映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

近況報告

長い間、ブログが書けないでいました。11月2日以来ですので、かれこれ半年近くにもなります。その間、何をしていたかというと闘病をしていました。
悪性リンパ腫という血液のガンにかかってしまい、昨年8月末から12月末まで8回にわたる抗がん剤投与による治療を受けていました。その結果、1月のPET検査で完全寛解と診断されました。
悪性リンパ腫は効果的な薬が開発され、今や治癒率の高い病気に分類されると思います。世の中には治療法も確立していない難病が存在していることを考えれば、効果的な薬が開発されたという事は本当にありがたいことです。しかも、私の場合、2期という早期発見であったこともラッキーでした。
とはいうものの、この間の抗がん剤治療はやはり辛いものでした。眠れない、食べれない、疲れやすいという症状に悩まされます。さらに、ケモブレインという呼び方があるそうなのですが、何とも集中力がなくなり、じっとしていられないという症状が私の場合出ました。
でも本当に辛かったのは完全寛解と診断された1月以降だったように思います。寛解しても副作用の影響はまだ残ります。また、副作用の出方も人それぞれと言いますが、私の場合、神経というのか、心というのか、メンタルをやられてしまいました。
投与期間の終盤あたりから、不安の虫に襲われるようになってしまったのです。眠れない夜や、目が覚めてしまった明け方が危険でした。不安に襲われて胸苦しくなるというのは自分の意志ではどうにもなりません。それで、抗不安薬を処方してもらったのですが、私にとってはそれもよくなかったようです。抗不安薬は即効性があり、すぐに楽になるし、夜も寝付く効果があるのですが、即効性があるという事は依存性も高いという事です。依存しすぎないように、自分で1日2錠までと決めてはいたのですが、薬が切れると苦しくなるような症状になり、通っていた病院の腫瘍精神科を受診しました。抗不安薬はやめることになり、別の薬になったのですが、薬を変えたあたりが一番つらかったです。
その後、もう数か月がたち、4月も下旬になってしまいました。肉体的には血液検査の結果も特に問題く、回復してきました。しかし、心を病むと長くかかるものですね。だいぶ良くなってきたとはいえ、まだ、一人で家にいるときに時間がやり過ごせず、辛い時がしょっちゅうあります。

このブログで、古い映画の掘り起こし手をして、若い世代がまだ生まれていなかった頃の映画の紹介をしてきましたが、映画が見られなくなってしまったのも辛いことでした。映画どころか、まだ、ストーリーのあるテレビドラマをじっくり1時間見ることができません。途中で辛くなるという事もあるし、我慢して最後まで見てしまって気持ち悪くなったりします。
何なのでしょうね。本は自分のペースで、30分くらい読んで疲れたらやめる、というやり方で、少しずつ楽しめるようにはなってきました。
だいぶ回復してきたとは言うものの、まだまだ病気の前の状態には戻っていません。
ブログも再開してみようという気がおきて書いてはみたものの、今後、頻繁には書けないと思います。でも、少しずつ、自分の思い、病気になって分かったことなどを書いていこうと思いました。
そして、また、映画を見ることができるようになったら、お奨めの作品を紹介したいと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

東京2020オリンピック SIDE:B
リフレクション
モガディシュ 脱出までの14日間
ナワリヌイ
小泉堯史監督作品に共通するもの
峠 最後のサムライ
flee
ライトスタッフ
ある画家の数奇な運命
『マルモイ ことばあつめ』
ドンバス
オフィサー・アンド・スパイ
『教育と愛国』
ワン・セカンド 永遠の24フレーム
坂道のアポロン
二十歳のソウル
大河への道
My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オン・ファイアー / ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ