認識をもち、しかもゲイを毛嫌いしているロンにとってこれは受け入れがたい事態だった。しかし、異性間の性交渉でもHIVは感染するのだ。さらに、血液検査の結果、宣告されたのは、余命30日!!!
ロンはちょっとした怪我で病院を訪れただけである。「余命30日」は、全く心の準備のできていないものにとって、余りにも短い時間だ。

余命宣告をされた人間はどのような反応をするだろうか?
まずはショックを受ける。うろたえ、絶望し、半狂乱の状態になるだろうと思う。しかし、おそらく、その次に、現実を受け入れ、心の整理をするところから始まると思う。
そして、そのあとどうするだろうか?
ここで、その人の置かれている状況、考え方の違いで、残された時間の使い方が異なってくると思う。
想像しても仕方がないが、私なら、身辺整理とか、大切な家族との良い思い出をつくるために、残された時間を大切に使おうと思うだろうと思う。
『フィラデルフィア』のアンディは、残された時間を差別との闘いのための裁判に使った。
ロンはまったく違った。まずは、HIVに感染したということ自体が受け入れがたい。当然荒れた行動をとる。医者のことも信用していない。何か特効薬があるのではないかと模索する。医師が処方してくれなければ薬は得られないから、臨床試験のために投薬している薬を病院関係者に横流ししてもらう。しかし、管理が厳しくなってそれができなくなると、勝手に病院を出て、アメリカでは未承認の薬も投薬してくれるメキシコの医師のところにまで行く。さらに、エイズの発症を抑える薬があると聞けば、日本にもイスラエルにも行く。そして、HIV感染者を会員とするダラス・バイヤーズクラブをつくって、会費をとって、入手した薬を分け与えるという活動をした。自分が飲むためでない薬を大量に買い付けて国外から持ち込むのは密輸であるし、無認可の薬を勝手に分け合うのももちろん違法。


結局、HIV感染発覚後、余命30日と宣告されたロンは、7年後の2557日目の1992年まで生き延びた。
ロンが効果のある薬を求め、さらにダラス・バイヤーズクラブの活動をしたことが彼にとって生きることの支えとなり、それだけ余命が伸びたのだろう。
途中、ロンが医師のイブに言った「死なないのに必死で、生きている心地がしない。」という言葉は痛々しい。
しかし、ロンは、HIVというウイルスと闘い、できるだけ長く生きようとした。ロンにとって、エイズという病気と闘うことが、残された時間の使い道だったのだろう。

もう一つのテーマとして考えさせられたのは薬の認可について。
まったくの門外漢なので、専門的なことがからんでくるとよくわからないけれど、FDA(アメリカ食品医薬品局)という機関が薬の安全性を確認してから認可が下りる。FDAの任務はもちろん人々の命を守ることである。しかし、もし、ロンが言うように、薬の認可に関して、賄賂を受けたFDAが製薬会社の利益を優先したとしたら、それは許されないことだ。
(当時の医療で認可されていたのはAZTという薬で、ウイルスを減らすことはできるが同時に毒性が強いから免疫力が低下し、肺炎などを併発し、それが死因となることが多発した。一方、Tペプチドという薬は、無害でロンに効果があったが認可されていなかった。
ロンの訴えは裁判では棄却されたけれど、その後、AZTの使用減と薬の多様化で多くの命が救われ、また、FDAはロンにペプチドTの個人使用を許可した。)

おそらくこの作品の見どころは、減量して、痩せこけたエイズ患者を演じきったマシュー=マコノヒーの役者魂なのだろう。
映画を通してあれこれ考たい私としては、余命30日という宣告を受けたロンがどのように生きたかを通して、生きることの意味を考えさせられた。そして、薬に認可はどうあるべきか・・・。安全性が確認できなければ認可できないのか、わらにもすがりたい末期症状の患者には柔軟に対応することができないのか、などを考えさせられた。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オブ・ファイアー :   ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ
歴史を変えた新聞報道
『The Lady  引き裂かれた愛』
『三島由紀夫 vs 東大全共闘』
『罪の声』
KCIA 南山の部長たち
韓国現代史がわかる作品10選
夫婦で安心して楽しめる作品 :      スポーツもの編
『コリーニ事件』
[脱出モノ」ベストの続き
『1987 ある闘いの真実』
私の中での「脱出モノ」ベスト
『在りし日の歌』
『シカゴ7裁判』
『2人のローマ教皇』
『存在のない子供たち』
『工作 黒金星(ブラック・ビーナスと呼ばれた男)』
『判決、二つの希望』