映画・本、最新のニュースを通して世界史を考えていきましょう。

プロフィール

萩谷功枝

Author:萩谷功枝
世界史教師をしています。

映画や本の紹介、最新のニュースから感じたこと、など自分の日常を通して、世界史のことを考えていけたらと思います。

最新記事

全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

0 コメント

小さな町の書店主 「一万円選書」の岩田徹さん

6月末の日曜の午後、何気なくテレビをつけたら、NHKで「プロフェッショナル 仕事の流儀」をやっていた。2018年4月23日に放映された、北海道砂川市の書店主 岩田徹さんを扱った回の再放送である。
アマゾンのようなネットで本が購入できるような時代になってしまってからは、書店の経営は厳しい。しかし、岩田さんのように書店主の取り組み方で、生き残っている書店もあるという事に驚きを感じた。
岩田さんの本に対する愛情は深い。どれだけの読書量があり、本に対する知識がどれだけあるのだろう。何より素晴らしいのは、「1万円選書」という売り方。カルテと呼ばれるアンケートにより、その人の読書暦、経験、好みその他により、岩田さんがこれと思う本を1万円分選んでくれて、発送してくれる。(本代と送料だけで手数料はとらない。)
何を読んだらいいのかわからない、でも、人生の支えになるような良書にめぐりあいたい、そして何より本を読んで面白いと思いたい、という人は多いのだ。売れ筋とは限らない、題名すら聞いたことのなかったような本が選ばれていたりする。そこに岩田さんのやさしさや、読む人のことを思う気持ちがあふれている。
「1万円選書」で本を選んでほしい人はなんと3000人待ちだという。
赤字続きで経営難の書店、しかも人口の少ない北海道の小さな町の書店が、全国的に有名な書店になってしまった。

私も、岩田さんの活動に刺激を受けた。このところ、またブログ書けないでいたけれど、細々と読書を楽しみながら過ごしていた。面白い本の情報を求めている人は多いと思う。私も本好きの友人からの口コミで、読んだ本は多い。口コミは信頼できる情報だ。ならば、私も感謝をこめて面白い本の情報をブログに書いて紹介するのもいいかなと思えた。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

東京2020オリンピック SIDE:B
リフレクション
モガディシュ 脱出までの14日間
ナワリヌイ
小泉堯史監督作品に共通するもの
峠 最後のサムライ
flee
ライトスタッフ
ある画家の数奇な運命
『マルモイ ことばあつめ』
ドンバス
オフィサー・アンド・スパイ
『教育と愛国』
ワン・セカンド 永遠の24フレーム
坂道のアポロン
二十歳のソウル
大河への道
My Small Land
ダ・ヴィンチは誰に微笑む      絵画の価値とは?
ダンケルク
ひまわり
C'mon C'mon / カモン カモン
バットマンにはまってしまった
英雄の証明
親愛なる同志たちへ
オバマ元大統領のオススメの14作品
今年のアカデミー作品賞ノミネート作品を見てみた
ベルファスト
善き人のためのソナタ
ウインター・オン・ファイアー / ウクライナ 自由への闘い
赤い闇 スターリンの冷たい台地で
博士と狂人
恋愛映画を見るための感受性
『クレシェンド 音楽の架け橋』
『オペレーション ミンスミート -ナチを欺いた死体-』
『白い牛のバラッド』
『国境の夜想曲』
『ドライブ・マイ・カー』
『ウエストサイドストーリー』
『ルース・エドガー』
『最後の決闘裁判』
『燃えよ剣』
『モーリタニアン/黒塗りの記録』
『MINAMATA』
『アイダよ、何処へ』
『終戦のエンペラー』
『OSLO/オスロ』
『砂漠の鬼将軍』
グッドナイト & グッドラック
ナチ犯罪追及をテーマにした作品5つ